鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「母親が激しく父親の事を糾弾する」=「母親が自分の事を激しく傷付ける」(過去編・2003年7月・27歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「両親間の戦争状態に介入するも失敗(過去編・2003年7月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が2つ目の大学を休学し始めた頃、両親の喧嘩の仲介に乗り出した、という話でした。そう、この頃の自分は、自分がどんなに頑張っても外の世界に居場所を作れない事に薄々勘付きつつありました。どこに行っても全く周りとコミュニケーションが取れず、挫折経験が積み上がっていたからです。ですから、せめて家の中くらい自分の居場所であって欲しいと思い始めたのです。また、自分は1つ目の大学でカウンセリングを受け始めており、その中でカウンセラーの先生に対して「安心」と「暖かさ」を感じていました。そこで家の中にもそれがあって欲しいと願ったのです。ここからは前々回の記事から引用したいと思います。



しかし、そういう意識で自分の家族を見てみますと、うちの母親が相変わらず父親の事を激しく糾弾し続けており、相変わらず家の中では戦争状態が続いています。戦争状態は10年以上続いているにも関わらず、ここに来てさらに酷くなっている印象すらありました。そこには相変わらず「安心」や「暖かさ」の欠片もありません。そこで、自分は母親に対して憎しみを感じ始めたのです。それは言語化するとこんな感じです。


「うちの父親が現実問題に対してひたすら無力なのは、もはや分かり切っているのだから、もういい加減父親の事を責め続けるのを辞めてくれ!!!俺は家族に対して切実に『安心で暖かい居場所』を求めているのだから!!!」


このように自分はカウンセリングを受け始めた頃から、母親に対して憎しみを感じ始めました。ただ、この頃はまだそこまで酷い憎しみではありませんでした。そこで自分は2つ目の大学を休学し始めた頃、両親の喧嘩の仲裁に乗り出したのです。ここからは前回の記事から引用します。



しかし、自分がどんなに両親の話を聞いても、戦争状態は一向に収まりません。それはつまり、母親が父親を責める勢いが一向に収まらなかった、という事です。そう、うちの母親が父親対して感じている「不信」はあまりにも膨大過ぎたのです。それは10年以上に渡って積もりに積もった「不信」ですからね。それは膨大な「負のエネルギー」となっており、自分がいくら矛を収めるように言っても、全くそれが通用しないのです。



また、当時の自分はまだカウンセリングを受け始めて日が浅く、まだ自分自身の事すらほとんど認識出来ていませんでした。自己表現能力もまだまだよちよち歩きです。そんな乏しいコミュニケーション能力では、母親の中の膨大な「負のエネルギー」には全く歯が立たなかった、とも言えると思います。



自分は段々と両親の仲介にたいして諦めを感じ始め、それは新たな無力感となっていきました。それと同時に自分の中で母親への憎しみがどんどん増大していったのです。



なるほど〜。このようにして大学休学中の自分は、両親の喧嘩の仲裁に挫折し、さらに無力感を抱え込んでいく事となりました。そして、ここから母親に対する憎しみがどんどん増大していったのです。自分が仲裁した後も、母親はそれを無視して、相変わらず父親の事を激しく糾弾し続けており、そこでの憎しみがまずありました。そして、その憎しみはさらに凄まじい勢いで増大していったのです。それは何故かと言いますと、大学復学後の自分がさらに外の世界で挫折経験を増やしていったからです。



そう、自分は休学の1年間が明けると、2つ目の大学に復学し、和楽器サークルに入りました。しかし、そこでも「被害妄想」や「鬱の諸症状」が酷く、全く人間関係を作る事が出来ません。その後再起をかけた古本屋バイトにおいてもそれらが酷く、「支店」からの撤退を余儀なくされていました。そして、残った「本店」の方でも人間関係から脱落しかけていたのです。もはや自分は社会生活から脱落寸前となっていました。このように大学復学後も自分は外の世界で全く人間関係を作れず、さらに「自分に対する自信」を失っていきました。こうなると、家の中に「安心」や「暖かさ」を求める気持ちはますます強くなっていったのです。



しかし、家の中では相変わらず母親が父親の事を激しく糾弾し続けており、「安心」や「暖かさ」の欠片もありません。そして、自分の中には再び仲裁に乗り出す気力はもはや残っていませんでした。自分は大学休学中、散々それにエネルギーと時間を注ぎましたが、母親の糾弾姿勢が全く変わらなかったからです。この頃の自分は両親の仲裁を諦め切っていました。しかし、挫折経験がさらに増えた事で、自分の中に家の中に「安心」や「暖かさ」や「居場所」を求める気持ちはますます切実に増えていました。そう、せめて家の中くらいは安心な居場所であって欲しかったのです。 しかし、もはや両親の仲裁に乗り出す気力はありません。



この行き場のないストレスが母親への憎しみを増大させていきました。つまり、大学復学後、挫折経験がさらに増えていけばいく程、母親に対する憎しみが凄まじい勢いで増大していったのです。そう、自分は「家の中を戦争状態に陥らせ続ける母親」に対して、憎しみを激しく募らせていきたのです。つまり、当時の自分にとっては、「母親が激しく父親の事を糾弾する」=「母親が自分の事を激しく傷付ける」となっていたのです。



そして、自分は数々の挫折の後に、古本屋バイト(本店)すら脱落寸前になっていました。ここがダメならいよいよ引きこもり状態です。ここまで追い込まれると、母親への憎しみは「殺したい」程にまで膨れ上がっていたのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村