鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

大学のすぐ近くで地下鉄サリン事件が起こったにも関わらず、事件の記憶が全く無い(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きの中で東京観光を楽しむ(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を開始し、その最中に感じていた様々な感覚をまとめてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳。ここから自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は徐々に伸びていき、毎回平均4時間は歩いていた記憶です。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



まずはこれまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のネガティブな感覚を確認したいと思います。自分は「トラウマ歩き」の最中、以下の6つの精神的苦痛を感じていました。


「トラウマ歩きの最中の精神的苦痛①〜⑥ 」



そして、以前の記事では「トラウマ歩き」の最中のポジティブな気持ちについてまとめています。過去記事から引用したいと思います。



『過去記事からの引用』



トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情。


①過去のトラウマに対するかなりの懐かしさ(愛着)

[説明]「トラウマ歩き」より遡る事3年前。自分は社会生活と家族関係から完全に脱落し、部屋に引きこもった。そこで自分はノートに過去のトラウマを全て言語化し、その因果関係を繋いでいった。1年間の引きこもりの末に自分は大学空手部生活について以下の結論に辿り着いた。


『自分の空手部生活は、3年間に渡って「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だった。しかし、『必死に必死に生きていた』という一点において、あれはあれで自分の青春時代だったのだ。』



この結論によって、自分は過去のトラウマ全てに対して愛着を感じるようになっていた。よって「トラウマ歩き」の最中にそれを思い出すと、かなりの懐かしさ(愛着)を感じた。加えて、思い出すトラウマが辛ければ辛いほど、より深い懐かしさ(愛着)をそれに感じるようにもなっていた。


②①によって発生する麻薬的な気持ち良さ

[説明]①のかなりの懐かしさ(愛着)には麻薬的な気持ち良さがあり、依存性があった。よって自分は雨の日や台風の日にもトラウマを思い出しながら、外を歩き続けた。(これに関しては辛い部分もあった。)


③歩く事による自己肯定感

[説明]自分の足で、自分が行きたい場所に、自分のペースで歩いていく、この事自体に充実感があった。事前に自分が想定したルートを自分の足で歩いていく事での達成感。大袈裟に言うと、歩く事による自己実現。もしくは歩く事による自己肯定感。



自分はそれまでの32年間の人生において自己肯定感を失っていく一方だったので、この歩く事による自己肯定感は貴重な感覚だった。


④タイムスリップ感覚による非日常感

[説明]自分が「トラウマ歩き」を行う場所は、非日常な場所であればある程、歩いていて充実感があった。最たる例は、1つ目の大学近辺。この場所は自分にとって12年前の致命的なトラウマにタイムスリップ出来るという意味で最も非日常的な場所だった。故に自分は3回目の「トラウマ歩き」以降も、なるべく過去のトラウマに関連する場所を歩いていった。

それは例えば、2つ目の大学近辺、高校近辺、中学近辺、小学校近辺。これらの場所を歩くと当時のトラウマが鮮明に思い出され、当時にタイムスリップする事が出来た。当時の自分はこのタイムスリップによる非日常感に充実感を感じていた。



『引用終わり』



いいですね。このように自分は「トラウマ歩き」の最中にポジティブな感覚も感じていた、という話になります。



さて、前回の記事では、自分が「トラウマ歩き」の最中に東京観光的な楽しさも感じていた、という話を書きました。ここからは前回の記事をそのまま引用します。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』


他にもポジティブな感覚は無かったのか、という話ですが、『④ 「タイムスリップ感覚による非日常感」』に関連した感覚があったのを思い出しました。それは「観光をしている時のような非日常感」です。



そう、実は1つ目の大学は東京の都心のど真ん中にある大学だったんですね。ですから大学の周りには有名な観光名所が沢山ありました。ですから、大学近辺を歩き回ると、それらを横目に歩く事が出来たのです。思い付くままに書いてみますと、皇居、国会議事堂、最高裁判所、迎賓館、国立競技場、帝国ホテル、東京タワーなどなど。自分は「トラウマ歩き」をしながら、これらの名所を通り過ぎ、観光気分を楽しんでいました。これは単純に楽しかった記憶です。



