鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

自分が長い間鬱であった可能性が出てきてホッとした(2004年9月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「高校時代以後食欲が一切無くなっていた事が異常だったと気付く(2004年9月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分が自分自身の鬱に気付いたという話でしたね。自分は高校1年生以降一切食欲がなくなってしまったのですが、その原因は「鬱」にあるような気がしたのです。実際その後記憶の海から高校時代の記憶をサルベージしてみますと、自分の想像以上に酷い鬱エピソードの数々が引き揚げられました。これにより自分は高校時代以降の食欲消失は「鬱」によるものだったと確信しました。




自分が高校1年生以降「鬱」であった可能性が出てくると、自分の人生の謎が少し解けたような気がしたのを覚えています。自分は「鬱」という「ある種特殊な精神状態」にあったという事ですから、高校時代以降どこに行っても人間関係が作れなかった事もそこに原因があるのかもしれません。振り返ってみますと、自分は社会生活において誰ともまともにコミュニケーションを取る事が出来ず、このような引きこもり状態になってしまった訳ですが、サルベージを始める前の自分は「それは全て自分の能力が極度に劣っているせいだ」と思っていました。自分自身が本質的に極度に劣っている人間だから、周りとコミュニケーションが取れないと思っていたのです。故にコミュニケーションに失敗すればする程自分の自尊心は傷ついていき、より周りとのコミュニケーションが困難になっていきました。しかし、サルベージ冒頭において自分自身が「鬱」という「ある種特殊な精神状況」下で生きてきた可能性が判明しまして、自分は少しホッとしたのです。「もしかしたら、自分が28年間周りと全くコミュニケーションが取れなかった理由は、『自分自身が本質的に極度に劣っていたから』ではなく、『鬱という特殊な精神状況下にあったから』なのかもしれない」、と。なんというか自分に「鬱」という病名がつく可能性がでてきた事でホッとした部分がありました。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村