鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

自殺願望とラジオ(2004年9月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「 自殺願望以外の心の支え(2004年9月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事はマグマダイブ中の自分がラジオを聞いていたって話でしたね。ラジオを聞き、それで気を紛らわす事で3時間に渡るものすごい熱さと暗闇に耐える事が出来たのです。引きこもり当時はラジオを聞く時間が腐る程ありましたから、色んなラジオを聞きまくっていました。ニュースを扱う真面目な番組から、芸人さんの面白ラジオまで色々聞いていたのですが、特に好きだったのが芸人さんのラジオです。くりぃむしゅー上田の知ってる?24時とか99のオールナイトニッポンとかめちゃくちゃ面白かった。芸人さんがラジオで話す馬鹿話や失敗談や自虐ネタや下ネタ話にどれだけ心が癒されたか分かりません。ラジオってテレビと違って喋り手と聞き手が1対1の関係になりますから、聞き手が喋り手にすごく親近感を持ち易いんですよね。当時関東でやっていた芸人さんのラジオはほとんど一度は聞いた事があったと思います。くりぃむしちゅー、99、爆笑問題伊集院光雨上がり決死隊バナナマンロンドンブーツ1号2号極楽とんぼさまぁ〜ず、などなど。今でも芸人さんのラジオが好きな所は全く変わっていなくて、オードリー、三四郎有吉弘行霜降り明星、のラジオは毎週聞いています。くりぃむしちゅ〜のオールナイトニッポンもいまだに面白くて10年以上前のをリピートして聞いてますからね。放送期間は2005年7月5日〜2008年12月30日で全159回なのですが、これを4周くらいしてます。また、最近はyou tubeでもラジオ感覚で楽しめるチャンネルが多くて良いですね。芸人さんのチャンネルも面白いですし、コレコレさん、シバターさん、みずにゃんさんなどの物申す系you tuberもとても面白いです。




話は戻りまして、引きこもり中の自分は現実世界での人間との接点が全く無くなっていましたので、凄まじい孤独感を感じていました。そこの孤独感を少しでも和らげようとラジオを聞きまくっていた部分はあると思います。以前の記事で自分の鬱の原因は「孤独感」と「死の恐怖」だったという話をしましたが、(鬱の原因は孤独感と死の恐怖(2004年9月頃・28歳))孤独感に対してはラジオを聞く事でそれを和らげようとしていましたし、「死の恐怖」に対しては「いつでも自殺してやる!」という覚悟でもって、それを和らげようとしていたという事になります。まぁでも結局それらの効果は一時的なものに過ぎず、根本的な「孤独感」や「死の恐怖」の総量はどんどん増えていきまして、鬱はさらに悪化していきました。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村