鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

尿管結石にのたうち回った1日⑦

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「〜ようやく収まっていく痛みと差し込み〜尿管結石にのたうち回った1日⑥」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、尿管結石の痛みがようやく収まっていったって話でしたね。夜の11時頃だったと思います。病室には自分と両親の3人。そう、母親も着替えとかを届けに病室に来ていたんですね。母親は病室の外から、自分が尿管結石の痛みにのたうち回り、父親に面倒を見て貰っている様子を見ていた記憶です。それでね〜、ここから久しぶりに3人で喋ったんですよ。自分と父親とは3ヶ月前までは交流がありましたが、自分と母親とはコミュニケーションが2年以上全く断絶していました。ですから3人で喋るのは1年ぶりくらいだったと思います。ただ、自分はここで両親と喋るのはホントに嫌でした。父親にはあのような鬼のような暴言を投げつけられた直後ですし、4年に渡って積み重なっていた母親に対する憎しみも凄まじかったですからね。しかし、自分は2時間以上に渡る尿管結石の凄まじい差し込みを受け続けたから、それにより自我が崩壊し、凄まじい不安感や恐怖感がまだまだ残っている状況でした。ですので2人と喋る事でそれらを紛らわしたいという気持ちの方が強かった記憶です。




そんな感じで3人で喋り始めたのですが、喋り始めてみると母親が自分に対してすごく不機嫌な態度で接してきまして、それがショックだった記憶です。母親は自分が尿管結石の差し込みでのたうち回る姿を病室の外から見ていたのですが、そんな自分に対して優しく接してくるような素振りが全く無かったのです。自分としてはあれほど痛みでのたうち回った後ですから、母親の方から「尿管結石大変だったね。」とか「心配したよ」とかそういうこちらを労るような言葉が出る事を期待していました。しかし、母親からそのような言葉は全くなく、いきなり喧嘩腰な感じの口ぶりで対応してきましたからそれはキツいモノがありました。ただ、自分も久しぶりに喋る母親に対して、しょっぱなからかなり攻撃的な口調で喋っていましたからね。それを受けて母親の機嫌も悪くなっていったという感じだったのかもしれません。喋れば喋る程自分と母親の雰囲気はどんどん険悪になっていきました。



それで3人でどんな話をしましたかね〜。やはり自分が母親の事を責める場面が多かったように思います。「離婚するする言ってたのになんで離婚しなかったんだ?」とか「いつまで親父の事を責め続ける訳?」とか、そういう今まで散々母親に言ってきた事をここでも繰り返し言っていた記憶です。ず〜っと雰囲気は険悪でした。そして1時間くらい喋った所で、2人は帰っていきました。




これでようやく尿管結石にのたうち回った1日は終わりです。正体不明の痛みから始まり、父親の暴言やら、自我がぶっ壊れる程の尿管結石の差し込みやら、まぁホント怒涛の1日でした。何一つとしてポジティブ要素は無く、逆にこの1日で自分が受けた肉体的・精神的ダメージは甚大でした。ただでさえこの尿管結石以前から自分の心身は鬱でズタボロだった訳で、そこに来てこの尿管結石による肉体的ダメージと父親の暴言による精神的ダメージが加わりましたからね。そうそう、そもそも今回の尿管結石は、自分が妹のドアの音で起こされた事をきっかけして発症しましたから、そこで妹に対する憎しみもさらに激しくなった記憶です。「あいつのせいで俺はこんな滅茶苦茶な痛みを味わう事になった」、と。ですからこの尿管結石によって、自分が家族に感じる感情は総じてさらに悪化したという事になります。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m




おまけ:本文と全く関係がないのですが、この前街を歩いていると、FILAのパーカーをカッコ良く着こなすお姉さんを見かけました。自分も真似して着たくなり、ネットで探して、即購入w





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村