鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

心身をぶっ壊しまくる程の頑張り(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 カウンセリングセンター=自分の精神の生まれ故郷②(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が10年前に通っていた大学を訪れた、という話でした。29歳の自分は大学内を歩き回り、10年前の自分の魂を慰霊し続けました。10年前の自分は、この大学で空手部に所属していましたが、そこでの稽古に死の恐怖を感じていました。そして、それに3年間耐え続けた結果、鬱を3倍に悪化させてしまったのです。自分は被害妄想を病的(×3倍)に悪化させ、「鬱の廃人」状態に陥ってしまいました。(鬱の廃人状態の説明はこちら)



ですから、29歳の自分が大学内を歩いていますと、そこかしこに10年前の自分の残像が見えるのです。そう、孤独感、恐怖感、無力感、虚無感、絶望感、自殺願望などに必死に耐えながら、大学生活を送っている自分の姿、です。それはさながら自分の「怨霊」でした。29歳の自分は当時の怨霊を見つけると、語りかけ、労い、抱きしめました。29歳の自分は10年前の自分の怨霊を慰霊して回ったのです。



次に自分は大学内のカウンセリングセンターを訪れました。10年前の自分はここで暖かな衝撃を受け、生まれて初めて「安心」して「素直」に喋る事を覚えました。これによって自分の自己表現方法に革命が起こったのです。自分は日々の出来事をノートに詳細に書ける様になっていき、それが記憶のサルベージ(言語化)に繋がっていきました。つまり、自分にとってカウンセリングセンターは自分の精神の生まれ故郷と言っても良い場所でした。29歳の自分はカウンセリングセンターを訪れる事が出来て本当に嬉しかった記憶です。


その後、自分はカウンセリングセンターを後にし、さらに大学構内を歩き回りました。図書館や部活棟や学食や購買にも当時の自分の怨霊を見つける事が出来ました。やはり怨霊達は孤独と恐怖と肉体的苦痛にのたうち回っていましたから、自分は彼らを慰霊し続けました。



大学内を一通り回り終わると、妙な達成感に包まれました。これで大学内の怨霊は一通り慰霊し終えた感じです。自分は改めて、10年前の自分が孤独感、恐怖感、無力感、虚無感、絶望感、自殺願望などに必死に耐え、究極的に大学生活を頑張っていた事を再認識しました。しかし、その頑張りは何一つポジティブなものを産まず、むしろ鬱を3倍に悪化させただけで終わってしまったのです。しかし、当時の自分が心身をぶっ壊す程大学生活を頑張っていた事も事実でした。29歳の自分はそれを現地で改めて確認でき、かなりの懐かしさも感じました。それはこんな気持ちです。


「あぁ、10年前の自分は心身をぶっ壊しまくるまで頑張っていたんだなぁ。」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村