鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶のサルベージ(言語化)の手順②(過去編・2004年5月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 記憶のサルベージ(言語化)の手順(過去編・2004年5月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が古本屋バイトを辞める事を思い付いた、という話でした。そして、古本屋バイトよりも「記憶のサルベージ(言語化)」の方が、100倍手応えがあった、という話もさせて貰いました。



当時の自分は28歳です。2つ目の大学はすでに退学しており、残った古本屋バイトからも脱落寸前になっていました。もはや自分が遅かれ早かれ引きこもり状態に突入するのは明白な状況でした。そこで自分の中には「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」という大いなる疑問が湧き上がってきたのです。そこでその謎を解く為に過去の記憶をノートに書き始めた、という流れになります。


今回の記事も「記憶のサルベージ(言語化)」の手順について書いていこうと思います。当時始めた記憶のサルベージの手順はこんな感じです。例えば自分が一つのエピソードを思い出そうとする際の手順です。まずは記憶の海の底から当時の「感情の痕跡」と「その近辺の事実関係の記憶」を慎重に引き揚げます。大抵の場合、「感情の痕跡」はとてもはっきり残っていますが、「その近辺の事実関係の記憶」はかなりあやふやです。



ここからは具体例で書きたいと思います。例えば小学校6年生の時に起こった「A先生怒鳴られ事件」。この事件を端的に書きますと、小学校6年生の時の自分が、私立受験の塾でかなり良い成績を取って舞い上がってしまい、先生に怒鳴られた、という事件です。(事件の概要はこちら) この事件によって当時の自分は甚大な精神的ダメージを受ける事となりました。



記憶のサルベージをしている時の自分は28歳で、この事件は12歳の時の事件です。ですから自分は16年前の記憶を思い出そうとしていた、という事になります。事件後の自分はこの事件を全く誰にも喋っていませんでしたし、文章にも全く書いていませんでした。つまり、自分がこの事件について思い出すのは16年ぶりでした。この事件は16年間全く言語化される事なく、記憶の海の底に沈んでいたのです。16年間全く言語化されていませんから、当時の精神的ショックは何もかもが消化されていませんし、事実関係や時系列も全く整理整頓されていません。さらに事件の記憶は他の記憶とも混ざり合い、「超カオス状態」に陥っていました。



このような状態で自分はこの事件を言語化していきました。この事件を言語化していく際に、まずはっきり思い出せたのは塾でA先生に怒鳴られた際の凄まじい精神的ショックでした。その記憶は小学校6年生付近の頃の記憶を探っていると真っ先に出て来ました。あれは頭の中が真っ白になるくらいの凄まじい精神的ショックでしたからね。また、その日の帰り道の虚脱感もホントにはっきり残っていました。これらは16年前の記憶でしたが、16年前のまんまの生々しさで記憶の海の底から引き揚げる事が出来ました。



さらにこの事件の記憶を探っていますと、先程の感情以外の「感情の痕跡」も見つかりました。自分がA先生に怒鳴られてしまったのは、授業が始まってからも騒いでしまったからです。そして、何故騒いだのかと言うと、直前のテストでかなり良い成績を取って気持ちが舞い上がってしまったからです。この時の「有頂天な気持ち」も「感情の痕跡」がしっかり残っていました。



次に、自分は「その近辺の事実関係の記憶」を引き揚げて、事件の事実関係を推理していきました。例えば自分が通っていた塾の名前だとか、先生の名前だとか、この事件が一体いつ起こったのか、などの客観的事実です。塾や先生の名前は割合すぐに出てきましたが、いつ起こったのかに関しては、なかなか確定できませんでしたね。それに関しては状況証拠を集めてそこから推理していき、大体小学校6年生の8月頃だろう、と推測しました。



次に自分は何故このような事件が起こったのか考えていきました。それを考える為には、「何故当時の自分は中学受験の塾に入ったのか?」というそもそもの話を思い出さなければなりませんでした。すると、当時の我が家が戦争状態に陥っており、周りに自分の事を認めてくれる大人が全くおらず、誰か大人に自分の存在を認めて貰いたくて、塾に入った、という動機が言語化されました。



ここまで来ますと、事件の全体像が見えてきました。つまり、小学校5年生の自分は大人に自分の存在を認めて貰いたくて、私立受験の塾に入ったのです。それは決して「将来こういう事をしたいからこの中学に行くんだ!!」といった明るいポジティブな展望があったからではありません。ただただ目先の承認欲求を満たしたかっただけなのです。



そして、1年半の勉強の結果自分はかなり良い成績を叩き出しました。灘中学を狙う生徒と肩を並べる成績です。これによって自分は舞い上がってしまいました。何故ならそれにより塾に入った唯一の目的「承認欲求」が満たされてしまったからです。それにより自分は塾で一番怖いA先生の授業が始まってからも浮かれて騒いでしまい、「やる気のないやつは出て行け!!!」と、怒鳴られてしまった。これにより自分は天国から地獄まで叩き付けられました。何故なら普段の自分は先生に全く怒られた事がない子供だったからです。全く怒られ慣れていません。それどころか過剰に先生の顔色を伺い、ビクついている子供でしたからね。ですから、そのショックは凄まじく、頭の中は真っ白になった、と。



さらには後日談として、自分が事件後塾をサボりまくって成績が急降下した事や、事件のショックによる虚無感から、親の金を盗んだり、万引きしたりと、問題行動が頻発した事も言語化されていきました。最終的に自分は私立中学を受験したものの、どこも受からなかったのです。



上記の流れで自分は「A先生怒鳴られ事件」の全体像を言語化していきました。自分の人生には他にも数々の事件が起こっていますが、それらは全て上記の流れで言語化していったものになります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村