鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

大学空手部時代の見当違いな必死の頑張りが愛おしい(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「鎮魂旅を終えて大満足(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が10年前に通っていた大学を訪れ、当時の自分の魂を慰霊して歩いた、という話でした。そして、大学の近くの商店街にも足を運び、そこでも当時の自分の魂を慰霊して歩いたのでした。



改めてこの日を振り返ってみますと、この日自分は一睡もしていない状態で朝8時頃に家を出発し、朝の10時に大学に着き、そこから3〜4時間かけて大学内外を歩き回りました。これまで書いていますようにそこには鎮魂の意味合いがかなり強くました。自分が大学内外を歩き回っていると、10年前の自分が孤独と恐怖と肉体的苦痛に顔を歪ませ、うめき声を上げて苦しみまくっている残像がそこかしこに残っていたからです。(当時の鬱状態の詳細はこちら)自分はその自分の残像に語りかけ、労い、抱きしめてあげました。そうする事で当時の自分の魂が少しは癒される気がしたからです。



このように29歳の自分は3〜4時間大学の内外を歩き回り、当時の自分の怨霊を鎮魂して回りました。そこには鎮魂の意味合いがかなり強かったのですが、単純に「かなり懐かしい」という気持ちもけっこうありました。29歳の自分はこの大学に並々ならぬ愛着を感じていたからです。ここからはこの「かなり懐かしい」のニュアンスを説明したいと思います。



まず前提としまして、29歳の自分にはこの大学に良い思い出は何一つありませんでした。無いどころか、この大学で心身をさらに壊していき、入学してから3年後には「鬱の廃人」状態に陥ってしまいました。もちろん、対人関係も大学2年生の中旬頃には壊滅的にぶっ壊れ、完全孤立状態に陥っていました。自分の大学生活はただただ拷問がひたすら続く、絶望的な4年間だったのです。トラウマまみれの4年間と言っても過言ではありません。



それから8年後。29歳の自分はその当時の苦しみを詳細にノートに書いていき、当時の自分の苦しさを認識していきました。すると、逆に3年間の大学生活にかなりの愛着を感じるようになっていったのです。それは何故かと言いますと、当時の自分が文字通り「必死に」大学生活を送っていたからです。



そう、当時の自分はこの3年間の空手部生活において死の恐怖に襲われ続けました。それによって睡眠が全く取れなくなり、心身が壊れていったのです。つまり、当時の自分は、自分の心身をぶっ壊しまくる程、空手部生活を必死に頑張っていました。29歳の自分はこの「当時の自分が必死に頑張っていた。」という所を評価してあげたいと思っていたのです。いや、評価してあげなければ、当時の自分が浮かばれないと思ったのです。



空手部に入部当初の自分は、この空手部に入る事で体力や自信やコミュニケーション能力が付く事を期待していました。しかし、大学空手部の3年間を必死に頑張り続けた結果、鬱を3倍に悪化させてしまっただけの結果に終わったのです。何一つポジティブなものなど得られませんでした。



そう、3年間の空手部生活を終えてみますと、空手の技術や体力や自信などは全く得られませんでしたし、空手部員同士の楽しい交流の思い出も全く作れませんでした。それどころか、気付けば鬱がさらに3倍に悪化している始末です。これは当時の自分の当初の目論見とは真逆の最悪の結果でした。自分は「自分に対する自信」を付けたくて空手部に入ったのですが、3年間経つとさらに自信は大きく失われていました。つまり当時の自分は全く最悪な方向に向かって必死に頑張り続けていたのです。ホントにこの3年間はただただ不毛な3年間でした。



しかし、29歳の自分は10年前の自分の「必死の頑張り」だけは認めてあげたいと思ったのです。そう、それは今から思うとまるで見当違いの必死の頑張りだったのですが、しかし、まるで見当違いであっても当時の自分が必死に頑張っていた事には違いありません。29歳の自分はそんな当時の自分を「愛おしい」と感じたのです。そう、空手部時代の自分はまるで方向違いの必死な頑張りをし続けてしまっていたのですが、29歳の自分はその「見当違い」ぶりも含めて「愛おしい」と思いました。



ですから、29歳の自分はこの大学にもかなりの懐かしさを感じたのです。何せこの場所で当時の自分がまるで見当違いな必死な頑張りを3年間続けていたのですから。自分はその舞台となったこの空手部並びに大学も含めて「愛おしい」と感じたのです。



そう、29歳の自分は大学空手部時代の記憶を全てノートに書いた上で、こう感じたのです。


「大学空手部時代はただただ鬱が酷くなっただけの本当に不毛過ぎる3年間だった。しかし、『必死に頑張った』という一点においては、あれは自分なりの青春時代だったのだ。」


と。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村