鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きにおける鉄道沿線の重要性②(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きにおける鉄道沿線の重要性(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が熱中していた「トラウマ歩き」、これの地元ルートの思い出を書いてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。



「トラウマ歩き」を開始してから、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時平均4時間。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。


☆ご注意:ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②今から10年以上前の「トラウマ歩き」をしている自分(2008年4月〜・32歳)←今回の記事のメインです。

③今から25年程前の1つ目の大学に通っている自分(1995年〜1999年・19歳〜22歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



ではまずは、これまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感情とネガティヴな感情を確認したいと思います。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑤」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❼」




ここまでの話をまとめますと、自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で歩いていた、という感じです。



そして、この①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き」1年目の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。



さて、このように自分は2008年4月頃から「トラウマ歩き」を始め、上記①〜⑤と❶〜❼を感じながら、ひたすら歩いていった、という話になります。




ここからは前回の記事を引用します。「トラウマ歩き」には東京都心ルートと地元ルートがあったのですが、地元ルートの話になります。


『前回記事からの引用』



このように自分は「トラウマ歩き」をする際、「電車の沿線沿い」に歩く事を好みました。沿線沿いには、駅毎に繁華街があるのでその中を歩くのが単純に楽しかったですし、繁華街の中にあるパチンコ屋が休憩地点になっていたのです。自分はそこでトイレをしたり、洗面台で水を汲んだり、休憩したりして、その後の「トラウマ歩き」に備えました。懐かしいですねぇ。



また、「電車の沿線沿い」に歩く事のもう一つのメリットとして、歩き終わったら、すぐに電車に乗って帰れる、がありました。これも大きかった。



上記の❺にありますように、この「トラウマ歩き」はいつ終わるのか自分でも全く分からない行為でした。自分の意識では終わり際をコントロール出来ないのです。トラウマ歩きにおいて、「今日は疲れたからここら辺で止めるか」なんて事は1度もありませんでした。それを決めるのは「トラウマ」でした。自分が「トラウマ歩き」の中で思い出している「トラウマ」、これをキリの良いところまで思い出し終えるまでは、延々と歩き続けるしかありませんでした。



例えば自分が大学空手部時代の「殺されるかもしれない恐怖」を思い出して歩いている時、こんな時にはこの恐怖が収まるまで延々と歩き続かなければなりません。この「トラウマ歩き」は1回平均4時間かかるものでしたが、このような時には5時間歩いても6時間歩いても、歩き終わる事が出来ません。もし、恐怖が収まる前に「トラウマ歩き」を終えれば、自分の現在の意識が、「殺されるかもしれない恐怖」に取り込まれるような気がしてしまうのです。これには凄まじい恐怖感がありました。ですから、「殺される恐怖」が収まるまで、延々と歩き続けねばなりませんでした。



また、自分は「トラウマ歩き」の最中、そのトラウマの辛さでよく号泣していたのですが、もちろん号泣の最中に歩き終わる気にはなりませんでした。涙が止まり、気が収まるまで歩き続けるしかなかったのです。



自分はこのような状態で「トラウマ歩き」をしていましたから、「トラウマ歩き」の終わり際を全くコントロール出来ません。ですから、「電車の沿線沿い」を歩くのが最適だったのです。沿線沿いを歩いていれば、いつ「トラウマ歩き」が終わっても、最寄駅まではそんなに遠くはありません。最長で駅と駅の中間地点の距離を歩けば駅に着きます。これは自分にとってかなりの安心感になっていました。



そう、「トラウマ歩き」を終えた直後、毎回自分の心身は疲労困憊状態でした。もう1歩も歩きたくないくらいの気持ちですし、トラウマを思い出し続けたせいで思考能力も消耗し切っています。最短で電車に乗って、地元に帰りたい気持ちでいっぱいです。ですから、沿線沿いに歩くのが最適でした。沿線沿いなら何も考えずに線路沿いを歩けば、駅に着きますから。


『引用終わり』


このように自分は「トラウマ歩き」の中で、電車の沿線沿いを歩く事がとても多かった記憶です。前述の東京都心ルートなんかも、ほぼ山手線、中央線沿いに歩いていましたし、地元ルートにおいてもそれは変わりませんでした。



ではここで自分が「トラウマ歩き」の中で電車の沿線沿いを好んだ理由をまとめてみたいと思います。



⑴駅の周りには繁華街があり、その中を歩くのが単純に面白い。



⑵繁華街にはほぼパチンコ屋があり、パチンコ屋はトラウマ歩きの補給地点になっていた。自分はそこでトイレをしたり、着替えをしたり、洗面台で水を汲んだり、休憩したりで、次の「トラウマ歩き」に備えた。


⑶『トラウマ歩き中のネガティヴな感情❺』にあるようにこのトラウマ歩きという行為は、いつ終わるのか自分でも全く分からない行為だった。自分の意識では終わり際を全くコントロール出来ない。また、トラウマ歩きを終えた直後の自分は、心身が疲労困憊状態だった。もう1歩も歩きたくないくらいの気持ちだし、トラウマを思い出し続けたせいで思考能力も消耗し切っていた。最短で電車に乗って、地元に帰りたい気持ちでいっぱい。こんな時に沿線沿いならば、何も考えずに線路沿いを歩けば、駅に着く。最長でも駅と駅の中間地点分の距離を歩けば駅に着く。それは思考能力を消耗し切っている自分には好都合な状況 だった。



このような理由で自分は電車の沿線沿いを好んで歩いていたのでした。


今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








PVアクセスランキング にほんブログ村