鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶が「超カオス状態」に陥っていて、3年前の事が思い出せない(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部に入ったそもそもの目的を忘れかけている(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が大学空手部を引退した後、空手部の3年間を総括し始めた、という話でした。自分の心の中には「あの空手部の3年間は一体なんだんだ、、、、」という深い深い問いが、発生しており、それに向き合わざるを得なかったのです。空手部を引退してから2〜3週間後、自分は机の前に座り、ノートに自分の気持ちを書き始めました。まず最初に書いたのはこんな感じの気持ちです。


「とりあえず空手部を引退出来たのは良かったけど、、、、この3年間は一体なんだったんだ、、、、、。はぁ、、、、、、、。」



さらに、自分が今とても虚しくとても悲しい気持ちでいる事も書いた記憶です。こんな感じですかね。


「この3年間空手部を必死にやって来たけど、、、、、なんか滅茶苦茶虚しい、、、、」


そう、「虚しい」という言葉を何度も使っていた記憶です。そしてね、こんな表現を書いたを覚えています。


「この3年間空手部を必死にやって来たけど、気付けば荒れ果てた荒野に一人でいるような気持ちだ、、、、。ものすごく不毛な気持ち、、、、。」



そう、「不毛」という言葉も頻出していた印象です。そして、ここから自分は「そもそも自分は何故空手部に入ろうと思ったのか?」、を思い出そうとしました。そう、そもそもの空手部に入った目的ですね。しかしそれは3年前の記憶にも関わらず、なかなか思い出せません。「そもそもそんな目的なんてあったっけ??」レベルで出てこないのです。しかし、それも無理はありません。なんせそれまでの自分の21年間分の記憶は、ぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃに混ざり合い、「超カオス状態」に陥っているのです。



そう、自分の記憶は、高校時代の時点ですでにカオス状態に陥っていました。自分は小学校3年生以降、日々の経験や感情を全く言語化しない人生を送っていました。これにより全ての記憶が整理整頓されず、ぐちゃぐちゃに混ざり合っていたのです。ですから高校時代の自分は「自分の過去の健康状態」さえ思い出せず、自分の健康状態の悪化に気付けない有様でした。




そして、自分は大学入学後、空手部に入りました。自分はそこで死の恐怖に脅かされる3年間を過ごす事になりました。もちろん、この3年間の記憶もほとんど言語化されていません。「ほとんど」と書きましたが、ほんの少しだけは言語化されていました。空手部の最中の大学3年生の4月、自分は大学内でカウンセリングを受け始めましたからね。自分はそこで生まれて初めて「安心して素直に」喋る事が出来ました。しかし、そのお喋りはとても拙く、一言喋っては10〜15分黙ってしまう事がザラだったのです。ですから、カウンセリングの1年間で言語化出来た記憶量など21年間分の記憶量と比べると微々たるものでした。そして、自分は空手部の3年間を終え、部活を引退しました。ですから空手部引退直後の自分の記憶状態はぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃで「超カオス状態」だったのです。そもそも、高校時代の時点で自分の記憶は「カオス状態」でした。そこに大学空手部の3年間という「恐怖にまみれた3年間のカオス」が加わり、両者がぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃに混ざり合っているのですからね。数式にするとこんな感じです。



「記憶がカオス状態」(高校時代)+「恐怖にまみれた3年間のカオスな記憶」(大学空手部時代)=「超カオス状態」(22年間分の記憶)



う〜ん、酷い。そして、この「記憶の超カオス状態」から3年前の記憶に遡り、「空手部に入った目的」の記憶を探し出すのは、なかなかに骨が折れる作業でした。そうそう、思い出そうとするのですが、「えっ???そもそもそんな目的なんてあったっけ???」レベルで思い出せないのです。しかし、自分が目的なく空手部に入る訳がありません。だって自分は中学、高校とずっと吹奏楽部に所属しており、運動など全く縁が無い人生を歩んでいたのです。自分は幼い頃から喘息で苦しんでおり、運動をすると必ず喘息を発症していました。その苦しさは半端なかったですから、自分は小、中、高と運動を極力避けて生きてきたのです。そんな自分が目的なく空手部に入る訳が無いのです。自分はそんな事をうすらぼんやりと思い出しながら、ノートに書いていきました。そして、とうとう忘れかけていた「空手部に入った目的」らしきものを思い出したのです。それは「自分を変える」為、だったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村