鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

〜暴走する被害妄想〜尿管結石にのたうち回った1日①

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「〜尿管結石発症前夜の状況〜尿管結石発症までの精神的経緯12」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分が尿管結石を発症する前夜の様々な状況についてでしたね。もう1度まとめさせて頂きますと、あの頃は社会からはドロップアウト寸前でしたし、家族内でも完全に孤立していました。もちろん友達は皆無。そして長年の鬱の蓄積で慢性的な疲労感が極限にまで達しておりまして、それ故に睡眠への依存と渇望も凄まじいものになっていました。だからこそ自分の睡眠を妨げる可能性が高い「音」に対する敵意も凄まじいものがあり、特に妹の出す「ドア音」には病的に激しい敵意が向けられました。それは自分が妹に対して巨大な劣等感を抱いていたからでもあります。そして、その病的に激しい敵意が「予期不安」を生み、自分はますます眠れなくなっていき、さらに衰弱していったのでした。




さて、ここら辺の状況が2003年の夏頃(自分27歳)でして、2003年11月のある日、いよいよ尿管結石の凄まじい痛みが自分を襲ってきました。今から思うと、この尿管結石発症の1〜2ヵ月前から腰のあたりの感覚が重だるくなっていまして、もしかしたらあの重だるさがこの尿管結石の予兆だったのかなぁという感じです。とは言いましても、当時の自分は慢性的な酷い疲労感と眠気で常に意識が朦朧としているような状況でしたから、その重だるさも定かな記憶ではない感じです。その日はバイトに行ったのか定かでは無いのですか、いつものように自分は疲れ切っていました。そして夕方頃、仮眠を取ろうと布団の中に入りまして、例の予期不安「妹の出すドア音に起こされてしまうのでは?」に怯えまくりながら、なんとか眠りにつきました。そうそう、この予期不安が大きくなるにつれ、自分が眠りに付くまでの時間はどんどん長くなっていったんですよ。布団に入り、意識がなくなり、眠りに付くまでの時間が40〜50分くらいかかる事もあったような記憶です。んで寝付くまでの間自分の頭の中は「ドアの音で起こされたらどうしよう!」という緊張と恐怖でいっぱいで、心臓はバクバクバクバク暴れまくり、冷や汗がダラダラでるような状態でした。そんな状態になんとか耐え、ようやく自分は寝付いたのですが、30分程で自分は妹の出すドアの音で起こされてしまったのです。そう、予期不安が現実となったのでした。ようやく寝付けた所を起こされてしまった自分ははらわた煮えくりかえりました。血相を変えて妹の部屋に行きまして、「ドアの音気を付けろって言ってるだろ!!!」と怒鳴りました。そして、それに対して妹も言い返してきまして、しばしの激しい口論。そう、あの頃の自分の妹に対する憎しみは凄まじいものがありましたからね。手までは出なかったですけど、妹に対して荒れ狂った記憶です。そのドアを叩いたりとかしたかもしれません。そして、そのような自分の態度に妹も一歩も引かず「私だってドアの音気を付けてるんだから、もうこれ以上は気を付けようがない!!」的な主張を言っていた記憶です。それで20分くらい激しく口論を続けていると、自分は消耗してきてしまいまして、自分の部屋に引き揚げました。




しかし、これでは自分の怒りは全く収まりません。妹から謝罪の一つも無かったですからね。そうそう、自分がこのドアの音にムカつき始めた最初の頃は、自分がクレームを言うと妹は謝っていたような気もするんですよ。しかし、自分のクレームは何度も続きましたし、どんどん怒りのトーンも上がっていきましたからね。それに対して妹の方もどんどん自分に対してムカついていったようで、謝罪はなくなり、言い返してくるようになっていました。さて、そんな感じで自分は自分の部屋に戻ったのですが、怒りは全く治まりません。それでね〜20〜30分経った頃でしょうか。妹が急に外に出掛ける音がしたのです。この3ヵ月程前から妹は彼氏と付き合い始めていましたから、その音を聞き自分は「あいつは彼氏の所にでも行ったのだろう」と思いました。するとここで、自分の中の激しい怒りは急に消えまして、代わりに激しい恐怖感が襲ってきたのです。それはこのような恐怖でした。「もしかしたらあいつ(妹)は彼氏に先程の激しい口論の事を言い、彼氏はそれを聞き激怒するかもしれない。そしたら妹は彼氏を連れてここに戻ってきて、怒った彼氏によって俺はボコボコになってしまうのではないか?」、と。そう、自分の心の中には「この後妹の彼氏がバットを持って自分の部屋に乗り込んでくる!」という被害妄想が発生しまして、それには本当に実現するかのようなリアリティがあったのです。そこで、慌てて自分はそのような事態に備えます。ドアの前に家具を倒してましてバリケードを作り、人が入ってこれないようにし、エアガンやバットを用意して武装しました。




今思い出してみますと、この時の自分は完全に被害妄想に心を支配されていた感じでして、慌てふためいてバリケードを作り、武装する姿は滑稽ですらあります。そもそもこの時に妹が外出した後、彼氏の所にいったのかどうか確証は無いですし、仮に行ったとしても、そこで妹が彼氏の先程の激しい口論の事を話すかどうかも分かりません。また、それを聞いた彼氏が怒るかどうかも分かりません。だって自分は妹からこの彼氏がどういう性格の人なのかこれまで一回も聞いた事がありませんでしたからね。もちろん会った事も無いし、写真を見た事も無い。妹から事前に彼氏の性格が怒りっぽいだとか、暴力的な人だとか聞いていたならいざと知らず、自分は全くそのような情報を聞いた事もないのに、そのような想像をしてしまったのです。また仮に彼が怒ったとしても、いきなり我々家族が住んでいる家(彼氏から見ると彼女の実家)にバットを持って乗り込んで来るというのはまず有り得ない話です。しかし、あの時の自分はその想像がすぐに現実化してしまうような気がしてしまったのです。なんだったら「彼氏が何人もの仲間を連れてバットを持って殴り込みに来る」所まで想像していました。まるで暴走族同士の抗争のような過激な事態を想像してしまっていたんですね。ですから自分も部屋にバリケードを作ったり、エアガンやバットで武装したのでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村