鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「トラウマ歩き」の続行を決意②(2008年7月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「トラウマ歩き」の続行を決意(2008年7月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。


前回の記事は、32歳の自分が生まれて初めて「トラウマ歩き」に挑戦してみた、という話でした(2008年5月頃)。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それの消化を試みる行為の事を言います。当時の自分はこの行為によってトラウマが消化出来るか、その効果に全く確証が持てませんでした。



そして、自分は生まれて初めてのトラウマ歩きを終えました。そこで以下の3つの感想を得る事となったのです。前回の記事からの引用になります。



①心の中で「スッキリ感」と「達成感」発生している。しかし、これらの感覚は心の中の1/500くらいで発生した、ほんの僅かなポジティブ感だった。残り499/500の圧倒的な「鬱」の前では、霞んでしまう感覚。


② 「トラウマ歩き」の最中のトラウマへの没入感はかなりのものがあった。それはまるで自分が12年前の大学時代にタイムスリップしたかのような感覚。しかし、そこに懐かしさはゼロ。自分は歩きながら、ひたすら当時の「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「絶望感」と「虚無感」と「無力感」をそのまま再体験していった。その絶望感で足取りは重くなるばかり。そして、歩きながら当時のトラウマを再体験していると、あっという間に2時間が過ぎたのだった。


③ やはり「トラウマ歩き」でトラウマが消化出来たかどうかは、正直分からない。



③にあるように自分は「トラウマ歩き」の「トラウマ消化効果」に関しては全く確証を持てませんでした。しかし、その最中の「没入感の高さ」と、歩いた後の僅かな「スッキリ感」と「達成感」、これらに関してはポジティブな感覚を得ました。特に没入感の高さは特筆すべきものがあり、そこには「トラウマ歩き」を続けるべき意味があるように思えました。



自分は1回目の「トラウマ歩き」を終え、これを続行する事にしました。しかし、それは先の見えない苦行が始まる事も意味していました。そう、自分は「トラウマ歩き」を始めるあたってかなり躊躇したのですが、それは以下の3つの理由があったからです。



❶「歩きながら深夜アニメの感動を思い出す事で、それを消化する」方法は上手くいったが、これが「トラウマ」にも通用する保証は何も無い。


❷トラウマを思い出し続けるとなれば、それは4年前の記憶のサルベージの再来。また先の見えない漆黒の日々が始まるのか、という気持ち。


❸心身が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っている。こんな状態で再びトラウマに立ち向かえのか、という気持ち。 (「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細はこちら)



ですから、「トラウマ歩き」を続けるという事は、❶、❷、❸の致命的な心身の苦痛に耐え続けるという事も意味していました。中でも❸の苦痛は特に致命的でした。心身が「極度の虚脱状態と放心状態」に陥っているにも関わらず、深夜アニメの感想やトラウマを思い出しながら3〜4時間外を歩き続けるのですから。これによって「トラウマ歩き」後の自分の心身が致命的なダメージを負うのは目に見えていました。



しかし、それでも自分は「トラウマ歩き」を続行しなければならないと感じました。例え短期的に致命的なダメージを負ったとしても、最中の「没入感の高さ」と、歩いた後の僅かな「スッキリ感」と「達成感」、これらは長い目で見ればポジティブな効果を生むような予感があったのです。



自分は「トラウマ歩き」の続行を決断したのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村