鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

〜父親の破壊的暴言と自分の凄まじい怒り〜尿管結石にのたうち回った1日③

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「〜痛みに悶える自分に父親が言い放った破壊的暴言〜尿管結石にのたうち回った1日②」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、2003年11月のある日、自分が原因不明の腹痛に襲われたという話でしたね。そして父親に助けを求めた所「こんな時だけ頼りやがって!!」という信じられない暴言を投げつけられたという話でした。(自分27歳)自分がこの言葉を最初に聞いた時のリアクションは「?????」でした。だって訳分からないですよ。床に倒れ、痛みで悶絶している人間に対して言う言葉では決してありません。父親が第一声で「大丈夫か??」と心配してくれるかと思ったら、「こんな時だけ頼りやがって!!」ですからね〜。しかも上から憎々しげに。自分が父親の言い放ったこの言葉の意味を理解するまで15秒くらいはかかったような記憶です。そしてなんとか意味を理解した途端自分は雷に打たれたような衝撃を受けました。いわゆる「青天の霹靂」です。もうね〜言葉の意味は理解したものの、何故に父親がこんな事を言い出したのか訳分かりません。と、同時に凄まじい絶望に襲われました。だってそうですよ。痛みに悶絶している自分が、医者である父親を頼ったのは以下の3つを求めたからです。

・「適切な診断」
・「適切な処置」
・なにより「心配してくれる心」

ところが父親はこの3つを全く与えないどころか、逆に「こんな時だけ頼りやがって!!」という鬼畜のような言葉でこちらを精神攻撃してきた訳ですからね。例えるなら、自分は全く予想していなかった角度から、鋭利な刃物で内臓を4〜5ヶ所ざっくり刺されたようなものです。そう、あの時の自分は尿管結石の痛みだけでも耐えられない程痛かったというのに、そこにさらに父親からのエグ過ぎる精神攻撃を受けました。「死者に鞭打つ」とはこの事です。




それでね〜、言葉の意味を理解した自分は凄まじい絶望感に襲われると同時に、凄まじい怒りに襲われます。そりゃそうですよ、父親は痛みに悶絶する自分を心配するどころか、逆に攻撃してきた訳ですからね。こんな言葉「医者」としてまず有り得ないですし、「父親」としても有り得ないですし、そもそも「人間」としても有り得ません。自分は痛みに悶絶し、お腹を抱えて床に倒れていたのですが、その状態から「ふざけんな!!」と言いながら、足で思い切り父親の足を何度も蹴りました。そして「おめぇには頼らねぇよ!!」と叫び、這いずって父親の部屋を出ていこうとしたのです。そうした所、ここでうちの父親の気が変わりまして、「分かった、分かった、救急車を呼ぶから」となりまして、救急車を呼んだのでした。




ここで「尿管結石にのたうち回った1日」第1部は終了です。いや〜、あれはなかなかの鬱的修羅場でしたねぇ。自分はこの父親及びこの父親の背負った家の業に精神的に2回殺されたと思っているのですが、1回目はこの事件になります。自分の心身はこの尿管結石以前から鬱により衰弱し切っていたのですが、この時の尿管結石の痛みと父親の暴言によりトドメを刺された感があります。何故父親はこのような冷酷非道な暴言を自分に投げつけてきたのでしょう?2〜3ヵ月前まではご飯を食べに行ったりしていたのに。自分はこの事件から6年後くらいにこの父親と向き合い、2年間に渡って父親の人生がどのようなものだったのか、詳細に聞いていきました。それはこの暴言がどのような背景から生み出されたのかを知りたかったからでもありました。そして、1つの仮説にたどり着きまして、その仮説を父親にぶつけました。最初は父親はその仮説を理解していなかったのですが、現在では父親もこの仮説を理解し、「そうだったのだろう」、と認めています。この仮説に関しては、この「尿管結石にのたうち回った1日」を全て書き終わった後、書かせて頂こうと思います。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村