鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

パチンコ屋から嫌がらせを受け、脱兎の如く逃げ出す(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「カウンセリング&パチンコ生活が軌道に乗り始める(過去編・2005年9月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の時の自分がパチンコで稼いでいる際に感じていた辛さについて書きてみました。当時の自分の心身は「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていましたから、パチンコ稼業中、様々な心身の苦痛に耐えねばなりませんでした。また、パチンコで稼ぐ際には様々な精神的消耗がありましたから、それにも耐えねばならなかったのです。



そうそう、精神的消耗と言えばまだ書いていない消耗がありました。それは「お店との戦い」です。そう、自分はパチンコで稼ぐ為の立ち回りをしていましたから、お店側にそれがバレると嫌がらせを受ける事があったのです。代表的な嫌がらせで言うと、店員さんが用もないのに自分の打っている台の後ろに立ち、ず〜っとこちらの挙動を監視している、です。これは「被害妄想」ではなく、ホントに用もないのに店員さんが自分の後ろに5〜10分立っているのです。そして、ようやく店員さんが離れたと思うと、すぐにまた戻ってきて、また自分の後ろに立っているのです。


店員さんからこのような嫌がらせをされると、ただでさえ自分は「被害妄想」が病的(×3倍)でしたから、震え上がってしまいました。最初は「なんであの店員さんずっと自分の後ろにいるのだろう??」と思って見ているのですが、店員さんの険しい顔を見ているうちに「なるほど。自分の事をパチプロと見做して警戒しているのだな」と気付いたのです。



そう、当時の自分は回転率などのデータ収集の為に10分おきくらいにメモ帳を開いては、鉛筆でデータを書き込んでいましたからね。これは明らかに一般のお客さんには見られない「パチプロ」な挙動です。もちろん、打つ台を決める際にも釘読みをしていましたから、これも「パチプロ」な挙動です。



そして、パチンコ屋によっては「パチプロお断り」の店もありますから、そういうお店だとこのような嫌がらせをされてしまう、と。このような嫌がらせをされると自分は震え上がってしまい、その恐怖に耐えられず、20〜30分でその店を後にしていた記憶です。



当時の自分は「被害妄想」が病的(×6倍)に酷くなっていましたから、パチンコ屋において例えそのような嫌がらせが無いようなシチュエーションでも、赤の他人からの敵意や悪意を妄想的に感じてしまい、ビビりまくっていました。それが今回の場合は、妄想ではなく、ガチの敵意ですからね。そんなものに遭遇すれば、恐怖に耐えられないのは必然です。自分はそのような嫌がらせを受けると、顔は青ざめ、冷や汗をかきながら、脱兎の如くそこから逃げ出していました。



と、ここまで書いてみて思いましたが、当時の自分が感じていた「嫌がらせ」ってよく考えたら、「被害妄想」の可能性もありますね。店員さんはそういう意図なく後ろに立っていたのに、当時の自分が「被害妄想」でそれを「嫌がらせ」と捉えて、ビビりまくっていた、と。何せ当時の自分の「被害妄想」は病的(×6倍)でしたからね。よく考えてみますと、その可能性も多分にありそうです。



また、当時の自分って「承認欲求」が極度の飢餓状態に陥っていましたから、「むしろパチプロと見られたい」という気持ちもあったように思います。そう、自分がパチンコで稼いでいる事を誰かに知って貰いたい気持ちもかなりあったのです。そういう気持ちから、店員さんの行動を「自分の事をパチプロとみなした嫌がらせ」と捉え、ビビりまくっていた可能性もあると思います。



ちなみに当時の自分はこの嫌がらせ体験の後に「ガラケー」を買う事にしました。パチンコ屋でメモを取る際にメモ帳ではなく、ガラケーのメモ機能を使えば目立たないだろう、と。そして、この目算が当たったのかどうか分かりませんが、ガラケーを買って以降、このような嫌がらせを受ける事はなくなりました。



ですから自分がガラケーを生まれて初めて買ったのは、2005年(29歳)という事になります。これはたぶんガラケーデビューとしては遅い方だと思います。まぁ自分は友達が全くいない人生を送っていましたから、それまでこのような連絡手段が全く必要無かったのです。そして、2005年にガラケーを買った際の目的も「連絡手段」ではなく、「パチプロに思われないようにする為」ですからね。



このように本来の目的とは違う用途で買ったガラケーですが、その後のパチプロ生活では大活躍してくれました。パチンコ屋からの嫌がらせを受けなくなりましたし、なにより「情報収集手段」として滅茶苦茶役に立ったのです。パチンコ屋のグランドオープン情報やリニューアル情報を集めるのにかなり有用でしたし、2ちゃんねるを始めとするパチンコの掲示板もかなり参考にしていた記憶です。



その後自分はガラケーを使って、パチンコ情報以外も色々調べるようになっていき、パチンコを辞めた後も2ちゃんねるGREEといったネットの世界にハマっていく事となったのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村