鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマが発生した現地でのトラウマ歩き②(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマが発生した現地でのトラウマ歩き(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



☆ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が存在します。


①今現在のこのブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)←これが今回の記事のメインです。


③大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜21歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



前回の記事は、32歳の自分が「2回目のトラウマ歩き」を終わらせた後の話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。ここから自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は徐々に伸びていき、毎回平均4時間は歩いていた記憶です。



自分は「1回目」のトラウマ歩きでは家の近所を歩き、「2回目」のトラウマ歩きでは1つ目の大学近辺を歩きました。すると、その最中に発生する没入感は明らかに「2回目のトラウマ歩き」の方が高いように感じました。具体的に言いますと、「2回目」のトラウマ歩きの方が、より鮮明に当時の心身の苦痛を思い出しましたし、より鮮明に当時の自分への愛着を感じたのです。



今から考えると、それは当然だったと思います。何せ「2回目」のトラウマ歩きは、トラウマが発生した当時の現場を歩いていたのですから。当時のトラウマを思い出すのにこんなに適した場所はありません。



そこで自分は2回目のトラウマ歩きを終え、このように思いました。


『「トラウマ歩き」は、なるべくそのトラウマが発生した「現地」で、行う方が良さそうだ。』



今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村