鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

予期不安と予期憎悪で全く寝付く事が出来ない②(2006年8月〜2007年3月・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 予期不安と予期憎悪で全く寝付く事が出来ない(2006年8月〜2007年3月・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




[すみません。また記事をアップロードする順番を間違えてしまいました。前回の記事は「何故少年時代に好きだったモノを集めていたのか(2006年8月〜2007年3月・31歳)」ですが、この記事は前々回の記事「 予期不安と予期憎悪で全く寝付く事が出来ない(2006年8月〜2007年3月・30歳)」の続きになります。読み辛くて申し訳ございません。]




前回の記事は、引っ越し後の自分がベッドに入り眠ろうとすると、様々なストレスの嵐に巻き込まれ、全く寝付く事が出来なかった、という話でした。今回の記事は途中まで前回の記事の振り返りになります。その様々なストレスの嵐の内訳ですが、まずはいつもの「引っ越し及び東○荘事件で受けた致命的なストレス」が挙げられます。以下その一覧になります。



「引っ越し及び東○荘事件で受けた致命的なストレス一覧」



①15年間住み続けた凄まじく愛着のある部屋を奪われる。



② 前年の記憶のサルベージ(言語化)によって自分の学生時代が家庭環境によって滅茶苦茶に破壊されていた事が判明。その上親が言い出した引っ越しの為に自分がさらに時間やエネルギーを割かなければならない。



③引っ越しの情報を得る為に「殺しても殺し足りない」程憎い妹とコンタクトを取らざるを得なくなる。結果自分の中に凄まじいストレスの嵐が発生し、それは自我が崩壊する危険性を感じる程だった。自分は自我が崩壊するギリギリになったら、この世界から離脱できるよう首吊りの準備をしてから妹とのコンタクトに臨んだ。



④前年の記憶のサルベージ(言語化)によって自分の精神年齢の成長が小3で止まっているという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。



⑤「殺しても殺し足りない」くらい憎い家族と、その後も一つ屋根の下で住み続けなければならない。



⑥東○荘事件により、家庭内での孤立無援感がさらにエグい事になり、眠りに就こうとすると「自分が眠っている間に激昂した父親が再び自分の部屋に突入してきて、自分は殺されのでは??」という凄まじい恐怖心に襲われるようになる。自分の睡眠はただでさえ「妹のドア音」によって劣化しまくっていたのだが、この凄まじい恐怖心によりさらに極限まで劣化する事に。結果慢性的な疲労感と眠気は果てしなく大きくなり、意識朦朧とした状態で日常生活を送る事になる。そんな中での心の支えは「自我が壊れそうになったら首吊り」という思いだけだった。



⑦東○荘事件によって自分の人生に対する激烈な無力感と虚無感と理不尽感と絶望感も発生。東○荘事件以前から自分はこれらを抱えて生きていたが、東○荘事件によりこれは倍増。そして、これらの倍増によってそれまで抱えていた「自殺願望」が「自殺企図」へと変化。また、激烈な無力感は慢性的な疲労感の極限化の一因にもなった。



⑧「自分の身体」と「自分の時間」が「殺人的な疲労感」と「殺人的な眠気」に支配されてしまい、全く自分の思い通りに使えない。自分の身体と時間がそれらに乗っ取られているかのよう。その無力感と情け無さ。



⑨東○荘事件により、パチンコで稼いでいた時の希望に溢れたモチベーションが完全消失。これによりさらに大きな喪失感と虚無感が発生。また、月30万の現金収入も失い、両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を感じる。





そう、自分がベッドの中に入り、眠ろうとするとまず上記①〜⑨のストレスの嵐に巻き込まれてしまうのです。そして、発生するストレスはこの①〜⑨だけではありません。自分は「予期不安」と「予期憎悪」にも苦しまなければなりませんでした。2つの具体的な気持ちは以下の通りです。



予期不安= 「この先寝付いた後、何らかの音で起こされたら、どうしよう」


予期憎悪= 「この先寝付いた後、何らかの音で起こされたら、凄まじくムカつくだろう」



どうして、自分は睡眠を妨害される事に対して、凄まじい不安と憎しみを感じていたのでしょう。それは以下の2つの理由からになります。




❶寝付く際のストレスが原因

引っ越し後の自分がベットに入り、まぶたを閉じると上記①〜⑨の致命的なストレスに一気に襲われてしまう。自分はその甚大な精神的苦痛に1時間耐えなければ寝付く事が出来なかった。故にその後の睡眠を妨害された時の憎しみは凄まじいものがあった。それは先程の甚大な精神的苦痛に耐えた1時間が無駄になってしまったから。


