鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

何故自分の精神は全く成長していなかったのか?(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 自分の精神が全く成長していなかった事に気付き驚愕(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が「自己紹介事件」をノートに書いて行った際の話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。そして、「自己紹介事件」は自分が中学に入学した時に起こった事件です。事件の内容を端的に書きますと、自分は中学で吹奏楽部に入部したのですが、そこでの自己紹介で大滑りしてしまいました。とある男の先輩をいじって笑いを取ろうとした所大失敗したのです。これにより「今後先輩達にいじめられるのでは??」と、かなりの恐怖に襲われたという事件になります。(事件の概要はこちら)



自分はこの事件をノートに書いていく際に強い精神的ダメージを受けました。何故なら16年前に事件で受けた「精神的ショック」や「恥ずかしさ」や「被害妄想」が、当時のまま蘇ってきたからです。そして、さらに衝撃を受けた事があります。それはこの事件が「A先生怒鳴られ事件」からわずか半年後に起こっていた事です。小学校6年生の自分は「A先生怒鳴られ事件」で甚大な精神的ダメージを受ける事となったのですが、その半年後に再び同じような「舌禍」で精神的ダメージを受けていたのです。


そう、自分はノートに2つの事件を書いていく中で「自分の成長しなさ」にも驚いていました。当時の自分が「A先生怒鳴られ事件」から何の反省も学びも得ていなかった事は明白でした。何故自分は「A先生怒鳴られ事件」から反省や学びを全く得られなかったのか。それは当時の自分の周りに信頼出来る人間関係が皆無だったからです。自分の周りには信頼出来る大人は皆無でしたし、友達も皆無でした。


故に自分は「A先生怒鳴られ事件」を誰にも喋る事が出来ませんでした。これによって事件で受けた甚大な精神的ダメージは何一つ消化されないままでしたし、事件に関する事実関係を整理する事も全く出来ていませんでした。いつまで経っても事件を客観的に見れる事が出来なかったのです。ですから、事件が何故起きてしまったのか「原因」を突き止めることなど到底無理でしたし、「原因」が分からなければ、そこから「反省」や「学び」を得る事などもっと出来ません。



自分はノートに2つの事件について書いていく中で上記の事に気付いていきました。この気付きの大元にあった考え方は「もし小学校時代の自分の周りに『カウンセリング』のような安心して素直に喋れる場所があったなら、全く違う人生を送れたのでは??」という考えです。この時点ですでに自分が記憶のサルベージ(言語化)を始めてから1年が過ぎており、その中で大学時代のカウンセリングの思い出はすでに言語化されていました。



ちょっと時系列がややこしくなってきました。次回の記事では、自分が大学時代にカウンセリングを初めて受けた時の記憶を言語化した際の話を書いていこうと思います。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村