鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部の3年間が無為だったと認める事が出来ない(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部に入った目的を思い出してみたものの(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が自分の人生を思い出していく中で、大学空手部に入った目的を思い出していった、という話でした。その目的とは「自分を変える為」です。大学に入学した時の自分は、「何らかのポジティブなモノ」を求めて空手部に入ったのです。しかし、実際に空手部の3年間を終えてみると、自分の心の中には何もポジティブなモノは残っていませんでした。空手部引退後の自分の心の中にあったのは、「あまりにも巨大な虚脱感」だけですからね。前回の記事には書きそびれてしまいましたが、空手部引退後の自分は大学内で完全孤立していました。そう、大学内における人間関係は、半年前には完全破綻していたのです。ゼミは辞めてしまいましたし、クラスの人間関係からも完全に脱落していました。しかし、入部当初にあった「自分を変えたい」という目的には、「人間関係をポジティブなものにしたい」という願いもあったはずです。ところが空手部の3年間を終えてみると、それもまた全く果たされていないように思えました。



自分は「当初の目的」が全く果たされていない事を認めざるを得ない状況に追い込まれていきました。その時の気持ちはこんな感じです。


「自分はこの3年間必死に必死に空手をやって来た。しかし、『自分を変える』という当初の目的は、もしかしたら何も達成されていないのかもしれない、、、、、。」



ところが、自分は上記の気持ちに一旦はなったものの、そう簡単にそれを認められない気持ちもかなりありました。何故なら自分は文字通り死に物狂いでこの3年間空手部の恐怖に耐えてきたからです。そう、自分はこの3年間必死に必死に人間サンドバッグの恐怖に独りで耐えてきたのです。そして、気が狂う程の合宿の恐怖にも必死に必死に独りで耐えてきたのです。もしここで、当初の目的が果たされていない事を認めてしまったら、この3年間の自分の必死の必死の頑張りはなんだったのか、という話になります。そう、自分はこの空手部の恐怖の3年間によって、鬱をさらに3倍に悪化させていました。そう、自分は膨大なエネルギーと時間をこの空手部に捧げていました。それだけでなく心身の健康まで捧げていたのです。この3年間で自分は自分の命を捧げたと言っても良いと思います。そこまでの犠牲を払ったにも関わらず、何もポジティブなモノを得られていないのだとすれば、この3年間の自分の必死の必死の頑張りはまるで無為だったという事になってしまいます。




空手部引退直後の自分がそれ(空手部の3年間=無為)を認めるのは到底無理な話でした。ただでさえ自分は、この空手部の3年間で少なくとも「中指の拷問」2回分の精神的苦痛を受けているのです。(中指の拷問の詳細はこちら。記事の前半は読み飛ばして下さい。「そんな日々が3日程続いた後、、」という段落から始まります。)ここでさらに「空手部の3年間=無為」を認めてしまうと、それは「中指の拷問」を追加でもう1回受けるようなものだったと思います。そんな事になったら本当に自分は発狂し、自我が壊れていたことでしょう。ですから、自分は「空手部の3年間=無為」とは、「断定」できませんでした。あくまでも「推論」という形で評価を終えた記憶です。そう、その評価は先程も書きましたが、下記の通りになります。



「自分はこの3年間必死に必死に空手をやって来た。しかし、『自分を変える』という当初の目的は、もしかしたら何も達成されていないのかもしれない、、、、、。」



上記のように「もしかしたら、〜〜〜〜なのかもしれない。」という「推論」の形を取る事で、「断定」は避けた、という事になります。そう、「何も達成されなかった」という断定の形ではなく、「もしかしたら何も達成されていないのかもしれない」という「推論」の形を取ったのです。このような「推論」の形の評価になった事は、当時の自分の鬱状況を考えればやむを得なかったと思います。先程も書きました通り、それを「断定」してしまうと発狂してたでしょうからね。




しかし、現在の自分(2021年8月)は思います。あの3年間って「当初の目的を全く達成出来なかった」という面においては、ただひたすらに「無為」な3年間であった、と。そして、当時の自分がそれ(空手部の3年間=無為)を認められるようになるには、ここから6年の歳月が必要でした。そう、自分はこの6年後に2つ目の大学も退学し、部屋に引きこもる事になります。(2004年・28歳)自分はそこまで落ちてようやく空手部の3年間が「無為」であったことを認める事が出来たのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村