鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

生まれて初めての俯瞰的な思考を現在の自分が評価してみる(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大学空手部の3年間は無意識の自傷行為(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が大学空手部を引退後、空手部の3年間を評価したものの、それは「玉虫色」の評価だった、という話でした。(1998年4月頃・21歳)その評価は以下の通りになります。



「自分はこの3年間必死に必死に空手をやって来た。しかし、『自分を変える』という当初の目的は、もしかしたら何も達成されていないのかもしれない、、、、、。」


しかし、現在の自分(2021年8月)がこの空手部の3年間を評価するとこうなります。こちらが正しい評価です。



「空手部の3年間は『自分を変える』という目的は全く達成されなかったし、それどころか、最も望まない結末(心身を壊し、自信をさらに喪失する)に向かって、必死に必死に努力し続けた3年間だった。これは『無意識の自傷行為』とも言える」



全然違いますね。ただし、当時の自分は、自己認識能力が非常に低く、自分自身の健康状態すらほとんど把握出来ていない状態です。このような状態では正しい評価を下すのは困難だったと思います。また、例え正しい評価を下せたとしても、当時の自分がそれを受け入れたとは到底思えません。当時の自分からしたらこれは余りにも残酷過ぎる評価ですからね。よってあの「玉虫色の評価」は仕方なかったと思います。



このように当時の自分が下した評価は「玉虫色の評価」でした。ただ、この「空手部の3年間を評価してみたい」という意欲自体は素晴らしかったと思うのです。そう、当時の自分はカウンセリングを1年間受け続けていまして、その中で以下の3つを得ていました。



①「空手部の3年間を評価してみたい!」という自発性的な意欲


②「安心して素直に書く」という行為への自発的な意欲


③俯瞰的な思考への自発的な意欲


(3つとも生まれて初めて芽生えたモノ)



そして、当時の自分は上記の3つの意欲にかき立てられ、「空手部の3年間の評価」に挑戦してみたのです。その結果はこれまで書いてきましたように玉虫色です。しかし、まぁ生まれて初めての挑戦ですからね。よく頑張ったと思います。




まとめますと、自分が大学空手部を引退後に挑戦した「空手部3年間の評価」、この行為を現在の自分(2021年8月)が評価すると以下の2つになるという事になります。(ややこしくてすみません)



①辿り着いた評価は「玉虫色の評価」であり、これは正しい評価からはかけ離れていた。しかし、これは当時の自分の自己認識具合を考えると仕方なかった。また、仮に正しい評価を下せたとしても、それを受け入れられるような状態では到底無かった。



②空手部の3年間の評価」に挑戦する意欲自体はとても素晴らしかった。当時の自分は、1年間のカウンセリングで以下の3つの意欲を得ていた。


・「空手部の3年間を評価してみたい!」という自発性的な意欲


・「安心して素直に書く」という行為への自発的な意欲


・俯瞰的な思考への自発的な意欲


(3つとも生まれて初めて芽生えたモノ)


これら3つの意欲が自分を突き動かし、「空手部の3年間の評価」の原動力となった。ここで自分は生まれて初めて「安心して素直に書く」という行為に目覚め、それはその後も続いていく事となった。




良いですね!素晴らしい。







今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村