鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きの中で東京観光を楽しむ②(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 地下鉄サリン事件の記憶が無い(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を開始し、その最中に感じていた様々な感覚をまとめてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。



それから自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は徐々に伸びていき、毎回平均4時間は歩いていた記憶です。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



☆ご注意:ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②今から10年以上前の「トラウマ歩き」をしている自分(2008年4月〜・32歳)←これが今回の記事のメインの自分です。

③今から25年程前の1つ目の大学に通っている自分(1995年〜1999年・19歳〜22歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



ではまずは、これまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のネガティブな感覚を確認したいと思います。自分は「トラウマ歩き」の最中、以下の6つの精神的苦痛を感じていました。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



「トラウマ歩きの最中の精神的苦痛①〜⑥」"


このように自分は「トラウマ歩き」の最中、様々な精神的苦痛を感じていた、という事になります。



そして、以前の記事では「トラウマ歩き」の最中のポジティブな気持ちもついてまとめています。過去記事から引用したいと思います。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『過去記事からの引用』



トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情。


①過去のトラウマに対するかなりの懐かしさ(愛着)

[説明]「トラウマ歩き」より遡る事3年前。自分は社会生活と家族関係から完全に脱落し、部屋に引きこもった。そこで自分はノートに過去のトラウマを全て言語化し、その因果関係を繋いでいった。1年間の引きこもりの末に自分は大学空手部生活について以下の結論に辿り着いた。


『自分の空手部生活は、3年間に渡って「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だった。しかし、『必死に必死に生きていた』という一点において、あれはあれで自分の青春時代だったのだ。』



この結論によって、自分は過去のトラウマ全てに対して愛着を感じるようになっていた。よって「トラウマ歩き」の最中にそれを思い出すと、かなりの懐かしさ(愛着)を感じた。加えて、思い出すトラウマが辛ければ辛いほど、より深い懐かしさ(愛着)をそれに感じるようにもなっていた。


②①によって発生する麻薬的な気持ち良さ

[説明]①のかなりの懐かしさ(愛着)には麻薬的な気持ち良さがあり、依存性があった。よって自分は雨の日や台風の日にもトラウマを思い出しながら、外を歩き続けた。(これに関しては辛い部分もあった。)


③歩く事による自己肯定感

[説明]自分の足で、自分が行きたい場所に、自分のペースで歩いていく、この事自体に充実感があった。事前に自分が想定したルートを自分の足で歩いていく事での達成感。大袈裟に言うと、歩く事による自己実現。もしくは歩く事による自己肯定感。



自分はそれまでの32年間の人生において自己肯定感を失っていく一方だったので、この歩く事による自己肯定感は貴重な感覚だった。


④タイムスリップ感覚による非日常感

[説明]自分が「トラウマ歩き」を行う場所は、非日常な場所であればある程、歩いていて充実感があった。最たる例は、1つ目の大学近辺。この場所は自分にとって12年前の致命的なトラウマにタイムスリップ出来るという意味で最も非日常的な場所だった。故に自分は3回目の「トラウマ歩き」以降も、なるべく過去のトラウマに関連する場所を歩いていった。

それは例えば、2つ目の大学近辺、高校近辺、中学近辺、小学校近辺。これらの場所を歩くと当時のトラウマが鮮明に思い出され、当時にタイムスリップする事が出来た。当時の自分はこのタイムスリップによる非日常感に充実感を感じていた。



『引用終わり』



いいですね。このように自分は「トラウマ歩き」の最中にポジティブな感覚も感じていた、という話になります。



さて、前回の記事では、自分が「トラウマ歩き」の最中に観光的な楽しさも感じていた、という話を書きました。そして、それと同時に大学時代の自分が鬱状態にあった事を改めて認識した、という話も書きました。ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』



このように1つ目の大学の周辺には皇居を始めとして、有名な名所が沢山あり、これらを見て行くのも楽しかった、という話になります。単純に歩きながら東京観光をしていた感じです。



このように自分は「トラウマ歩き」の最中に東京観光を楽しんでいたのですが、それをしていて驚いた事がありました。それは「トラウマ歩き」をしている自分と、12年くらい前の大学時代の自分とを比較した際の驚きです。



時間を遡る事12年程前、当時の自分はこの1つ目の大学の大学生でした。年齢にして19歳〜22歳の4年間です。最初の2年間は毎日ここに通っていましたし、後半の2年間も2日に1度はここに通っていました。



ところが当時の自分記憶を思い出してみますと、「うちの大学の周りには有名な名所が沢山あるなぁ!」と感じた記憶が皆無なのです。「うちの大学の周りには皇居を始めとして、興味深い場所が沢山あるぞ!」と感じた記憶が全くありません。これは驚きでしたねぇ。



