鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

高校のクラス内で透明人間化(過去編・1992年・16歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「暴言事件後の話⑤(過去編・1992年・16歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、「暴言事件」によって自分のメンタルが急激に悪化したものの、最悪の想定が現実化する事は無かった、という話でした。「暴言事件」とは自分が高校1年生の時に起こった舌禍の事です。事件を端的に書きますと、自分が吹奏楽部のA先輩(男)といる時に、ウケ狙いでエグ過ぎる下ネタの暴言を言ってしまい、ドン滑りした、という事件です。事件の概要はこちらになります。



自分は事件後、あの暴言がどのような事態を
発生させるのか、悪い想像が止まりませんでした。そして、その中には最悪の最悪の想像もあり、自分はその想像に怯えまくり、パニック状態に陥りました。その精神的ダメージは甚大でした。その精神的ダメージを詳しく書きますと、以下の4つになります。以前の記事でまとめたものです。


①あの性的暴言によって、A先輩の自分に対する評価がだだ下がりする事が確定的な状況。それまでのA先輩の自分に対する評価は「無口で何考えてるか分からない後輩」だと思われるが、これが「急にエグ過ぎる性的暴言をぶっ込んでくるヤバくて痛い後輩」に急降下する事は確定的。A先輩は部活で副部長を務める部のムードメーカー的な存在だったので、この先輩からの評価が急降下するのは辛過ぎる。しかも自分はこの先輩と毎日のように2人で練習をしていたので、その時間が針のむしろ状態になった。



②あの性的暴言が吹奏楽部の女の子達の間に広まったらと考えると恐ろしくて仕方ない。広まってしまったら、「とても許されない下ネタを言うクソクズ」とのそしりは免れない。


③さらに最悪の最悪なのは、あの性的暴言が、直属のサックスパートの女の子達に伝わる想定。女の子の先輩達3人は常に自分に対して暖かく接してくれていたが、もしあの暴言が伝われば、性犯罪者を見るような目で見られる事は確定的。その想定を考えるとこの世の終わりかと思える程の恐怖に襲われてしまう。また、この暴言はサックスパートの同期の女の子を対象にしていたものだったので、この子に伝わってしまうのも最悪の最悪。この子の心を深く傷付ける事は確定的だし、自分との関係も取り返しのつかない事になる。



④自分の周りには信頼できる大人や友人が皆無だったので、①〜③の苦しみを誰にも喋る事が出来なかった。もちろん「書く」という手段も持ち合わせていない。故に事件の背後にあった、人間関係や事実関係や時系列を全く整理する事が出来ず、いつまで経っても心の中がパニック状態であり続けた。つまり、いつまで経っても事件を「客観視」する事が出来ない。そして、事件を客観視出来ない状態ではこの事件に対する有効な前後策を考えられるはずもなく、ましてこの事件から反省や学びを得る事も全く出来なかった。自分はいつまで経ってもこの事件の最悪の最悪の想定に怯え続けていた為、メンタルは急激に悪化していき、持病の喘息も悪化。事件後鬱を発症し、以下の4つの諸症状に苦しむ事となった。


「高校時代の4つの鬱の諸症状」


①食欲の完全消失

②日曜夜ごとの激しい喘息

③慢性的な背中の疲労感(痛み)と眠気

④学校生活中の激しいめまい



このように事件後の自分は最悪の最悪の事態を想像し、それによって甚大な精神的ダメージを受ける事となりました。そして、持病の喘息が激化し、鬱を発症する事となりました。しかし、現実的には上記の②と③の想定は現実化しなかった印象です。そう、吹奏楽部の女の子達が自分に対する態度を変えたような気配は、少なくとも表面上は感じられなかったからです。しかし、だからといって、自分のパニック状態は少しも収まりませんでした。何故なら女の子達の表面上の態度は変わっていなくとも、実はあの暴言が伝わっているのかもしれません。また、今後あの暴言が伝わる可能性だって残っています。ですから、自分はこの事件から2ヶ月経っても3ヶ月経っても、最悪の最悪の想定に怯え続けたのです。そして、鬱を発症した、と。ではここで、以前の記事でまとめた「暴言事件」後の自分のメンタル状態を貼りたいと思います。



「暴言事件後の高校時代のポジティブな感情」


無し



「暴言事件後の高校時代のネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労感(痛み)

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

❻中学校入学時の「自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


❼ ❶〜❻の精神的ダメージの蓄積により、自分は「自分に対する自信」をどんどん失っていった。それにより「自分という存在」はどんどん不安定化していき、「自分という人間は、いつ他人から迫害されてもおかしくない人間なのだ」という「被害妄想」が発生した。


❽高校入学時の「歓迎会逃亡事件」による精神的ダメージ。


❾高校1年生の秋に「暴言事件」発生。それによる最悪の最悪の想定が凄まじい恐怖を発生させ、頭の中がパニック状態。そして、周りに相談できる相手が皆無の為、いつまで経ってもパニック状態が続いた。メンタルは当然悪化し、喘息も悪化し、「鬱」発症。鬱の諸症状は以下の4つ。


「高校時代の4つの鬱の諸症状」


①食欲の完全消失

②日曜夜ごとの激しい喘息

③慢性的な背中の疲労感(痛み)と眠気

④学校生活中の激しいめまい




(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



そして、「暴言事件」によって自分はさらに「自分に対する自信」を失っていく事となりました。自分が幼い頃から自信を無くしていく経緯は、以下のフローチャートの通りになります。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分に対する自信」を数値化しています。



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8)
(概要はこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



う〜ん、キツい。ですから自分は「自分に対する自信」がマイナス16まで減った時に「鬱」を発症した、という事になります。自分は上記の鬱状態で高校生活を送っていく事となりました。こんな状態で充実した高校生活など送れるはずがありません。さらに「自分に対する自信」も「マイナス16」まで減ってしまいました。「被害妄想」は当然悪化です。その結果もはや自分は高校のクラスにおいて、同性のクラスメートとすら喋れなくなりました。同性の大人しめのクラスメートとすら何を喋って良いのか、全く分からないのです。大人しめのクラスメート=今で言うと「陰キャ」なクラスメート、です。



なんというかこの頃になると自分の中から「自信を持って喋れる言葉」が消失してしまった感じです。何せけっこうな「被害妄想」を発症しています。何を喋っても他人から無差別に馬鹿にされるような気がしてしまうのです。ですから、自分は高校で休み時間になると、机に突っ伏して寝ているフリをするか、本を読むフリをするか、図書館に逃げ込むか、の3択で時間を潰しがありませんでした。完全にクラス内で透明人間になってしまったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村