鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

殺したい程憎い家族3人とコミュニケーションを取る(2003年11月頃・27歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「尿管結石の石が見てみたい!(2003年11月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分が尿管結石の原因となった石をゲットしたって話しでしたね。そう、人によっては尿管結石の石が体外に排出される際にも痛みを生じるらしいんですよ。自分はそれを聞きビビっていたのですが、実際自分の場合はそのような痛みは全くなく、拍子抜けするくらいスルッと出てきてくれましたので、それは有り難かった記憶です。結局自分の場合、痛みが究極的に酷かったのは発症の初日だけでして、2日目以降は嘘のように痛みは起こらず、後遺症的なモノも一切ありませんでした。ですから、石が出て全てが終わってみますと、当時の自分的には「あれは一体何だったんだ、、」って感じでしたねぇ。そう、あれから17年経ち、こうやって当時の事をブログに書いてみますと、一連の尿管結石事件ががいかに自分の心身にダメージを与えまくったのかよく分かります。しかし、当時の自分は、この尿管結石事件で自分が受けた心身のダメージを、このブログに書いた程はっきりとは自覚出来てはいませんでした。当時の自分が自覚できていたのは、家族それぞれに対する憎しみが「殺したい程」まで悪化した、という事ぐらいだったと思います。その憎しみの炎の勢いは凄まじく、自分自身をも焼いてしまうぐらいの激しさだった印象です。あれから17年経った今でも、こうやって書いていると苦しくなるくらいですから。そう、激しい憎しみの炎によって自分自身も焼かれてしまい、それによりさらに心身のダメージが深くなっていったイメージです。




さて、尿管結石の石が出た後の自分ですが、入院中にノートに書いた通り、家族に対する殺意を心の底で押し殺して、家族とコミュニケーションを取っていきました。時には2年ぶりくらいにリビングで家族4人で喋る事もありましたが、あれはホント精神的にキツかったですねぇ。一応表面上は穏やかに世間話的なものをしていましたが、実際には殺したい程憎い家族3人を相手にしていた訳ですから精神的なストレスが半端無かったのです。3人分の殺意が心の中に発生していましたし、さらに激しい「孤独感」も発生していました。何故なら自分は当然この激しい殺意を家族の誰一人として話していませんし、言ったって理解されない事も重々承知していました。そもそも当時は自分自身がこの激しい感情を上手く言語化できておらず、人に説明できない状況だったとも思います。そして、自分はこの激しい憎しみを押し殺して家族3人と通常のコミュニケーションを取ろうとしていましたから、いわば1vs3の状況だったんですね。3人の殺したい程憎い人間を相手にして、こちらは1人孤軍奮闘だった訳で、その孤独感たるや凄まじいものがありました。ですから振り返ってみますと、自分はそれまでの人生において、学校生活、バイト生活などの社会生活の中で一切人間関係を作る事ができず、社会的にひたすら孤立していた訳ですが、加えてこの頃から家族内でも孤立していったという事になります。そう、この「家族内孤独感」、これも2003年辺りからどんどん大きくなる一方だった記憶です。自分の鬱のピークは2008〜2010なのですが、この「家族内孤独感」のピークは2006、2007あたりでしたでしょうか。今現在でこそ家族4人仲良く暮らしていますが、そこに至るまでは家族内で血みどろの戦いが10年以上続きました。自分も辛かったですが、自分は母親と妹にもその膨大なストレスをぶつけ続けてしまいましたから、母親と妹も辛かったと思います。父親にもぶつけましたが、父親にはそもそも「人の心」がありませんから、暖簾に腕押し状態でなんの手応えもありませんでした。まぁ父親がそんな人間だったからこそ、自分はどこに行ってもまともにコミュニケーションが取れず、鬱で心身がぶっ壊れていく一方の人生だった訳ですが。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村