❷「超睡眠依存症」状態が原因

引っ越し後の自分にとって睡眠は命より大事なものになっていた。何故なら眠っても眠っても殺人的な疲労感と殺人的な眠気が全く減っていかない為。しかし、それを減らす為の手段は睡眠しかあらず、それ故に睡眠への欲求が底無しで無限で苛烈になっていった。「超睡眠依存症」とでも言って良い状態。その睡眠を妨害された時の怒りは凄まじい。




では❶❷の文章に予期不安と予期憎悪に関する文を付け加えたいと思います。付け加える文は一緒です。


❶寝付く際のストレスが原因の予期不安

引っ越し後の自分がベットに入り、まぶたを閉じると上記①〜⑨の致命的なストレスに一気に襲われてしまう。自分はその甚大な精神的苦痛に1時間耐えなければ寝付く事が出来なかった。故にその後の睡眠を妨害された時の憎しみは凄まじいものがあった。それは先程の甚大な精神的苦痛に耐えた1時間が無駄になってしまったから。だからこそ、ベッドに入り、目をつむると「この先寝付いた後何らかの音で起こされたら、どうしよう」と凄まじい予期不安にも襲われる事にもなった。また、逆に「この先寝付いた後何らかの音で起こされたら、凄まじくムカつくだろうな」という予期憎悪にも襲われていた。



❷「超睡眠依存症」状態が原因の予期不安

引っ越し後の自分にとって睡眠は命より大事なものになっていた。何故なら眠っても眠っても殺人的な疲労感と殺人的な眠気が全く減っていかない為。しかし、それを減らす為の手段は睡眠しかあらず、それ故に睡眠への欲求が底無しで無限で苛烈になっていった。「超睡眠依存症」とでも言って良い状態。その睡眠を妨害された時の怒りは凄まじい。だからこそ、ベッドに入り、目をつむると「この先寝付いた後何らかの音で起こされたら、どうしよう」と凄まじい予期不安にも襲われる事にもなった。また、逆に「この先寝付いた後何らかの音で起こされたら、凄まじくムカつくだろうな」という予期憎悪にも襲われていた。




OKです!そう、ですから自分がベッドに入り眠ろうとしますと、上記①〜⑨+❶❷のストレスの嵐に襲われていた、という事になります。これはまさに「致命的な」ストレスの嵐だったと思います。この致命的なストレスの嵐により、自分の心は蹂躙され尽くされ、甚大な精神的苦痛に耐えねばならなかったのです。そりゃ寝付けるはずがありません。毎回毎回仮眠(睡眠)を取るのが必死でしたからね。毎回毎回「決死の覚悟」でベッドに入らねばならなかったのです。




話は予期不安(予期憎悪)の話に戻ります。自分はベッドに入ると「もしかしたら眠りについた後、周りの音で起こされてしまうかもしれない」という予期不安(予期憎悪)にも襲われ、全く眠る事が出来ませんでした。引っ越し直後に自分が恐れていた音は「向かいの家から聞こえるドラム音」です。では実際に自分がこのドラム音で起こされる事があったのかという話なのですが、実際に起こされた記憶は無いんですよ。そう、このドラム音は耳栓をつければ「微細」な音量まで抑える事が出来ましたから、これで実際に起こされる事は無かった記憶です。しかし、それにも関わらず自分はこのドラム音に対して「自分が殺される」くらいの恐怖を感じていたのです。これがどういう事なのか考えてみますと、あの頃の自分にはもはや実際に起こされたかどうかは関係無くなっていた、という事だと思います。そう、自分は睡眠を妨害される事を本当に心の底の底から恐れていましたから、例え起こされる可能性が0.000001%であってもその音を許す事が出来なかったという事だと思います。完全に「0%」の状態(無音)でない限りは、自分にとっては全ての音が「自分を殺しに来ている音」だったのです。「0か100か」って感じ。う〜ん、病んでますねぇ。そこには合理的な考え方など関係ありません。そう、自分はパチンコで稼ぐ際に確率論(期待値論)という数学的・合理的な考え方を使って稼いでいたのですが、この時にはそんなモノは全く関係無かった、という話になります。




そして、この後この恐怖感はさらに悪化していき、自分の思考はもっと非合理的になっていきます。つまり思考が支離滅裂になっていったという事です。そう、自分が「睡眠を妨害する音」に余りにも怯え過ぎた結果、今度は「有りもしない音」が聞こえるようになり、それに怯えるようになっていくのです。いわゆる「幻聴」ってやつですね。ここら辺の話は追々させて頂こうと思います。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村