鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

大学空手部引退後も鬱の廃人状態(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 逆効果な日々によってどのように身体が壊れていったのか(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が人生の中で「目指す目的とは真逆の効果」ばかりを発生させていた、という話でした。また、その結果心と身体がどのように壊れていったのか、という話もさせて貰いました。いや〜、久しぶりに書くのがしんどい記事が続いています。自分が人生の中で「目指す目的とは真逆の効果」を大発生させていた事は知っていましたが、まさか小学生時代から発生し続けていたとは。驚きでした。う〜ん、無惨。自分が学生時代に良かれと思ってしていた行動が、全て完全な逆効果になっていた、という事なんですねぇ。全て裏目っていた、と。まぁでもその中で一番酷いのは、やはり大学空手部の3年間の自主練です。あの時の自分は人間サンドバッグの恐怖を乗り越えようと、必死に必死に自主練を重ねていたのです。しかし、自主練の翌日に滅茶苦茶体調を崩すばかりで全く体力が付いた実感を得られません。それどころか、逆に自分の心の中には「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」が増大していき、恐怖感も逆に増大して行ったのです。う〜ん、酷い。やる事なす事全てが裏目っていってる感じ。そして、とても厄介な事に当時の自分はその「裏目っぷり」に全く気付いていないのです。そう、自主練によってより心身は弱っていき、空手部の恐怖が増大している事に全く気付いていない。自分の心の中には相変わらず「トレーニング=体力を付ける=良いもの」という固定観念が染み付いており、これにより自分はその逆効果のトレーニングを空手部の3年間続けてしまいました。そして、空手部引退後も懲りずに続けてしまったのです。これにより、日々の生活の中から空手部の恐怖は無くなったにも関わらず、さらに鬱は悪化していった印象です。では、ここで前回の記事でまとめました「大学空手部引退後の9個の鬱の諸症状」を貼りたいと思います。



「大学空手部引退後の9個の鬱の諸症状」



①空手部を引退後、『翌日の空手部の稽古が恐ろしくて眠れない』という状況は無くなった。しかし、空手部の3年間で受けた精神的ダメージは少なくとも「中指の拷問」2回分。これにより脳の一部が破壊された感がある。よって、空手部引退後も破壊された脳は元に戻らず、睡眠の不安定さはそのまま残った。(中指の拷問の詳細はこちら。記事の前半は読み飛ばして下さい。「そんな日々が3日程続いた後、、」という段落から始まります。)

②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)
③酷いめまいと離人感(〜離人感と冷え性〜)
④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をドライバーで思い切り刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑥自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
⑦何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい事
⑧慢性的な口内炎
⑨ 空手部を引退後も自分は以下の2つの理由でトレーニングを続けてしまった。


❶大学空手部を引退した事で自分の心の中にかなりの開放感が発生。その開放感の理由は以下の3つ。


⑴死の恐怖に怯え続け、永遠に続くと思われた空手部の3年間がようやく終わった。


⑵空手部の稽古に殺されずに、生きて空手部を引退する事が出来た。


⑶この3年間、自分の脳内の中心部分には空手部の恐怖が常に居座り続けていた。その空手部の恐怖がようやく無くなった。


上記の開放感により、「空手部の恐怖」が無い状態での「自主練」をやってみたくなってしまった。



❷空手部を引退した事で自分の心の中に以下のような思いが発生した。


「自分は大学空手部の過酷過ぎる3年間を耐えたのだから、体力がかなり付いたに違いない!!」

この体力を生かすべく自主練を続けていった。(しかし、実際には空手部の3年間で体力は全く付いていなかったし、それどころか鬱は3倍に悪化していた。)


そして、空手部の頃と同様にトレーニングをしても一向に体力が増える実感が得られない。トレーニング翌日に体調が滅茶苦茶に崩れるだけ。翌日目が覚めると自分の身体はとても重くてダルく、身体は冷え切っていて、鼻水はダラダラ。食欲は当然全く無く、背中の疲労感は疲労感というより激痛。故にトレーニングすればする程、自分の中にはさらに「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」が増えていき、これが更なる自殺願望へと繋がっていった。そして当時の自分はトレーニングをすればする程心身が衰弱していく悪魔のからくりに全く気付いていない。このトレーニング行為は「無意識的な全力の自傷行為」とも言える。




そう、現在の自分(2021年9月)はこれまでの記事の中で「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」 というコピペをしょっちゅう貼ってきました。この「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」 と、先程貼った「大学空手部引退後の9個の鬱の諸症状」、この2つの鬱の酷さはイコール関係にあります。つまり、


「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」 =「大学空手部引退後の9個の鬱の諸症状」=「鬱の廃人」状態


なんですね。何故なら、自分は大学空手部を引退したものの、それで鬱が回復する事が一切無かったからです。その理由は以前の記事で説明させて貰いましたが、もう一度書かせて貰います。自分がこの大学空手部の3年間で受けた精神的ダメージ量は最低でも「中指の拷問」2回分です。(中指の拷問の詳細はこちら。記事の前半は読み飛ばして下さい。「そんな日々が3日程続いた後、、」という段落から始まります。)自分はこの致命的な精神的ダメージ量によって、脳の一部が壊れてしまったと考えています。ですから、鬱の元凶だった空手部が生活の中から消えた後も、壊れた脳は回復せず、鬱の諸症状の酷さも全く回復しなかった、と。そして、悲しい事に当時の自分は空手部引退後もトレーニングを続けてしまいましたから、それによってさらに「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」が増大していき、さらに鬱が悪化していったのです。




もちろん、それ以外の理由でも鬱は悪化していきました。自分は空手部を3年間全うした事で、「自分は空手部のあの辛過ぎる3年間に耐えたのだから、体力がかなり付いているはず!!」という思いを持っていたのです。しかし、この体力は希望的観測を根拠にした錯覚の体力でした。だって実際の自分は、上記の通りの「鬱の廃人」状態ですからね。体力など全く付いていませんし、逆に鬱が3倍に悪化していたのです。しかし、当時の自分はその事に全く気付いていません。気付いていないどころか、「体力がかなり付いているはず!!」と思いたがっていたのです。そこで自分はその体力を生かすべく、様々なバイトや習い事をしていきました。そして、他の大学に入り直しまして、大学生活をやり直し、サークル活動やバイトに励みました。しかし、やはりどこに行っても人間関係を作れないのです。自分は同世代の人達と何を喋って良いのか全く分かりません。もちろん健康状態も酷いですから、慢性的な疲労感が辛くて堪らず、会話を楽しめるような状態にもありません。こうして、自分はどこに行っても人間関係を作れず、次々にその場から脱落していく事になります。そして、さらに孤独感を蓄積させて行ったのです。もちろん、この孤独感もまた自分の鬱をさらに悪化させていく原因となったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村