鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

中学受験で大挫折(過去編・1988年・12歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「小学校3年生でメンヘラ②(過去編・1985年・9歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分の小学校3年生時点でのメンタルヘルスをまとめてみました。当時の自分が自信を持っていた事は以下の通りです。


「小学校3年生(開業以降)の自分が感じていたポジティブな感情」

①小学校の勉強が得意


逆に不安に思っていた事は以下の5個です。


「小学校3年生(開業以降)の自分が感じていたネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺スイミングスクールでの離人



う〜ん、酷い。ですから、①のポジティブの感情と❶〜❺のネガティブな感情を差し引きしますと、けっこうなマイナスになります。つまり、自分は小学校3年生時点で心をけっこう病んでいた、という事です。小学校3年生時点で「メンヘラ」でした。このマイナスを数値化しますと「マイナス5」って感じです。




さて、自分はこのようなメンタルヘルスで小学校生活を送っていきました。そして、小学校5年生の4月から私立中学受験の塾に通う事になりました。これは自分の意志だったと思います。ただし、別に自分の中に「〇〇中学」に行きたい!!」という気持ちがあった訳ではありません。そんな気持ちはサラサラありませんでした。だって当時の自分の心の中に、将来への明るい展望や希望や夢などは一切無かったからです。では何故に自分が塾に行き始めたのか、それは「得意な勉強で先生に褒められたかったから」です。




そう、自分は家庭内において自分の感情や欲求を全く自己表現していませんでしたし、日々の出来事を喋る事も皆無でした。そして、両親の方も新規事業と夫婦喧嘩に明け暮れ、幼い自分を省みる事も皆無だったのです。ですから、上記❶〜❺の不安感が発生していたんですね。両親は自分の事を一切省みませんでしたから、当然自分を褒める事もありませんでした。ですから、幼い自分の中には「誰か大人に褒められたい!!」という承認欲求がかなりあったように思います。そう、自分のメンタル状況はただでさえ不安定でしたから、「自分の存在を誰かに認めて貰いたい!」という渇望感はかなりのものがありました。




さて、そのような動機で自分は小学校5年生の4月から中学受験の塾に通い始めました。この1年半後に起こったA先生怒られ事件についてはこのブログで何回も書いてきていますので細かい話は割愛します。詳しい話はカテゴリーの「小学校時代」に書いてありますので、興味のある方はお読み下さい。2019年9月3日以降の記事になります。事件の概要をざっくり書いてみますと、自分はそこから1年半一生懸命勉強し、麻布中学も狙える所まで偏差値を伸ばしていました。そして、自分は小学校6年生の夏頃、数学のテストで超絶に良い成績を取り、有頂天になってしまったのです。その塾は200人程生徒がいたと思いますが、3〜4位に入る成績でしたね。それで普段褒められ慣れてない自分は舞い上がってしまいました。あろう事か、この塾で一番怖いA先生の授業が始まってからも騒いでしまったのです。




当然A先生はみんなの前で「やる気のないやつは出て行け!!」と自分を怒鳴りつけました。自分は天国から地獄へ真っ逆さまです。そう、超絶に良い成績を取り、塾の先生達から褒められたと思った瞬間、先生から怒鳴られてしまったのです。その精神的ショックはエグく、塾からの帰り道は茫然自失状態でした。だって普段の自分は授業中騒ぐ事など全く無い、超従順な生徒だったのです。このように先生から怒鳴られた事はおろか、注意された事すらありませんでした。つまり、自分は大人達から怒られ慣れていませんでしたし、褒められ慣れてもいなかったのです。それだけに、塾の先生に怒鳴られた事はかなりのショックでした。しかもその先生は塾で一番怖いA先生なのです。




その後、自分は頭の中が真っ白になった状態で家に帰ってきました。脱力感がエグかったですね。もちろん、自分はこの事件を親には一切喋りませんでした。自分は普段から日常会話すら親と全くしていませんでしたから、このような重大な精神的ショックを含む事件を喋る気になる訳がありません。自分は親の事を全く信頼していませんでしたし、親に対して諦め切っていましたからね。




翌日以降、自分はA先生の授業が恐ろしくて仕方なくなってしまいました。あの事件で自分は悪目立ちしてしまいましたから、A先生はこれから先も自分に対してとても厳しい態度で接してくるような気がしてしまったのです。ここら辺はすでに「被害妄想」的な思考だったと思います。自分はA先生の授業をサボり、ゲーセンで時間を潰すようになりました。そして、徐々にA先生以外の授業もサボるようになり、最後には全ての授業をサボるようになってしまいました。当然成績はガタ落ちです。自分は親に「家で勉強するから塾を辞める」と言い、塾を辞めました。しかし、もはや自分の中に勉強する気力は消失していました。自分は全く勉強せずに私立中学受験に挑み、全て落ちてしまったのでした。




ちなみにこの事件の詳細は以下の記事に書いてあります。よろしければお読み下さい。


〜中学受験における失言エピソード前編〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード③


〜中学受験における失言エピソード中編〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード④


〜中学受験におけるやらかしエピソード③〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑤


中学受験におけるやらかしエピソード④〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑥


中学受験におけるやらかしエピソード⑤〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑦



さて、この「A先生怒られ事件」が小学校6年生の自分のメンタルにどう影響したのか、次回の記事で考えてみたいと思います。




☆☆☆宣伝☆☆☆


自分もう一つブログをやっているのですが、久しぶりに記事を2つアップしてみました。お小遣い稼ぎに興味ある方はご覧下さい。


ポイントインカム経由でビットコイン取引所登録で5000円


コインチェックのビットコイン積み立てで+17000円



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村