鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

歩きながら女性から貰ったコメントへの返信を考える(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 深夜アニメとGREE(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が熱中していた「トラウマ歩き」、この「トラウマ歩き」の最中の深夜アニメ関連の思い出について書いてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間、平均移動距離は10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



☆ご注意:ここから先の話は2種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)


②今から10年以上前の「トラウマ歩き」をしている自分(2008年4月〜・32歳)←今回の記事のメインです。



なるべくこの2種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。


ではまずは、これまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を引用します。


「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑤」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❼」




ここまでの話をまとめますと、自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で歩いていた、という感じです。



そして、この①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き」1年目の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。



さて、このように自分は2008年4月頃から「トラウマ歩き」を始め、上記①〜⑤と❶〜❼を感じながら、ひたすら歩いていった、という話になります。




ここからは前回の記事を引用したいと思います。当時の自分が、トラウマ歩きの中で深夜アニメ関連の事を考えていた、という話になります。




『前回記事からの引用』



このように自分は「トラウマ歩き」の最中に深夜アニメの感想を常に考えていました。トラウマを思い出す前には思考のアイドリングが必要であり、それには深夜アニメの感想がうってつけだったのです。自分は「トラウマ歩き」を始めると、まずは最近見た深夜アニメの感想や興奮を思い出して歩きました。そして、その感想をガラケーにメモしながら歩き続けました。時にはその感想が白熱してしまい、深夜アニメの感想だけで2時間歩き続ける事もありました。



また、当時の自分は「GREE」というSNSに熱中しており、そこに深夜アニメの感想文をアップするのが日課になっていました。感想文をアップすると、それを見た他のユーザーからコメントが貰える事があり、それが嬉しくて感想文を書き続けていた、という側面もありました。



そのようなコメントは当時の自分にとってかなり嬉しいものでした。何故なら学生時代の自分は何を見ても何をしても全く心が動かず、感想というものが全く思い浮かばない人間だったからです。学生時代の自分が、何かに感動したり、その感動を誰かと共有した記憶は全くありません。



ですから、当時の自分は深夜アニメを見て、それで感動したり、興奮出来る事がまず嬉しかったですし、それを感想文に書ける事もとても嬉しい事でした。さらにそれをGREEにアップすれば、他の人からコメントが貰えましたし、時には女性から貰える事もありました。そして、そのアニメの感想についてやりとりする事も出来ました。これは当時の自分に滅茶苦茶嬉しい出来事でした。何せ高校、大学時代の自分ときたら、異性どころか同性とのコミュニケーションすら全く不可能だったのです。異性とのコミュニケーションなんて夢のまた夢という状態が15年以上続いていました。



ですから、深夜アニメの感想をSNSにアップすると、女性からコメントが貰え、そこでやりとりが出来る事は、当時の自分にとって滅茶苦茶嬉しい事でした。ただし、嬉し過ぎて、睡眠の妨害要素となってしまうのは厄介な事でした。ただでさえ当時の自分は睡眠を取る際、病的(×18倍)な被害妄想に襲われ、寝付くのに致命的に苦労していたのですが、そこに来て「女性からのコメントややりとり」という妨害要素も加わってしまったのです。


そこで当時の自分は深夜アニメの感想を思い出して歩く時には、「女性からのコメントややりとり」も思い出しながら歩いていました。歩きながらそれを思い出す事でそれを消化し、睡眠の妨害要素を減らそうと考えたのです。その目論見は上手くいきました。歩きながらそれを思い出す事で、それらの嬉しさは消化され、それで眠れないという事は減っていきました。



『引用終わり』



このように当時の自分はトラウマ歩きの最中に深夜アニメの感想を考えたり、深夜アニメ絡みで発生した女性とのやりとりを考えながら歩いたりしていました。当時の自分にとってSNS上とはいえ、女性とのやりとりが出来る事は滅茶苦茶嬉しいものでした。あまりに嬉し過ぎるものですから、それによって頭の中が興奮してしまって、寝付きがさらに悪くなってしまった程です。よって、当時の自分は「トラウマ歩き」の最中にそのやりとりを思い出し、その嬉しさを消化する必要性に迫られていた、という話になります。



また、当時の自分は、トラウマ歩きの最中に女性から来たコメントに実際どう返すのか、歩きながら考えるという事もよくありました。そう、基本的には女性からのコメントへの返信は自分の部屋で書いていました。しかし、そうするとテンションが上がり過ぎてしまい、上手く返信が返せない事態が多発していたのです。なんというかテンションが上がり過ぎて独りよがりな返信になってしまい、やりとりがなかなか続かず、そこでかなり落胆するという事態が当時よく起こっていました。



ですから、当時の自分はトラウマ歩きの最中に歩きながら女性への返信を考えるようになりました。歩きながら返信を考えると、嬉し過ぎるテンションが沈静化し、冷静な状態で返信を返せるような手応えがありました。まぁ実際家で考えるのと、歩きながら考えるのではどれくらい文面が落ち着いていたのかは、比較出来ないので分かりません。ただ、少なくとも当時の自分がそう感じていた事は確かです。



このように自分は「トラウマ歩き」の思考のアイドリングとして、深夜アニメの感想を歩きながら考えるのが常でしたが、時には深夜アニメの感想文を書いたり、時にはその感想文に来た女性からのコメントへの返信を書いたりもしていた、という話になります。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村