鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

大学時代にタイムスリップ(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 自分による自分の為の鎮魂(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が1年ぶりの外出をした、という話でした。自分はそれまでの1年間部屋に引きこもり続け、過去の記憶をひたすらノートに書いていたのですが、それがようやく終わろうとしていました。もはや、言語化していない過去の記憶が出てこなくなっていたのです。そして、長い長い思考の果てに大満足で大納得な一つの結論も手に入れていました。



そこで自分は1年ぶりに本格的な外出をする気になったのでした。行き先は「1つ目の大学」です。遡る事10年前、当時自分はここの大学生でした。そして所属していた空手部の稽古に死の恐怖を感じ続け、3年間で鬱を3倍に悪化させてしまいました。これが自分が18歳〜21歳の間の出来事です。そして、28歳〜29歳の自分は当時の空手部の記憶をひたすらノートに書き続け、当時の自分が「死の恐怖」にのたうち回っていた事を理解しました。そこで当時の自分の魂を慰めたいと思ったのです。自分は1年ぶりの外出先に「1つ目の大学」を選び、向かいました。



自分が1つ目の大学に着き、空手部の道場に向かうと、そこには10年前と全く同じ道場の景色がありました。空手部は昔と変わらず活動しているようで、物置を覗くと、ミットや防具などの備品が置いてありました。自分は本当に懐かしい気持ちになりました。まさに当時の自分はここで3年間稽古に明け暮れ、その中で死の恐怖に怯え続け、心身を壊していったのです。自分が道場の床や壁を見回すと、そこに10年前の自分が稽古に参加している姿がありありと甦ってきました。そう、死の恐怖に怯えながら、「鬱の廃人」状態で必死に稽古に耐えている自分の姿、です。(鬱の廃人状態の説明はこちら)それはさながら自分の「怨霊」でした。



自分は当時の自分の怨霊に対して、「本当に独りでよく頑張ってたよなぁ」、「ただひたすら孤独の中、独りで死の恐怖に耐え頑張ってたんだよなぁ、、」、と語りかけずにはいられませんでした。そして、当時の自分の怨霊を慰め、抱きしめてあげました。それによって少しは当時の怨霊が感じている絶望感が癒される気がしたのです。



自分は道場の中の怨霊を一通り慰めると、男子更衣室に入りました。そこの風景も10年前と全く変わっていませんでした。ロッカーが立ち並び、そこに汗臭い道着や剣道着が引っ掛けてある様子もまんま一緒です。ついでに男子トイレに入ってみましたが、そこの風景や臭さも当時のまんまでした。



自分はそこにも10年前の自分の怨霊を見ました。ホントに稽古が辛くてたまらず、しかし独りでただひたすら耐えるしか無かった、あの頃の自分の姿です。自分はそれらの怨霊にも語りかけずにはいられませんでした。そして、彼らを慰め、抱きしめてあげたのです。



こんな感じで自分は道場に残る自分の怨霊を30分くらいかけて鎮魂していきました。次に自分は道場を出まして、大学構内をブラブラし始めました。大学構内の様子も10年前とほとんど変わっていません。ですから構内を歩いていると、今にもそこの曲がり角から道着姿の先輩が現れそうな、そんな錯覚に陥りました。なんかこう10年前にタイムスリップしたようでしたね。それは楽しい感覚でした。「現在」と「10年前」が交互に自分の目の前に現れてくる、そんな感覚もあったりしました。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村