このように1つ目の大学近辺を歩き回っていますと、至る所で名所と出会え、観光を楽しめました。中でも皇居は興味深かった。まず、この皇居は12年前の大学在学中に体育会のマラソン大会で走った事がありましたから、「トラウマ歩き」の場所として最適でした。そして、周りを歩いていると、皇居のお堀なんかは見応えのあって美しかったですし、日本史で有名な「桜田門」なんかも見れて楽しかったです。あと春になるとお堀の桜も綺麗でしたねぇ。



また、単純に皇居の中には皇族の方が住んでいる訳ですから、「この中に皇族の方が住んでいるのか〜」という興味深さもありました。



さらに、皇居のすぐ近くには国会議事堂があり、これも立派な建物でしたし、他にも自民党本部や最高裁判所や官庁街なども見る事が出来ました。自分はそれらを見て「ここが日本という国の中枢なんだなぁ」と思った記憶があります。



このように皇居自体が興味深い場所でしたし、皇居の周りも興味深い場所が沢山ありました。自分は皇居の周りを1周する「トラウマ歩き」を5回くらいはした記憶です。懐かしい。



『引用終わり』



このように1つ目の大学の周辺には皇居を始めとして、有名な名所が沢山あり、これらを見て行くのも楽しかった、という話になります。単純に歩きながら東京観光をしていた感じです。



このように自分はトラウマ歩きの最中に東京観光を楽しんでいたのですが、それをしていて驚いた事がありました。それは「トラウマ歩きをしている自分」と、「12年くらい前の大学時代の自分」とを比較した際の驚きです。


☆ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が存在します。


①今現在のこのブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)←これが今回の記事のメインです。


③大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜21歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。





時間を遡る事12年程前、当時の自分はこの1つ目の大学の大学生でした。年齢にして19歳〜22歳の4年間です。最初の2年間は毎日ここに通っていましたし、後半の2年間も2日に1度はここに通っていました。



ところが当時の自分記憶を思い出してみますと、「うちの大学の周りには有名な名所が沢山あるなぁ!」と感じた記憶が皆無なのです。「うちの大学の周りには皇居を始めとして、興味深い場所が沢山あるぞ!」と感じた記憶が全くありません。これは驚きでしたねぇ。



また、これと関連した話で言いますと、自分が1つ目の大学に入学したのは、1995年4月なのですが、その前月に地下鉄サリン事件が起こっているんですね。地下鉄サリン事件と言えば、当時の日本を震撼させた凄まじい凶悪事件です。そして、この事件の起きた場所がこの1つ目の大学の目と鼻の先だったのです。



ところが、先程と同様、当時の自分がこの事件に驚いた記憶が全く残っていません。自分が来月から通う大学のすぐ近くで凄まじい凶悪事件が起こったにも関わらず、これに関して当時の自分が何かを感じた記憶が残っていないのです。



そう、もし当時の自分が健康的な精神状態なら、自分が通う予定の大学の近くで凄まじい事件が起こったのですから、それに対して驚愕し、恐怖し、事件について色々喋りたくなっていた事と思います。ところが実際には、当時の自分がこの事件について驚愕したり、恐怖したり、誰かと喋って感想を共有した記憶が皆無なのです。



今回書いた2つの事象を通して分かるのは、当時の自分の感受性が死んでいた、という事です。そう、当時の自分は何を見ても何を聞いても心が動かなくなっていました。当時の自分の心の中にあったものは漆黒の闇のみです。



ただそれは無理も無い事でした。何故なら当時の自分は小中高時代の数々のトラウマの蓄積によって、鬱を発症していたのですから。(当時の鬱の諸症状はこちら)。



話はトラウマ歩きの時代に戻ります。このように自分はトラウマ歩きの最中に東京観光を楽しみました。それと同時に、1つ目の大学に通っていた頃の自分が何を見ても何を聞いても心が動かなくなっており、鬱を発症していた事を改めて認識したのでした。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村