鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

パチンコで稼ぐ事のワクワク感(2005年9月・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「カウンセリング代と生活費をパチンコで稼ぐ(2005年9月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分がカウンセリング代と生活費をどう作るのか考えたという話でした。考えた結果パチンコで稼ぐと言う結論に辿り着いたんですね。この結論に辿り着くと自分の中でやる気が出てきたのを覚えています。「よっしゃ、またパチンコで稼ぐか!」、と。過去にパチンコで稼いでいる際、自分はお金を稼ぐ充実感や優越感をかなり感じていましたから、それがメラメラと蘇ってきた感じです。そう、パチンコで稼いでいた時の自分は店内で他のお客さんに対して、「優越感」をかなり感じていたんですね。パチンコという遊びはお客さんの大半が負けていく遊びですから、その中でお金を稼ぐというのはとても気持ちの良いものでした。まして自分は社会生活において長年挫折しか味わえてなかっただけに、パチンコ屋で得られる成功体験は格別に嬉しいものがあったのです。加えて自分は2年前のパチンコにおいて、確率論と期待値論を完全にマスターしていましたから、それを実践で活かして稼いでみたい、という気持ちもかなりありました。自分はそれらを半分独学でマスターしましたから、その正しさを実践で検証してみたいという訳です。ですから自分がパチンコを打てば、お金は稼げるわ、優越感は得れるわ、理論の検証は出来るわでワクワクする事しかなかったのです。そう、前回の記事でお金をどう稼ぐのかに関して3つの選択肢がありましたが、実質はパチンコ1択だったとも言えます。




とは言ってもパチンコで稼ぐにあたって体調の不安はありました。当時の自分の状態は以下の通りになります。




①大学空手部時代と比べて鬱の諸症状が2倍酷くなっている

②「音」への病的な過敏さ


③記憶のサルベージ中の様々な出来事により、家族に対する「殺したい」程の憎しみがさらに増大。

そして、大学空手部時代の鬱の諸症状がこちら↓

・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎




上記をまとめると「鬱の廃人」状態よりさらに鬱が悪化している、という感じです。この状態では、パチンコの長時間稼働に鬱でボロボロの身体が耐えられるのか?、という不安が当然ありました。パチンコで稼ぐとなると開店の9時から夜8時まで打ち続ける事になりますからね。また、当時は睡眠時間もぐちゃぐちゃに乱れていましたから、ちゃんと眠れて朝7〜8時に起きる事ができるのか?、という懸念もありました。また自分は1年の間完全に外の世界から断絶した状態で引きこもり生活をしていましたから、単純にパチンコを打つ事すら「怖い」という感覚もありました。しかし、カウンセリング代と生活費を稼ぐ為にはどうしてもお金が必要です。そして、パチンコで稼げば精神的にかなり充実感を得られる事は体験済みでしたから、その充実感を考えると上記の鬱の不調も乗り越えられるような気がしたのでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村