鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶のサルベージのゴールが見えてくる(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」という謎の答え(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分がとうとう人生の謎を解き明かそうとしていた、という話でした。その謎とは、


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


です。この時の自分は29歳です。前年の9月に全ての社会生活と家庭関係から脱落して、引きこもりになってしまいました。そして、そこから9ヶ月間に渡って、自分はひたすら過去の記憶をノートに書き続けました。それは上記の謎の答えを知りたくてたまらなかったからです。そして、とうとう答えに辿り着きました。その答えは、


「家庭環境が小学校3年生の頃からずっと戦争状態に陥っていたから」


です。自分はこの答えにこれ以上ない手応えを感じていました。ようやく自分は心の底から知りたかった答えに辿り着く事が出来たのです。そして、その答えを探すうちに自分はいつの間にか自分の人生を俯瞰的に見れるようになっていました。自分はいつの間にか自分の29年間を詳細を把握し、そしてその因果関係も把握していたのです。それは9ヶ月+4ヶ月前の自分では考えられない状態でした。



9ヶ月+4ヶ月前の自分は、自分の過去が全く把握できていない状態でした。何度も書いていますが、自分の過去を振り返ろうとすると、視界0mの超濃霧に覆われていて、何も見えなくなっている状態だったのです。何故そのような濃霧に覆われてきていたのかと言いますと、それは自分がそれまでの28年間自分の人生を全く言語化しないで生きてきたからです。では、ここからは「言語化」という切り口で自分の人生を改めて最初から振り返っていきないと思います。



自分の周りには幼い頃より信頼出来る人間関係が皆無でした。家庭環境が小学校3年生の時に戦争状態に突入しましたから、自分の周りに自分の事を安心して喋れる暖かな居場所は皆無だったのです。故に自分は日々の出来事や感情を全く言語化しないまま生きていく事となりました。



その結果、当時の自分は学校生活における失敗や挫折から何の反省も学びも得る事が出来ませんでした。まず、自分は失敗や挫折の経験を親を含めた誰にも全く喋れませんでしたから、それらの経験で受けた精神的ダメージは何一つ消化されないままでした。そして、失敗に関する事実関係や時系列などの「情報」を整理整頓する事も全く出来なかったのです。故にいつまで経っても失敗を客観視出来ません。失敗を客観視出来なければ、その原因を究明する事も出来ません。そして、原因を究明出来なければ、そこから反省や学びを得る事も出来ません。


こうして、自分は失敗や挫折から何一つ学ぶ事が出来ず、学校生活において同じような失敗と挫折を繰り返し続ける事になりました。そしてその度に「自分に対する自信」を大きく失っていき、高校時代に鬱を発症する事となったのです。



そこで高校時代の自分は「自分に対する自信」を回復させる為に大学で空手部に入部する事を決意しました。しかし、入部してみますと、そこでの稽古は自分には厳し過ぎました。自分は稽古の恐怖を周りの誰とも共有する事が出来ず、どんどんその恐怖に飲み込まれていったのです。結果、空手部の3年間が終わると鬱は3倍に悪化していました。


その後自分は自分の居場所を探そうと大学を移って様々なモノに手当たり次第挑戦しました。しかし、どこに行っても全く周りと人間関係を作る事が出来ません。5年の間に自分はさらに鬱を悪化させ、尿管結石を発症しました。そして、空手部引退から6年後に、矢尽き盾折れ、部屋に引きこもる事になったのでした。



いいですね!このように自分はいつの間にか自分の人生を一貫して俯瞰で見れるようになっていきました。部屋に引きこもってひたすら自分の過去の記憶をノートに書いているうちに、自分の記憶が整理され、視界0mの超濃霧が徐々に晴れていったのです。そして、引きこもって9ヶ月後くらいにはその超濃霧はすっかり晴れていました。自分はトラウマだらけの自分の過去を詳細に把握する事が出来ました。そして、把握した上で、そのトラウマ同士の因果関係も詳細に把握出来ていました。



ここまで来ると記憶のサルベージ(言語化)はゴール間近となっていました。永遠に終わらないかと思われた記憶のサルベージのゴールが見えてきていました。そして、それは当時の自分も把握出来ていました。それはここに来てこれまでにない感覚が現れてきたからです。その感覚はこんな感じです。


「あれ?なんか段々と『言語化してない記憶』が見つからなくなってきたぞ??」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村