鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

1年ぶりの遠出②(2005年8月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「1年ぶりの遠出(2005年8月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、引きこもっていた自分が1年ぶりに遠出する気になったという話でした。行ってみたくなった場所は「1つ目の大学」です。懐かしいですねぇ。しかし、当時の睡眠時間は超不規則でしたし、体調も極度に衰弱しきっていました。故に、起きている時間と大学が開いている時間が合わなかったり、疲れ切っていて外出する気力が出なかったりで、なかなか大学に行けるコンディションにならなかったのです。自分はジリジリしながらタイミングを見計らっていたのですが、2〜3週間経ってもコンディションは整いませんでした。自分の当時の体調はず〜っと超虚弱状態でしたから、待っていたって体調が上向く事などあり得無い状態で、基本無理をしなければ外出できない状態だったのです。そこで自分は徹夜明けのある朝、「体調は相変わらず全然良くならないし、徹夜明けでまぶたも重くて仕方ないけど、もうこれ以上待ってはいられない!今日このまま外出しよう!」と決意したのです。自分は1年ぶりの遠出の準備をして、家を飛び出したのでした。




サルベージの期間中、自分が外出するのは2ヶ月に1度くらいでそれは必要最低限の買い出しの為でした。ノートを書いていると筆記用具やら雑貨やら必要なものが出てきましたからね。自分は家族の誰ともコミュニケーションを取っていませんでしたから、必要なものは自分で買ってくるしかなかったのです。ですので、外出自体はそこまで久しぶりではなかったのですが、何せ今回の外出は「遠出」でしたからね。目的の「大学」は電車を使って片道1時間半の場所にありましたから、行って帰って1時間の買い出しとは訳が違います。引きこもりで超虚弱状態の自分にとっては、先の見えない大冒険だったのです。また、電車に乗る事自体が丸1年ぶりでしたから、そこに対する緊張感があった記憶です。しかし、自分は行くと決めた以上不安な気持ちを感じながらも駅に向かいました。身体は疲労感と眠気でフラフラし、足元は覚束なかった記憶です。そして駅に着き、電車に乗りました。早朝の電車は乗客は少なく、静かでしたね。自分は1年ぶりの電車にテンションが上がった記憶です。「おぉ久しぶりの電車だ!」、と。そこから電車に揺られる事1時間半、自分は目的の大学の最寄駅に着きました。




今回自分がこの大学を見に来たきっかけは、サルベージ中に発生したとある妄想に端を発していました。それは「これまで自分がノートに書いてきた過去の出来事って、ホントに実際に起きた出来事だったのだろうか?これらの出来事って実は全て自分の脳内だけで作り上げた『妄想の物語』で、実際には起こって無かったのではないだろうか?」、というものです。さらに「もしかしたら大学に関する記憶も実は全て自分の妄想で、本当はあの場所に大学の校舎なんて無いのでは?」という疑問も浮かんでいました。自分は1年に渡って外出をほとんどせず、人との交流も全て絶って、記憶の言語化のみに集中していましたから、極度に現実感覚が薄れ、そのような妄想が出て来たのだと思います。ただし、自分はこの妄想を完全に信じていた訳ではありません。あくまで「可能性」の問題として、「もしかしたら『20%』くらいの確率でそんな事もあり得るかも」、くらいの温度感でした。客観的に「いやいや、そんな荒唐無稽な話無いだろ。」と思う気持ちもありました。ところが、いざ大学の最寄駅を降り、大学が見える場所が近付いてくると、急にドキドキし始めた記憶があります。「本当にあの場所にあの大学がなかったらどうしよう!!」、と。そして、自分はドキドキしながらその場所に立ち、視線を前に向けました。すると、あの場所にあの大学がちゃんと建っていたのです。自分の記憶通りの場所に記憶通りの校舎が建っていました。自分は「だよね〜ww」と嬉しくなると共にホッとした気持ちになったのを覚えています。そこには、あり得ない妄想を20%とはいえ信じてしまった自分に対する「照れ」もあった記憶です。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村