鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

引っ越しの決断に至るまでの時系列まとめ(2006年4月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「「家族に対する激しい殺意」が「自分自身に対する激しい殺意」に変化(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が引っ越しに対して一つの選択肢を選んだ、という話はでした。自分が引っ越しに関して選べる選択肢は以下の3つでした。


❶引っ越しについていく

❷一人暮らしをする

❸自殺する


自分はノートに色々書いて考えに考えた結果、❶と❸を組み合わせる事にしたのです。そう、出た結論は、「引っ越しについていく方向でとりあえず動いてみて、ストレスで自我が保てなくなった時点で自殺しよう」でした。この時点で引っ越しの話を最初に聞かされてから3〜4ヶ月経っていたのですが、自分は「自殺」を担保にして、ようやく❶の決断を下した、という事になります。ここで、改めて決断に至るまでの時系列を「引きこもり明け」からまとめてみたいと思います。



2005年9月・29歳 1年間の引きこもり(記憶のサルベージ)を終え、パチンコ&カウンセリング生活開始。


2005年11月 父親が引っ越しに関する紙を持ってくるが、自分は家族に対して「殺したい」程の憎しみを抱いていたので、ほとんど読まずにビリビリに破いて捨てる。


2005年12月 意を決して母親に引っ越しに対して絶対反対だと伝えるも、引っ越しの流れが止まる気配は無し。自分は憎しみをコントロールしきれなくなり、それをドアや壁に激しくぶつけ始める。


2006年3月 東○荘事件発生。事件により果てしない憎しみと不安感と理不尽感が爆発し、パチンコで稼ぐ気力がなくなる。「自殺願望」が「自殺企図」に変化。


2006年4月頃 引っ越しに対する結論が決まる。結論は、「引っ越しについていく方向でとりあえず動いてみて、ストレスで自我が保てなくなった時点で自殺しよう」。


2006年6月下旬 引っ越し。



いや〜我ながらよくまとまりました。自分の中で東○荘事件と東○荘事件以降の記憶って、途切れ途切れで漆黒のカオス状態なのですが、それをよくまとめたなぁと思います。ここら辺の記憶ってホント半分記憶喪失状態な感じなのですが、それをブログの記事としてよくここまで言語化する事が出来たなと思います。東○荘事件によって自分の鬱状態は控え目に言っても「鬱の狂人」状態になってしまいました。具体的に言いますと、身体は果てしない疲労感と眠気で常に意識朦朧としていましたし、精神は果てしない不安感と憎しみと自殺企図とでぶっ壊れまくりです。そりゃ記憶も途切れ途切れになるってものです。たぶん余りにも辛い記憶ですから、勝手に脳がこの記憶を忘れようとしていると思うんですよ。実際自分の高校時代の記憶も、記憶のサルベージ(言語化)を始めるまでは完全に封印されていましたからね。




そう、現在の自分(2021年5月)がこのブログにおいて行っている「途切れ途切れの記憶を言語化していく」作業と、2005年〜2006年に行っていた「記憶のサルベージ」、この2つはとても手触りが似ている印象です。2005年の自分も途切れ途切れの記憶を言語化し、繋いでいきましたからね。ただですね、この作業で感じる「辛さ」には雲泥の差があるような感じです。そう、2005年〜2006年の自分はこのトラウマを抉り出していく作業がホントに辛くて仕方なかったのです。作業中何度号泣したか分かりません。しかし、現在の自分はそこまでこの作業に辛さを感じていません。なんだったら最近は記事を書き終わった後、けっこう気持ちが明るくなる感覚すらありますからね。そう、書いてる内容は「家族の事が殺しても殺し足りない程憎い」だの「自殺企図」だの物騒ですが、書いてる現在の本人はそんなには精神的ダメージを受けていませんし、むしろ書いた後は気分が良いぐらいです。なんなんですかね。この違いは。特に東○荘事件以降の記事は書き終わると心の一部分がホントに明るく軽くなる感覚があります。自分はこのブログを2年弱書いてきていますが、こんな事は始めてです。これがブログによるカウンセリング効果ってやつなのかもしれません。このブログの記事は、この先さらに鬱々としていくと思いますが、内容が鬱々としていればいる程、それを書き終わった時の自分は晴れ晴れとしているのだと思います。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村