鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

過去の自分と現在の自分、両方を褒める(2008年2月・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 母親と1日4〜5時間喋っていったが、鬱は全く改善せず(2008年2月・32歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が母親と喋り始めたものの、母親は自分の過去話に対して全くのノーリアクションだった、という話でした。あれは虚しかった。そんな感じで自分が過去話を全て喋り終えたのが、2008年の3月頃(32歳)だと思います。母親は最初から最後まで自分の過去話に対してノーリアクションでしたねぇ。ですから、自分は母親と4〜5時間喋り終わると、毎回半端ない虚脱感を感じていました。また、半端ない虚無感も感じていましたね。そう、滅茶苦茶虚しい気持ちも感じていました。そりゃそうですよ。自分が母親と喋るという行為は、過去最大に両価的な行為だったのです。そう、自分は母に対して「殺しても殺し足りない」以上の憎悪を抱いていましたから、本来なら母親と喋る事など絶対にあり得ない話です。一方で自分は4年前の記憶のサルベージにおいて、自分の人生に対する自信を劇的に回復させていましたから、自分の人生を誰かに喋りたくない状態でもあったのです。ですから、母親と喋り始めた際の自分の心は、以下の2つの気持ちに大きく引き裂かれていました。



・「殺しても殺し足りない」以上に憎い母親と喋る事など絶対にあり得ない。


・自分の人生を誰かに喋りたい!!



この2つって完全に矛盾している気持ちですよね。ですから自分が母親と喋っている時にはこの完全矛盾している2つの気持ちに大きく心を引き裂かれていたのです。その精神的苦痛は果てしないものでした。しかし、自分はその精神的苦痛になんとか耐えながら、自分の過去を母親に喋り続けたのです。そう、そこには「犬の吠え声で苦しくて堪らない気持ちを母親に理解させる為に、自分のこれまでの31年間の歴史を全て母親に喋ってみる」という動機があったからです。しかし、3〜4ヶ月かけて自分の人生を全て喋り終えてみると、母親から自分の鬱人生に対する「理解」は1㎜も得られなかったように思えました。そう、母親から自分の過去について質問が投げかけられる事は皆無でしたし、母親から「驚き」「慰め」「労り(いたわり)」「心配」「謝罪」などのリアクションも一切得られなかったからです。自分はこれらのリアクションを期待して、全ての記憶を喋っていったのですが、それらは母親から一切得られませんでした。そう、自分は自己矛盾の果てしない精神的苦痛に耐え続けながら母親に過去を喋って行ったのですが、この行為は一切報われなかった、という事になります。これは虚しい訳ですよ。「なんじゃそりゃ」って感じ。自分の中にはさらに虚脱感と虚無感が蓄積し、さらに鬱が悪化した可能性すらあると思います。




いや〜、これまでこの時代の記憶を言語化した事って一切無かったのですが、言語化してみますと、新事実がどんどん出て来てすごく興味深い感じです。そう、ここら辺の記憶は今から14年程前の記憶ですが、14年ぶりに思い出してこうやって記事に書いてみると、ホントに面白いです。現在の自分(2021年7月)は、あの頃の記憶を14年ぶりに思い出して、記事に書き、整理整頓をしました。その上で、この「母親と喋り始めた」という当時の行為の「評価」を生まれて初めてしてみました。そう、この行為が自分の人生の流れの中でどういう意味を持ち、その後の自分にどのような影響を与えたのか、という評価です。その評価は先程書きましたように今の所ネガティブな評価が多数です。しかしですね、現在の自分(2021年7月)としましてはこうやってあの行為に「評価」を下せた事自体にはかなりの喜びを感じています。そう、あのカオス過ぎる3〜4ヶ月間を整理整頓し、自分の人生の流れの中に位置付けられた事がとても喜ばしいのです。素晴らしい。




これで自分はこの「母親と喋り始めた頃」の記憶を色んな人に喋る事が出来ると思います。そう、このブログって自分にとっては「お喋りの台本」を書き上げている、という側面もあるんですよ。当時のカオス過ぎる記憶を記事に書いて整理整頓していく事で、お喋りのネタを増やしていっているのです。実際、現在の自分(2021年7月)は、このブログに書いた内容を両親を始めとして色んな人に聞いて貰っています。これでまた一つお喋りのネタが増え、こんなに嬉しい事はありません。そして、現在の自分(2021年7月)は「母親と喋り始めた頃の自分(2008年3月)」と「このブログを書いている現在の自分」、両方を褒めたいです。「言語化をよく頑張った!」、と。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村