鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶のサルベージによって「自分に対する自信」が一部大幅に回復②(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「記憶のサルベージによって「自分に対する自信」が一部大幅に回復(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が進めていた記憶のサルベージがいよいよ終わりを迎えつつあった、という話でした。記憶のサルベージとは、自分が過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。この行為は以下の疑問を解く為に行っていたものでした。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


自分は2004年4月頃からこの疑問を解く為に記憶のサルベージを始めました。この時自分の心の中にはこの疑問に対する答えが2つありました。

①「もしかして俺がどこに行っても居場所を作れなかったのって、家庭環境のせいじゃね??」


②「(自分がどこにも居場所を作れなかったの理由は、)自分という人間が、生まれつき大幅に劣っている人間だから」


このように自分の心の中には上記の2つの答え(仮説)がありました。つまり、原因を「家庭環境」に求めるのか、「自分自身の本質」に求めるのか、という事です。そして、記憶のサルベージを始めた当初は、②の仮説の方が圧倒的に強かったのです。割合にすると「①:②=1:9」って感じです。自分はそれまでの28年間ただひたすらに人間関係に挫折し続け、「自分に対する自信」をどんどん失っていきました。そして、それと同時に鬱を発症し、それもどんどん悪化していったのです。そんな鬱まみれの人生を送ってきた自分にとって、「自分という人間は生まれつき大幅に劣っている」という考え方はこれ以上なくしっくりくるものでありました。


そこから自分はひたすら自分の過去をノートに書いていき、自分がこれまでどんな人生を歩んできたのか、トラウマを再体験して行きました。さらに、家庭環境や数々のトラウマがその後の人生をどう破壊していったのか、その因果関係も考えていったのです。すると、先程の「①:②=1:9」の割合に徐々に変化が現れました。徐々に①の仮説の方が正しいように思えてきたのです。



そして、記憶のサルベージを始めて1年3ヶ月が過ぎました。その頃には完全に先程の割合は逆転し、「①:②=10:0」になっていたのです。自分は①の説、


「もしかして俺がどこに行っても居場所を作れなかったのって、家庭環境のせいじゃね??」


に圧倒的な手応えを感じていました。もはや②の説は自分の中で消え、①の説だけが圧倒的な輝きを誇っていました。②の説が消えたという事は、自分がある部分の自信を大幅に回復させた事を意味していました。だって自分がこのようなクソみたいな人生を送る羽目になったのは、「自分が生まれついて大幅に劣っていたから」ではなく、「家庭環境が戦争状態に陥っていたから」なのです。つまり、自分がこのような人生を送る羽目になった責任は「自分自身の本質」ではなく「家庭環境」にあったのです。これにより、自分はある部分の自信を大幅に回復する事に成功していました。



具体的に言いますと、自分は「自分がこんなクソみたいな人生を送る羽目になってしまった」という話を自信を持って他人に喋れるようになっていました。実際、自分はここから2ヶ月後に記憶のサルベージを終え、再びカウンセリングに通い始め、以前働いていた古本屋の仕事仲間と交流を再開する事となります。そこで自分は上記の話を喋りたくて仕方ない状態になっていたのです。



実際、自分は上記の話をカウンセリングや元仕事仲間にしていく事になります。これは、記憶のサルベージ以前の自分とは明らかに違う状態でした。自分の中には明確な「意志」が生まれていました。これは明らかにポジティブな変化だったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村