鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部時代を評価②(2004年9月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部時代を評価(2004年9月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分が何故大学で空手部に入部したのか、という話でした。そう、自分は高校1年生の時点で鬱を発症し、休み時間になると寝たふりをするか、図書館に駆け込むような孤独で鬱々とした高校生活を送っていました。故にそんな自分が嫌で嫌で仕方なく、自分を変えたくて仕方が無かったんですね。そこで思い付いたのが、「大学に入ったら、『空手部』に入り、自分を鍛え、自分に自信を持たせ、コミュニケーション能力を改善させよう!」という計画でした。それまで避けていたスポーツ系の部活に入り、汗を流す事で、自分もリア充(今で言う陽キャ)になれるような気がしたのです。そして、大学に入学した自分は希望通り空手部に入り、練習を始めました。最初の頃の自分は希望に燃えていた記憶です。「空手を頑張り、体力をつけ、空手を上達させ、自分に自信を持てるようになるぞ!」、と。しかし、入部して3ヵ月程経った時に行われた「人間サンドバッグ」という練習メニューにより自分は恐怖のどん底に突き落とされ、それ以後空手部の練習が怖くて仕方なくなってしまいます。その恐怖は凄まじく、自分は練習の前夜は眠れなくなり、常に睡眠不足と疲労困憊な状態で学校生活を送る事に。特に合宿前夜の恐怖はさらに凄まじく一睡もせずに合宿に行ってました。合宿に向かう車中の自分の心境は死刑場に連れられていく死刑囚なような気持ちでした。




このような状態で自分は空手部を3年間続け、引退したのですが、これで自分に自信がつく訳がありません。ただひたすら恐怖と孤独に晒され続けた自分のメンタルはさらに壊れ、空手部入部前よりさらに鬱が3倍に悪化してしまいました。離人感を始めとした鬱の諸症状も悪化し、さらに他人の目に対してビクつく羽目に。もはや自分には就職活動を行う気力は1ミリもありませんでした。当時の鬱症状のコピペ貼っておきます。



・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎


↑コピペここまで。



さて、ここからが本題なのですが、この空手部の3年間を自分がどう評価していたのかという話です。このブログを書いた現在の自分はあの空手部の3年間が大失敗の3年間だった事を理解しています。だって空手を入った当初の自分は「空手を頑張り、体力をつけ、空手を上達させ、自分に自信を持てるようになるぞ!」と希望に燃えていましたが、空手部の3年間を終えてみると、結果は真逆になりましたからね。鬱は3倍に酷くなり、鬱の諸症状も悪化。自分に自信を持てるようになるどころか、さらに他人の目が怖くなりました。これは全くもって大失敗です。そして、大失敗だった事を認めた上で、それでもあれは自分にとって愛おしい青春だったと思っています。しかし、空手部引退直後の自分は、この大失敗を全く認められていなかったのです。そう、自分では薄々大失敗であった事は感じていたのですが、それを認めてしまうとあの辛く寂し過ぎる3年間がまるで無意味という事になり、その理不尽さに自分の頭は発狂しそうでした。あの死の恐怖に耐え続けた3年間が自分の中に何もポジティブなものを産んでいないなんて、そんな悲し過ぎる事実を自分は認める事ができなかったのです。ではどう考えていたのかと言いますと、「曲がりなりにも自分は空手部で3年間身体を動かし続けたのだから、それなりに体力はついたのではないか。そしてそれなりに自信もついたのではないか」と考えていました。そう、せめてそれくらいのポジティブな変化くらい考えてあげないと、死の恐怖に晒され続けた自分の魂がまるで報われなかったのです。





しかし、実際には空手部の3年間で自分に全く体力はついていませんでした。むしろ体力がつくどころか、日々の慢性的な疲労感や眠気は悪化し、冷え性離人感も悪化していましたからね。しかし、自分はその鬱症状の数々には目をつぶり、「自分は空手部を3年間続けたのだから、体力と自信はついているはず」と、自分が作り上げた願望の世界に逃げ込んでいたのです。そして、「体力と自信はついているはず」という願望を心の支えにして、2つ目の大学に移り、手品サークル、タップダンス、和楽器サークル、古本屋バイトなどで自分の居場所を探しました。しかし、そんな鬱状態に人間関係が作れるはずもなく、ことごとく失敗。古本屋バイトを辞めた後の自分は現実世界で行くあてはなくなり、家族内にも居場所は無くなり、自分の部屋に引きこもる事になりました。これが2004年の9月。そして、ここから自分のサルベージ生活が始まった訳ですが、ここで先程の「自分は空手部を3年間続けたのだから、体力と自信はついているはず」という願望が単なる願望に過ぎず、何の根拠も無い張りぼての体力と自信だった事が暴かれることになりました。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村