鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

妹への憎しみが募っていった経緯(過去編・2003年7月・27歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「母親に感じる憎しみが「殺したい」程にまで悪化②(過去編・2003年7月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が母親に対して「殺したい」程の憎しみを持つに至った経緯を改めて書いてみました。その経緯は以下の通りになります。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。


2つ目の大学の休学中に、15年間続く両親の喧嘩の仲介に乗り出すも、母親が一向に矛を収めず、仲介失敗。かなりの無力感と、母親に対するかなりの憎しみが発生。



2つ目の大学の復学に挑み、和楽器サークルに入るも、人間関係が作れず3ヶ月で挫折。その後古本屋バイトで再起を図るも、「被害妄想」と「鬱の諸症状」が酷く、支店を撤退。そして、本店の人間関係からも脱落寸前。



もはや自分が外の世界に居場所を作れない事は明白であり、ますます家の中に「居場所」や「安心」や「暖かさ」を求める気持ちが増大。しかし、母親は相変わらず父親の事を糾弾し続けており、戦争状態は継続。そして、自分はもはや喧嘩を仲介する気にはなれなかった。自分の中に膨大な無力感が発生し、それは母親に対する膨大な憎しみに変化。母親に対して「殺したい」程の憎しみを持つに至る。



前回の記事にも書きましたが、この経緯において重要なのは、この時の自分が「鬱の廃人」状態にあった、という事です。当時の自分の心身は壊れに壊れまくっており、それ故に家の中に「居場所」「安心」「暖かさ」をホントに切実に求めていました。ですから、母親が自分の仲裁を無視して、家の中の戦争状態を継続させている事に「殺したい」程の憎しみを持つに至ったのです。



さて、このようにして自分は母親に対して「殺したい」程の憎しみを持つに至りました。そして、その溢れ出る憎しみは母親と良好な関係を続ける妹へも向けられて行ったのです。ではここからは自分と妹との関係性を振り返っていきたいと思います。ここで一旦時系列を「2つ目の大学を休学した頃」まで遡ります。



自分は1つ目の大学を4年で中退した後、2つ目の大学に移り、そこで大学生活のやり直しを図りました。しかし、それも1年間で挫折し、翌年から3度目の休学生活に入ったのです。自分と妹との交流はこの時代から始まりました。自分が24歳、妹が21歳です。妹の話によると小学校時代にも多少交流があったのらしいのですが、自分の方がそれを忘れていますので割愛します。さて、自分はこの休学期間中、妹とかなり長い時間を一緒に過ごしていました。当時妹も色々あって引きこもり状態になっており、自分と立場が似ていたからです。



自分と妹は昼前に起きては毎日一緒に「笑っていいとも」を見、その後ゲームを1〜2時間一緒に楽しみました。そして、夜は夜で当時やっていた「ロンドンハーツ」や「ガチンコ」などのバラエティ番組を一緒に見て過ごしたものです。また、たまに一緒に外出して、カラオケなんかもしていましたね。この頃の自分と妹との関係は良好でした。自分も妹も外の世界で挫折していましたから、似たもの同士だったのです。また自分も妹も両親に対してムカついており、その熱量も同じくらいでした。



ところが、自分が大学に復学した頃から、関係にズレが生じてきました。自分は大学復学に挑むも、和楽器サークルでまたも挫折。そして、再起をかけた古本屋バイトでも撤退を余儀なくされ、いよいよ外の世界から脱落寸前になっていました。一方妹の方はと言いますと、その後海外に留学したり、彼氏が出来たりで、まぁ自分とは見事に人生のベクトルが正反対に動いたのです。そして、自分は挫折経験を繰り返す中で母親に対する憎しみがさらに増大し、それは「殺したい」程の熱量にまで煮えたぎっていました。母親とは1年以上全く口を聞かなくなっていましたし、すれ違うだけでも反吐が出るような状態に陥っていました。



ところが、その頃妹の方は母親と良好な関係を保っていまました。それはそうでしょう。妹の方は海外留学したり、彼氏できたりで、人生が上手く行っていましたからね。母親を憎む理由がありません。そう、ここに来て自分と妹との間には人生のベクトルが大きく開いていました。それに伴い母親に対する憎しみに関しても、かなりの温度差が生じたのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村