鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「トラウマ歩き」の最中のネガティヴな感情❶〜❽

「トラウマ歩き」の最中のネガティヴな感情❶〜❽


❶「トラウマ歩き」本体の苦痛。すなわち、学生時代のトラウマをそのまま再体験する事で生じる凄まじい心身の苦痛。「トラウマ歩き」の最中の苦痛の中で最も激しい苦痛。中でも最も激しかった苦痛が大学空手部時代のトラウマ。このトラウマを思い出す際に感じていた苦痛は以下の7つ。「空手部の稽古で殺されるかもしれない恐怖感」「喘息の激しい苦しさ」「孤独感」「絶望感」「無力感」「虚無感」。自分はこれらのトラウマを思い出して歩き続け、その間何度も号泣したか分からない。


☆❷以下の苦痛は、トラウマ歩きの本体外の苦痛


❷トラウマ歩きの目的はトラウマを消化する事であったが、当時の自分はその効果を半信半疑の状態で行っていた。その確率は50%50%。この「トラウマ歩き」はかなりの時間とエネルギーを消費するものだったが、当時の自分からすると、50%の確率で徒労に終わる可能性があるものだった。当時の自分はこの事にかなりの不安感を覚えていた。


❸この時の自分はニートで、成功体験、恋愛経験、就職経験、皆無の32歳。そんな状態で過去のトラウマと向き合うだけの日々を送る事にかなりの葛藤があった。(トラウマ歩きのペースは2日に1回、1回平均4時間)どんなにこの行為に膨大なエネルギーと時間を費やしても、それで社会経験が積める訳では無かった。



❹どんなにこの行為に膨大なエネルギーと時間を費やしても、この行為では1円も稼げない。その事に対する虚しさ。



❺「トラウマ歩き」による没入感は凄まじいものがあり、思い出しているトラウマの記憶が尽きるまで延々と歩くのを辞められない、という事態が起こっていた。この「トラウマ歩き」は歩き始めから歩き終わりまで、平均4時間かかる行為だったが、このような事態になると、5時間経っても、6時間経っても歩く事を辞められなかった。最長で7時間歩き続けた事もあった。この状態での身体の疲労感は凄まじいものがあった。



❻「トラウマ歩き」は依存性がかなり高い行為だったので、自分は雨の日にもこの行為を行っていた。雨の日に外を歩き続けて1時間も経つと靴の中に雨水が侵入してきて、靴の中はぐちゃぐちゃ。靴の中が冷たいやら気持ち悪いやらで最悪の気分。しかし、自分はそんな日でも「トラウマ歩き」を平均4時間続けた。



また、時には台風の日でも「トラウマ歩き」をしていた。こんな日は傘を差していても雨は防ぎきれず、靴の中だけでなく、服の中までびしょ濡れ。自分は絶望的な気分だった。「俺こんな日に何やってるんだよ、、」、と。しかし、自分はそれでもトラウマを思い出しながら歩き続けた。それ程の依存性の高さが「トラウマ歩き」にはあった。


引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」 ×2.25倍状態における8つの鬱の諸症状




❽自分は思考のアイドリングとして「トラウマ歩き」の冒頭の40分くらいを深夜アニメ絡みの事を思い出す時間に充てていた。しかし、時にはその感想文や返信文をなかなかまとめきれず、それだけで2時間歩き続ける事もあった。自分はそこから本筋の「トラウマ歩き」に入るのだが、本筋に入る前にかなりのエネルギーと時間を使ってしまっており、「ここからトラウマを思い出すのかよ、、」と消耗感を感じながら本筋に入る事もあった。