鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

中学受験の結果(2004年12月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「失敗の経験を血肉の通った人生経験にするには(2004年12月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は失敗の経験を言語化する事で得られる効果についての話でした。そう、あの小6の時の怒られ事件をあのような流れで言語化していれば、その後あの事件が鬱の種になるような事はなかったと思います。また、そこから事件の詳細と背景を分析出来ていれば、あのような事件は2度と起こっていなかった事でしょう。しかし、当時の自分はあの事件を誰にも一切喋る事はなく、書く事もありませんでした。これにより事件の精神的ショックとダメージは一切減る事のないまま、真空パック状態で記憶の海の底に沈んでいく事になったのです。そして、それらは「鬱の種」として蓄積していき、自分の心身にダメージを与え続けていきました。加えて、自分はこの事件から反省や教訓を得る事が出来ませんでしたから、この種の事件が続いていったのです。



この怒られ事件の後の話をしたいと思います。自分は事件から3ヶ月経った頃、塾を辞めました。小学校6年生の夏頃の話です。もはや塾をサボり続けるのにも疲れてしまったんですね。また、ゲーセンで遊び続けるのにも飽きてしまいました。塾を辞めるには親にその理由を説明せねばなりませんでしたが、自分は「家で受験勉強するから」と説明しました。本当は家で受験勉強を続ける気などさらさら無かったのですが、そういう風に説明しないと親が納得しないだろうと思ったのです。そう、あの事件以降自分は完全に中学受験への意欲を失っていました。あの事件の精神的ショックは凄まじいものがありましたから、自分が机に向かおうとすると凄まじい脱力感が襲ってくるようになっていたのです。ですので塾を辞めた後は一応自分の部屋で勉強をするフリをしてはいましたが、実際にはマンガを読んで時間を潰していた記憶です。




このように部屋で受験勉強をしているフリが半年ほど続いた後、いよいよ私立受験のシーズンを迎えました。その頃の自分の学力ですが、半年間全く勉強しなかったですから、ガタ落ちだったと思います。通常中学受験をする際には、何度も塾の「模試」を受けて、そこで算出された「偏差値」を元に志望校を決めるのですが、自分は塾を辞めて以降、この模試も全く受けていませんでした。ですから受験直前にも関わらず、全く自分の学力が分からない状態だったのです。しかし、肌感覚で「学力ガタ落ちだな」と分かっていました。何故なら、一番勉強しなければならない受験直前の追い込み時期にも自分は全く勉強していませんでしたからね。そう、自分が行っていた塾はかなり熾烈な成績競争が行われていましたから、半年間全く勉強をしないと彼らとどれくらいの学力差ができてしまうのかは肌感覚で分かりました。あの事件直前の自分の数学の実力は200人中10位くらいでしたが、半年間全く勉強しなかった事で、200人中100位以下には落ちていたと思います。いや、150位以下かもしれません。また、社会や理科といった暗記科目も半年間全く触れないうちにほとんど忘れていたように思います。そんな訳で学力的にはボロボロな状態なのは分かってはいましたが、親に「塾を辞めて家で受験勉強する!」と言ってしまった手前、中学受験はせざるを得ない状況でした。そこで自分は偏差値55〜63くらいの私立中学を3つ受験したのですが、受験当日はもうホント無気力状態でした。「絶対受かる訳ね〜〜〜」と心の中で呟きながら、受験会場に向かっていたのです。当然結果は3つとも不合格。このように全くもって不本意な形で自分の2年に渡る中学受験は終わる事になりました。あの怒られ事件により全てが壊れてしまいましたね。そして、自分の心の中に深い精神的ショックと精神的ダメージが刻み込まれてしまいました。この事件以前から自分は無気力気味な子供だったと思いますが、この事件以降さらに無気力になっていったのです。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others



PVアクセスランキング にほんブログ村