鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

セルフカウンセリングによって生まれた使命感と情熱(2004年4月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「セルフカウンセリングの不思議な手応え(2004年4月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は2つ目の大学を中退した自分がノートによるセルフカウンセリングに一縷の希望を託していたって話でしたね。そう、このノートによるセルフカウンセリングに当時の自分の生活状況を改善させる力は全くありませんでした。あるどころか、2つ目のバイトを辞めた原因の一つがこのノートによるセルフカウンセリングでしたからね。しかし、2004年4月に2つ目の大学を退学した後、自分はノートに自分の気持ちや状況を『詳細』に書けるようになっている事に気付きました。いつの間にかノートに現在の自分の状況や気持ちを『100%』表現できるようになっている事に気付いたのです。「自分の心」と「ノートによる文字の表現」が『直結』している感じというか、何の衒いも恥ずかしさもなく、ただただ『素直』に自分の気持ちをノートに書けるようになっているというか。ですから「死ね!」とか「殺してぇ〜」とかそういう汚い言葉も書きまくっていましたね。そういう直接的な表現も含めて自分は自分の心の中のモヤモヤを100%ノートに表現できるようになっていたのです。これは大学でカウンセリングを受け始める前の、自分の感情を外にどう表現していいのか皆目検討も付かない時代に比べると劇的にポジティブな変化でした。カウンセリング以前の自分は、自分の感情を文字で書いて表現する事も、声で喋って表現する事も全く出来ていませんでしたからね。もちろん他の表現手段も知りません。そもそも、カウンセリング以前の自分は自分自身に「感情」というものがあるのかどうかすらもおぼろげな状態だったのです。ですのでいつの間にか自分の感情や周りの状況を100%ノートに表現出来る様になっていたというのは、自分の中では驚くべきポジティブな変化でした。ただ見方を変えますと、もはや自分にはこのノートに書く事しか残っていませんでしたから、このノートによる作業を自画自賛したいという気持ちも働いていたのかもしれません。どこに行っても人間関係を作れず、挙句大学を2つ中退した自分には、誇れるものは何も無くなっていましたから。いづれにしろ、八方塞がりの状態の自分にとって、このノートによるセルフカウンセリングだけが希望の光になっていました。



自分は2004年4月に2つ目の大学を退学したのですが、相変わらず古本屋のバイトは続けていました。続けてはいましたが、人間関係はどんどん居心地悪くなっていっていましたし、仕事中の体調もレジ前でボーッと座り続ける事すらキツくなっていました。しかし、仕事が終わると、自分はそのような状況をノートに詳細に書いていました。そして、あれは退学して1ヶ月くらい経った頃だったでしょうか?いつものようにノートを書いていた自分はふとこう思ったのです。「あれ?自分はこうやって今現在の自分のしんどい気持ちや状況をノートに100%書けるようになっている訳だけど、もしかしたら自分の過去についても100%詳細に書けるんじゃないか??」、と。




そう、自分は身に付けたノート限定の表現力でもって、過去の出来事及びその時の自分の心の中を表現できないものかと思ったのです。何故ならカウンセリング以前(21歳以前)に自分の身に起きた出来事及びその時の感情は、過去ほとんど言語化され、外に表現されてこなかったからです。また、カウンセリングを受け始めてからもそこで日々の出来事及び感情の全てを表現出来ていた訳ではありませんでした。何せ1週間に1時間ですから時間が限られています。「もしかしたらこのノートによって、28年間分のほとんど言語化されていない出来事及び感情のモヤモヤを100%言語化出来るかもしれない」と自分は思いました。では「過去」の自分をノートで100%表現出来たとして、それで何をしたいのか。その時、自分にこのような強い気持ちが生まれました。それは「何故自分はこのようなどこに行っても人間関係を作れず、ただただ鬱で心身が壊れていくだけの28年間を送る羽目になってしまったのか、その理由を知りたい!!!」、という気持ちです。それは自分の人生に対するただただ純粋な疑問であり叫びでした。何故自分は自殺願望だけが心の支えの虚し過ぎる人生を送らねばならなかったのか、その理由を知りたくてたまらなかったのです。(〜自殺願望と救い〜)そして、自分の気持ちを100%表現出来るようになった今なら過去の自分の気持ちも100%表現出来、その理由を導き出せるような気がしたのです。そう考えると、自分の中に凄まじいエネルギーが湧いてきたのを覚えています。自分はこう思いました。「ここ10年間自殺願望のみを心の支えにして生きてきたけど、ノートに自分の感情を100%表現出来るようになった今、その理由を知らずして死ねない!!」、と。とは言ってもそれはノートに向かう時限定のエネルギーでして、それで鬱の諸症状が良くなる事は一切ありませんでした。しかし、自分の心の中に生まれて初めて「情熱」及び「使命感」みたいなものが生まれたのは事実です。






今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村