鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

他人に全く興味が湧かない状態(2004年10月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「失敗の経験を言語化する意味(2004年10月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分が思い付いた仮説「失敗の経験は喋ったり、書いたりして『言語化』しないと『血肉の通った経験』にならないのでは?」についての話でした。そう、自分のそれまでの28年間の人生は、学校生活において失言や失敗をした時に一切それらの経験を誰かに喋ったり、書いたりして言語化する事が全く無い人生でしたからね。その結果、失敗の経験が後の自分の人生に生かされる事がなく、同じような失言、失敗を繰り返されていってしまいました。そして、その精神的ダメージで鬱が酷くなっていってしまった、と。自分がどのような失言、失敗を繰り返したのかは、このブログ前半に詳細を記してありますので、興味のある方はお読み頂ければと思います。




さて、話を元に戻したいと思います。とりあえずは自分が小学校3年生付近の記憶を言語化する中で以下の3つの事に気付いたという話でした。


「家庭内で学校生活についての会話をした記憶が無い」

「自分の中に学校生活に関する記憶がほとんど無い」

「自分の周りから大人の目線が全く無くなってしまった」



そして、これら3つには何らかの因果関係があるのではないかと考えたんですね。1つ目と3つ目の事象に関しては割合簡単に因果関係を結べましたので、次に自分は1つ目と2つ目の事象の因果関係を考え始めました。そう、ここで「当時家庭内で学校生活についての会話をする機会がなかったから、当時の記憶がほとんど無いのでは?」という仮説が思い浮かんだんですね。色々考えて行きますと、この仮説も自分のそれまでの人生を考えると正しいように思えました。これにより自分の中で上の3つの事象には因果関係があるという結論に落ち着きました。フローチャートにするとこんな感じです。



小学校3年生時に父親が開業した事で、両親が仕事に忙殺され、さらに夫婦関係が急激に悪化。

唯一子供の自分に向いていた大人の視線『母親の視線』が消失

周りの大人が子供の自分に『問い』や『自分に対する興味』を投げかけてくれる機会が消失


子供の自分が学校生活における様々な経験を喋る(言語化する)機会が全て失われる。


学校生活に関する記憶がほとんど残らない。




という感じです。いや〜、我ながらよく因果関係がまとまったと思います。素晴らしい。そして、ここからが核心部分なのですが、最後の「学校生活に関する記憶がほとんど残らない」とどうなるかと言いますと、「精神年齢の成長が止まる」という事です。そう、年齢が上がっていっても人生経験が全く蓄積していかないんですね。自分の場合、小学校3年生以降学校生活で様々な経験をしても、それが全く蓄積していきませんでした。故に小学校3年生で精神年齢の成長がストップ。「経験」と言っても様々なものがありますが、特に自分が思い当たるのが「対人関係」の経験です。以前の記事に書きましたが、小3の自分にはファミコン友達は一応いましたが、自分はその友達の性格や人となりを知るという事が全くありませんでした。そう、「他人を知る」という経験が全く蓄積して行かなかったのです。そして、他人とどう仲良くなっていくか、という「社交」の経験も全く蓄積していかなかった。まとめると「コミュニケーション能力」が全く育っていかなかった、とも言えそうです。では、何故自分は友達の性格や人となりを知る事が無かったのでしょう?これは「当時の自分が他人に全く興味が無かったから」です。これがとても大きかったと思います。当時の自分は他人に全く興味が湧かなかったですからね。また、以前の記事で書かせて貰いましたが、当時の自分はファミコンの「 RPG」をしたり、本を読んでも、全く「感想」が思い浮かばず、「感動」する事が全くありませんでした。これは「共感性が欠如した状態」だと思います。ざっくり言いますと、当時の自分の中には「人の心」というものが無かった印象です。他人に全く興味が無いし、共感もしないし、何に対しても冷め切っている。では何故当時の自分は他人に全く興味が無かったのでしょう?自分はこう推測しました。「当時の自分が自分自身の事すら全く把握できていない人間だったからではないだろうか?」、と。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others PVアクセスランキング にほんブログ村