鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

自分による自分の為の鎮魂②(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 大学時代にタイムスリップ(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の時の自分が1つ目の大学を訪れ、19歳〜21歳の頃の自分の魂を慰めた、という話でした。19歳〜21歳の頃の自分は、大学で空手部に在籍しており、そこでの稽古に「死の恐怖」を感じていました。そして、連日に渡ってそれに耐え続けた結果、3年間で鬱を3倍に悪化させてしまいました。自分の身体は高校時代の時点で鬱を発症し、壊れかけていたのですが、大学空手部の3年間を終えるとそれは3倍に悪化し、「鬱の廃人」状態に陥っていたのです。(この時代の12個の鬱の諸症状はこちら)



それから7年後。28歳の自分は社会生活と家族関係から完全脱落し、引きこもり生活が始まりました。それから1年間、自分は部屋に引きこもり続け、ただひたすらに自分の過去の記憶をノートに詳細に書き続けてきました。そして、学生時代の自分の苦しみを再体験していったのです。その中で18歳〜21歳の自分がいかに大学空手部で苦しみまくっていたのかを理解して行ったのでした。



当時の自分は心を許せる相談相手が全くいない状態で、ただただ孤独に死の恐怖に耐えるしかありませんでした。その中で被害妄想が病的に悪化し、空手部の稽古に死の恐怖に感じるようになってしまった。すると稽古の前日全く眠れなくなってしまい、心身が壊れていってしまいました。この状態が18歳〜21歳の3年間続きました。



話はまた28歳〜29歳の時に戻ります。28〜29歳の自分は大学空手部の記憶を全てノートに書いていき、当時の自分の感情を再体験していきました。その感情とは、孤独感、恐怖感、無力感、虚無感、絶望感、自殺願望などです。これによって自分は大学空手部時代の自分の辛さを全て理解しました。すると、自分の中に当時の自分の魂を慰めてあげたい気持ちが湧き上がってきたのです。そう、一人で死の恐怖に耐え続けた当時の自分の苦しさに寄り添ってあげたい、と思ったのです。


そこで自分は29歳の7月頃、1つ目の大学を訪れました。ここの道場で、10年前の自分は孤独と恐怖と苦痛でのたうち回っていたのです。自分が道場を訪れると、当時の自分の残像が目の前にありありと甦りました。そう、10年前の自分が恐怖と苦痛で意識朦朧とする中、稽古をしている残像です。それは当時の自分の怨霊を見るようでした。自分は当時の自分の怨霊を見るとこう感じました。


「本当に独りでよく頑張ってたよなぁ、、」

「ただひたすら孤独の中、独りで死の恐怖に耐え頑張ってたんだよなぁ、、」


自分はさらに怨霊にこう語りかけたのです。


「10年後の自分がこうやって会いに来たよ。もう独りじゃないよ。」


と。そして、イメージの中で当時の自分の怨霊を抱きしめてあげたのです。すると、当時の自分の苦しさが少しだけ癒されたような気がしたのでした。



このように29歳の自分は空手部の道場を見て回り、10年前の自分の魂を鎮魂し続けました。ちなみにこの時空手部の道場には誰もいませんでした。夏休み中だったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村