鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

後輩の女の子とコミュニケーションが全く取れず、無視せざるを得ない②(過去編・1991年・15歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「後輩の女の子とコミュニケーションが全く取れず、無視せざるを得ない(過去編・1991年・15歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、中学時代の自分が部活の後輩と全くコミュニケーションが取れなかった、という話でした。自分は吹奏楽部における経験やノウハウを全く蓄積しないまま上級生になってしまっていました。故に後輩達に教える事が何一つ無かったのです。また、自分は自分に関する情報を何一つ把握出来ていませんでしたから、自分自身の事を何一つ自信を持って喋る事が出来ませんでした。また、自分の事が分かっていませんから、他人への興味も皆無です。こんな状態では後輩に何か教える以前に、彼らとの日常会話すら困難な状態でした。




そんな状態で自分は上級生になってしまったのです。自分の下には直属の後輩が2人出来たのですが、自分はそのうちの一人の後輩と全くコミュニケーションが取れない状態に陥っていました。そう、その後輩はKさんというのですが、Kさんは女の子でなおかつ可愛い女の子でした。自分はKさんを前にするとテンパりまくってしまい、頭の中が真っ白になってしまうのです。




そう、当時の自分は同級生の同性のクラスメートとのコミュニケーションすら困難になっていました。そんな自分にとって、可愛い女の子の後輩とのコミュニケーションなど無理ゲーにも程がある話だったのです。自分はKさんに対して自分がテンパっている姿を見せたくはありませんでした。故に自分はKさんを無視せざるを得なかったのです。また、Kさんも大人しい女の子でしたので、彼女から話しかけてくる事もありません。自分とKさんとの間には会話は全く無く、徐々に冷たい空気が漂っていました。





さらに当時の自分がタチ悪かったのは、当時の自分がこの状態の責任をKさんに丸投げしていた事です。そう、自分のコミュニケーション能力の無さを棚に上げて、「喋りかけてこないKさんが悪い」と考えていたのです。う〜ん、厄介。そう、当時の自分は、自分が日々の出来事や経験を全く蓄積出来ていない事に全く気付いていません。そして、自分が自分自身に関する情報を全く把握できていない事にも気付いていない。つまり、Kさんとの間の冷たい空気の原因が、自分自身にある事に全く気付いていないのです。




ですから、自分はKさんとコミュニケーションが取れない理由が訳が分かりません。その結果コミュニケーションが無い責任を彼女に押し付けていたのです。「自分とKさんの間が冷え切っているのは、Kさんの方から話しかけて来ないのが悪い!!」という感じです。これはタチが悪い。本来なら先輩である自分の方から歩み寄るのが筋だったと思いますが、自分はそれを放棄して、Kさんに責任を押し付けていたのです。その結果、自分とKさんは1年以上に渡って冷戦状態に陥り、自分とKさんは冷戦状態のまま最後の卒業コンサートを迎える事になりました。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村