鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部の飲み会も嫌過ぎる(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大学空手部の3年間が終了(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が大学空手部の3年間の稽古をようやく終える事が出来た、という話でした。あれは感無量でしたねぇ。これからはもう空手部の「殺される」程の恐怖に怯えなくても良いのです。ようやく「死の恐怖」から解放されるのです。自分は春合宿の最後の稽古を終え、かなりの開放感と安堵感を感じました。ホントにこの3年間は長い3年間でした。なかなか進まない時間に何度絶望した事か。「永遠に終わらない3年間」と思える程、この3年間は長かったのです。以前の記事に書きましたが、「独りで匍匐前進で日本列島を縦断」するくらいの果てしなさと途方の無さがありましたね。しかも、毎夜毎夜「殺される」程の恐怖感に襲われ、夜眠れていない状態での匍匐前進です。こんな日々が3年間も続けば、そりゃ最低でも「中指の拷問」2回分の精神的ダメージは受けるってものです。(中指の拷問の詳細はこちら。記事の前半は読み飛ばして下さい。「そんな日々が3日程続いた後、、」という段落から始まります。)もちろん、鬱だって3倍に悪化する訳です。いつものコピペになります。



「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」


①大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)
②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)
③激しいめまい・離人感(〜離人感と冷え性〜)
④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をドライバーで思い切り刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
⑥限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
⑦自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
⑧何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい
⑨慢性的な口内炎
10空手部の稽古中の喘息
11空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。これは「無意識の自傷行為」とも言える。
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)



おまけ①:空手部の稽古中の様子

『空手部の稽古中の自分は、喘息は苦しいわ、めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、眠気は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、滅茶苦茶でした。自分の意識はこれらの症状に攻撃され続け、その肉体的苦痛で頭が狂いそうでした。その苦痛量は心の許容量をオーバーしていましたから、稽古中にも「離人感」を発症していたのです』
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


おまけ②:大学空手部を辞めれなかった理由についてはこちら



コピペ終わり



「鬱の廃人」状態ですね。我ながらあの地獄の日々をよく3年間も耐えたなとは思います。しかし、それによる代償もまた甚大だった、という事になります。



さて、話を春合宿に戻したいと思います。自分は春合宿の5日目の最後の稽古を終え、開放感に浸りました。これで空手部を正式に引退出来るのです。「良かった〜〜〜〜〜〜。」って感じでしたね。そして、空手部の面々は練習場所の体育館から民宿に帰ってきたはずです。「はずです」というのは、正直ここら辺からの記憶が自分の中にほとんど残っていないのです。そう、スケジュール的にはこの日はこの後民宿で夕食を食べ、その後空手部のみんなと合宿お疲れ様的な飲み会をしたと思うのですが、そこら辺の記憶が全く残っていない。そこでこの最後の稽古後の自分の頭の中を想像してみたいと思います。たぶんこんな感じです。


①5泊6日の合宿の凄まじい疲労


②空手部の3年間を「殺されず」に終えれた喜び

③「この3年間は一体何だったんだ、、」という激しい虚脱感


④一刻も早く家に帰りたい。



そう、こんな感じでしたね。特に④の気持ちも強かったです。自分はこの3年間ずっと空手部の「殺される」程の恐怖に日々脅かされていましたから、この空手部の事が嫌いで嫌いで仕方なかったのです。(空手部を辞めれなかった理由についてはこちら)稽古時間に空手部のメンバーと一緒にいるのは仕方ない事でしたが、それ以外の時間(飲み会や合宿)も一緒にいるのは苦痛でしかありませんでした。これは空手部1年生、2年生の頃の話になりますが、自分にとって「先輩」という存在は「人間サンドバッグ」という殺人的な練習メニューを強いてくる「殺人鬼」のような存在だったのです。「殺人鬼」と一緒に過ごす時間なんて苦痛以外のなにものでもありません。



そして、自分は大学3年生の4月に空手部の3年生に進級し、副主将のポジションに就いてしまいました。しかし、自分は副主将として、最上級生として、後輩達と何を喋れば良いのか全く分かりません。以前の記事で、自分がカウンセラーの先生にここら辺の辛さを喋った話を書きました。そして、それから1年弱の時間が過ぎていたのですが、この春合宿時の自分も相変わらず空手部の副主将として何も機能していません。そう、相変わらず後輩達と何を喋れば良いのか分からない状態だったのです。自分は空手部の3年間に及ぶ経験やノウハウを何も蓄積させていなかったのです。ですから、自分はこうやって空手部の後輩達と一緒にご飯を食べるような場面がホントに居心地悪くて仕方ありませんでした。主将の「A」のお陰で、自分が後輩達から糾弾されるような事は起こりませんでしたが、以前として後輩達と何を喋って良いのか全く分からず、こういう場になると誰かの話を聞いているようなフリをして過ごしていたのです。ですから、春合宿で最後の稽古を終えた後の自分は「さっさと家に帰りたい」気持ちもかなりあったと思います。だってそういうご飯や飲み会の時間がホント嫌で嫌で仕方なかったのですから。現在の自分(2021年8月)の記憶の中に、春合宿中のご飯や飲み会の記憶が全く残っていない理由は、そういう事だと思います。




ちなみに自分は空手部の3年間において、様々なイベント(飲み会、納会、演舞会、合宿、大会、追い出しコンパ、OB会)に参加してきました。自分はこれらのイベントの最中においても、先程と同様に「さっさと家に帰りたい」と強く強く念じていたのです。また、この気持ちに関しては、もう一つ大きな理由があったと思います。当時の自分は、日頃の睡眠不足のせいで慢性的な疲労感と眠気もまぁエグかったですからね。それによる肉体的・精神的苦痛のせいで常に自分の気分は「泣きそうなくらい悲しかった」のです。空手部のイベントに参加するような気分では全くありませんでした。それもあって自分の頭の中には「さっさと家に帰りたい」しか無かった記憶です。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村