また、これと関連した話で言いますと、自分がこの大学に入学したのは、1995年4月なのですが、その前月には地下鉄サリン事件が起こっているんですね。地下鉄サリン事件と言えば、当時の日本を震撼させた凄まじい凶悪事件です。そして、この事件の起きた場所がこの1つ目の大学の目と鼻の先の場所なのです。



ところが、先程と同様、当時の自分がこの事件に驚いた記憶が全く残っていないのです。自分が来月から通う大学のすぐ近くで凄まじい凶悪事件が起こったにも関わらず、これに関して当時の自分が何かを感じた記憶も残っていません。もちろん、この事件を誰かと喋って感想を共有した記憶もありません。




今回書いた2つの事象を通して分かるのは、当時の自分の感受性が死んでいた、という事です。そう、当時の自分は何を見ても何を聞いても心が動かなくなっていました。心の中にあったのは漆黒の闇のみです。



ただそれは無理も無い事でした。何故なら当時の自分は高校時代の数々の挫折によって、鬱を発症していたのですから。(当時の鬱の諸症状はこちら)。



このように自分は「トラウマ歩き」の最中に東京観光を楽しみましたし、それと同時に、1つ目の大学に通っていた頃の自分が鬱を発症していた事を改めて認識したのでした。


『引用終わり』



このように自分は「トラウマ歩き」の中で東京観光を楽しんでいました。と同時に、大学時代の自分が鬱状態にあった事を改めて認識した、という話でした。さて、東京観光の話をもう少し続けたいと思います。自分が12年前に通っていた1つ目の大学近辺には東京都心の名所が沢山あり、トラウマ歩きをしていると観光気分が味わえた、という話の続きになります。



1つ目の大学の近辺には、皇居、国会議事堂、最高裁判所、迎賓館、国立競技場、帝国ホテル、東京タワー、と日本を代表する名所の数々があり、それらを見るのも「トラウマ歩き」の楽しみの一つでした。他の名所としては、東京ドーム、秋葉原、丸の内のオフィスビル群、なんかも印象に残っています。



また、1つ目の大学の近辺には、中央線と山手線が走っており、その線路沿いに歩くのもかなり楽しかった記憶です。新宿駅から歩き始めて、代々木駅→国立競技場→迎賓館→皇居→東京駅と歩くルートも面白かったですし、品川駅から歩き始めて、山手線沿いに田町→浜松町→新橋→有楽町→東京駅と歩き、そこからさらに中央線沿いを歩くルートもかなり面白かった記憶です。




そう、この品川駅から山手線沿いに歩くルートは、自分が1つ目の大学時代に実際に通学で使っていたルートなんですね。ですから、大学当時の自分が車窓から見ていた景色を、12年後に実際に足で歩いてみるというのは、かなり面白い経験でした。実際に沿線を歩いてみると、「あの車窓の下はこうなってたのか!!」という驚きがありました。例えば山手線の有楽町駅辺りのガード下があんなに賑やかな飲み屋街になっているとは知りませんでした。



また、先程の山手線の駅の中には大学時代に実際に降りた事もある駅もありましたから、そういう場所に12年ぶりに行ってみると、町並みが変わっている場所もありました。また、12年前の面影がそのまま残っている場所もあったりで、それもかなり面白かった記憶です。



例えば、神田駅周辺で大学4年生の時に何度か遊んだパチンコ屋が12年経って無くなってゲームセンターになっていたり、大学2年生の時に品川駅でバイトしていたコンビニが、12年経って別のコンビニ変わっていたり。また、神田駅の周辺の商店街は先程のパチンコ屋のようなお店の入れ替わりはあるものの、商店街の町並み自体は12年くらい前とほとんど変わっておらず、かなり懐かしかったりもしました。



また、秋葉原駅近辺なんかは2つ目の大学に通っている頃、ゲームソフトを探す為によく降りていた街でした。レトロゲームショップとかよく行ったものです。ですから、自分はこの街でトラウマ歩きするのもかなり楽しかった記憶です。加えて、トラウマ歩きをしていた頃の自分は深夜アニメにハマっていましたから、トラウマ歩きを終えた後、秋葉原をブラついて、深夜アニメ絡みのグッズを見るのもかなり楽しかった記憶です。当時の秋葉原はオタクの街でしたからね。懐かしい。



さらに書きますと、秋葉原の他にも、田町、浜松町、新橋、有楽町、東京、お茶の水飯田橋、市ヶ谷、四谷、信濃町、新宿、それぞれの駅近辺も、歩いてみるとホントに興味深かった記憶です。それぞれの駅が有名な駅ですから。浜松町から見える東京タワー、新橋駅前のSL広場、有楽町・銀座近辺のセレブ感、東京駅の立派な駅舎、お茶の水界隈の大学の多さ、新宿駅近辺の圧倒的な賑やかさ、などなど、ホントに歩いてて楽しかった記憶です。



このように自分は「トラウマ歩き」の中で、東京観光をかなり楽しんでいたのでした。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村