鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

小6時の怒られ事件(2004年12月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「精神年齢の成長が小3で止まっていた事を認めざるを得ない②(2004年10月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分の精神年齢の成長が小3で止まっていた話の続きでした。そう、それに気付く事は自分的にとても辛い事でしたが、一方ではこれまでの鬱人生の謎が解けていく喜びもありました。加えて、2004年の自分が行っていた「記憶のサルベージ」という作業自体が精神年齢の成長を促す作用があるのではないか、という希望も抱いていたんですね。そんな希望を抱きながら自分は小学校、中学校、高校時代の記憶を言語化していきました。



小学校、中学校、高校時代の記憶を言語化してみて思ったのは「とにかく失言や失敗が多い!」という事でしたね。「なんであの時あんな事を言ったんだろう」とか「空気読めなさ過ぎだろ」とか、そのような後悔の念を抱くようなエピソードが次から次に記憶の海から引き揚げられていきました。少年時代のエピソードの99%がそのようなネガティブエピソードでしたから、ノートを書きながら「またこんな記憶かよ、、」とうんざりしきっていたのを思い出します。そして、そのような失言、失敗を繰り返すたびに当時の自分の心が精神的ダメージを負い、言葉を発する事自体が恐怖となっていった事も明らかになっていきました。そう、ただでさえ自分は口数が少ない少年だったと思うのですが、それがさらに無くなっていった印象です。



まず最初に引き揚げた失言の記憶は小学校6年生の頃のものでした。この記憶もキツかったですね〜。先程も書きました通り、そもそも自分は口数が少なく、とても大人しい少年でした。ですから学校生活においても先生に対してとても従順で、先生から怒られる事など全く無い生徒だったのです。そう、「とても従順」どころか「必要以上に従順」だったと思います。もうなんか当時から自分は人に対してビクビク怯えながら生きていましたからね。特に先生に対してめちゃくちゃ怯えながら生きていた記憶です。何度も書いていますが、小学校3年生以降我が家の家庭環境は戦争状態に突入しましたから、その影響で自分の心は基本何に対しても怯えるようになってしまった印象です。そう、とにかくどこにいても自分は不安で仕方無かった。「自分はここにいて良い人間なのだろうか?」、という漠然とした巨大な不安感が常に心の底にありました。「自分という人間の存在理由が分からない」という感覚。当時の自分が抱えていた莫大な不安感を言語化するとそういう感じです。カッコ良く言うと「レゾンデートル(存在意義)が分からない。」ですね。ですから学校生活における「先生」という存在にも滅茶苦茶ビビリまくっていまして、必要以上に従順でした。そんな感じで小学校6年生の頃の自分は先生に対して超従順でビビりまくっていたのですが、そんな自分が授業中めちゃくちゃ怖い先生に怒鳴られてしまう事件が発生したのです。これはキツかったですね〜。事件の詳細はこちら↓になるのですが、



〜中学受験における失言エピソード前編〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード③


〜中学受験における失言エピソード中編〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード④


〜中学受験におけるやらかしエピソード③〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑤


中学受験におけるやらかしエピソード④〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑥


中学受験におけるやらかしエピソード⑤〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑦



怒られたショックで自分の髪の毛から色が抜けるかと思いましたからね。というか実際に先生に黒板消しで頭を叩かれましたので、その時に出たチョークの粉が頭にかかって髪の毛の色は真っ白になっていました。あ、この時怒られたのは学校の先生ではなく、塾の先生なのですが、怒られた後の帰り道もまぁ辛かった。なんか怒られたショックで自分の頭の中は真っ白になってしまいまして、あ〜いうのを「茫然自失」というんでしょうね。また、帰り道の風景から色が抜け、現実世界が「灰色」にしか見えなくなるという現象も発生していました。そして、これまで書いています通り、自分はこの事件を誰にも喋る事ができませんでした。そもそも自分は幼い頃から両親に対してガチガチに心を閉ざしていましたから、喋ろうという気には微塵もなりませんでした。また親に対して心を閉ざしている以上、それ以外の人間に対して心を開ける訳がありません。もちろん「書く」という自己表現手段もありませんでした。自分はこの事件で初めて学校生活で精神的ダメージを負ったのですが、事件の詳細及びバックグラウンドを一切言語化する事がなかったのです。ですからこの時自分が受けた「精神的ショック」と「精神的ダメージ」は全く減る事が無く、そのまんまの生々しさで記憶の底に沈んでいく事になりました。また、詳細及びバックグラウンドを言語化する事が全く無かったですから、この事件がどのような原因で起きたのか、当時の自分は全くもって分からず仕舞いです。よってこの種の失敗が幾度なく繰り返される事になるのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村