鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリングを1年受けたが、コミュニケーション能力の改善には程遠い(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「虚構の体力(過去編・1998年3月・22歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が大学空手部を引退したにも関わらず、鬱が全く回復しなかった、という話でした。そして、当時の自分は自分の鬱状態をほとんど認識出来ておらず、それどころかこのような思い込みまでしていたのです。



「自分は空手部のあの辛過ぎる3年間を耐えたのだから、体力がかなり付いているに違いない!!」


これは今から考えると完全に間違った思い込みです。だって実際の自分の健康状態は「鬱の廃人」状態だったのですから。しかし、当時の自分はそう信じていました。そう信じないとやってられなかったのです。自分は大学空手部の3年間に果てしないコストを支払っていました。膨大な時間とエネルギーを捧げましたし、心身の健康までも膨大に捧げていたのです。もはやそれは自分の「命」を捧げたと言っても良いレベルです。そこまでの犠牲を払ったにも関わらず、何も手に入らなかった、では余りの過酷さに自分の頭は発狂した事でしょう。ですから、自分はせめて「体力」くらいは手に入ったと思いたかったのです。そこで自分は無意識的に「虚構の体力」をねつ造し、それにすがった、という話になります。




さて、このような状態で自分は大学4年生(休学中)の日々を過ごしていきました。生活の中心は週1回のカウンセリングです。その他には週1回ロックダンス教室に通っていました。しかし、レッスン中の自分の体調はズタボロです。めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、もう滅茶苦茶。背中の疲労感は「背中をナイフで刺され続けているような激痛」ですからね。おまけにめまいでフラフラ。そして、自分の意識は常にこれらの症状による激しい肉体的苦痛で意識朦朧としていますから、ダンスを教えて貰っても全然頭に入ってきません。集中力も皆無です。もちろん、こんな状態でダンス教室の先生達とまともにコミュニケーションが取れるはずがありません。そして、さらに厄介で絶望的な事に、自分の精神年齢の成長は小学校3年生で止まっていたのです。これでは余計コミュニケーションなど不可能です。




そう、当時の自分の記憶の中には、小学校3年生以降の出来事や感情が一切蓄積されていません。ですから、自分が自分自身の情報をまるで把握できていないのです。自分は小学校3年生以降全く日々の経験や感情を言語化しなくなってしまいました。(この場合の「言語化」とは、「喋る事」もしくは「書く事」を指しています。)そんな日々が21年間続くうちに自分は自分自身の健康状態さえ把握出来なくなっていました。そんな自分が自分自身の事を表現出来るはずがありません。また、自分自身の事を全く把握出来ていませんから、他人に対する興味も皆無です。これじゃ友達が出来る訳がありません。実際、自分は高校1年生以降クラス内の透明人間となっていました。




とは言いましても、この時の自分(大学4年生)は大学内でカウンセリングを1年以上受けている状態です。これによりほんのわずかですが、自分自身の事を理解し始めてはいました。しかし、それはこれまで言語化してこなかった21年間分の記憶の情報量に比べると圧倒的に「わずか」なんですよ。なんせ当時の自分はカウンセリングにおいて、一言喋ると10〜15分は黙ってしまう事はザラでしたからね。ほんとに超スローペースでしか自分の事を喋れませんでした。ですからそんな超スローペースでカウンセリングの1時間で喋れる情報量などたかがしれています。そして、それを週1回・1年間続けてもその情報量などたかがしれています。一方、自分がそれまで言語化してこなかった小学校、中学校、高校、大学の記憶量は、凄まじく膨大です。それはこのブログの過去記事を読んで頂ければ分かると思います。ですから、週1回1時間では「焼け石に水」状態だったんですね。ですから、カウンセリングを受け始めてからも、自分は自分自身の事をわずかずつしか認識出来ず、それはコミュニケーション能力の改善には程遠い状態だった、という事になります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村