鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

首吊りor母親と喋る(2007年10月・32歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 首を吊る前に本当にやり残した事はないのか自問自答②(2007年10月・32歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が犬の吠え声によって幻聴が聞こえるまでに精神が病んでいき、いよいよ「首吊り」を検討し始めたという話でした。自分はノートを書く中で自問自答を繰り返します。「いよいよ自分の正気が完全に失われつつあるが、この最終安全装置を作動させてホントに良いのだろうか?」、と。「最終安全装置を利用する前に、やり残した事は残ってないのだろうか??」、と。それは自分の「生存本能」と「極限の苦痛からの離脱を求める本能」との激しいせめぎ合いでした。




自分は上記の自問自答をノートに何度も書いて繰り返します。すると首吊り以外の選択肢が現れたのです。それは「母親にこの極限の苦しさをぶつけてみる」という選択肢でした。これはどういう事かと言いますと、「母親に対してこの犬の吠え声で苦しくて堪らない気持ちを喋ってみる。」という事です。しかし、自分はこの犬の吠え声に対する苦しみ「だけ」を喋っても、自分の現在の苦しみの1/30も伝わらないと思っていました。何故なら、この苦しみの原因は、自分の32年間に渡る鬱的感情の蓄積にあるからです。そう、自分が32年間に渡って蓄積し続けてきた、孤独感、恐怖感、無情感、絶望感、理不尽感、脱力感、無力感、虚無感、そして、疲労感や眠気やめまいや離人感などの肉体的苦痛の数々。これら全ての蓄積が、犬の吠え声に対する超超病的な怯えと憎悪を生み出していたのです。という事は、自分がこの犬の吠え声に対する果てしない苦痛を余す所なく表現する為には、自分のこれまでの32年間の歴史を全て母親に喋らなければならない、という事になるのです。




しかし、本当にこれをしようとするなら、自分の心の中にさらに果てしない精神的苦痛が発生するのは確実です。何故なら、自分にとって母親は「殺しても殺し足りない」以上の憎い人間だからです。(何故自分がこのような憎しみを抱くに至ったのかは、こちらの記事をお読み下さい。「何故両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を抱くに至ったのか(2006年8月頃・30歳)」ですから、自分が母親とコミュニケーションを取るなんて絶対にあり得ない状況でしたし、なんだったら家の中で母親とすれ違うだけでも自分の中にはコントロール不能な暴力衝動が駆け巡り、気が狂うような状態だったのです。ところが、この選択肢はそんな母親とコンタクトを取るだけでなく、自分の現在の苦しみを分からせる為に、自分のこれまでの歴史を全て話そうと言うのです。この行為により自分の中に想像不能な程のストレスが生まれる事は確実です。大体母親に自分のこれまでの人生を喋ったからと言って、母親がそれを理解できる保証は何も無いのです。自分はこの選択肢を思い付きはしたものの、そうそう簡単に選ぶ事は出来ませんでした。繰り返しになりますが、「殺しても殺し足りない」以上の憎悪を抱いている人間にコンタクトを取るだけでも、発狂ものなのに、さらにその人間にこれまでの自分の人生全てを喋ろうと言うのですからね。こんなのはどう考えても正気の沙汰ではありません。しかも、その人生は孤独と挫折しかない恥まみれの人生です。それを「殺しても殺し足りない」以上に憎い人間に喋るなんて、こんなのはもう三重の拷問としか言いようがありません。




しかし、一方でこの行為はある意味筋が通っている面もありました。何故なら自分はこの両親が作った家庭環境によって2度以上殺されたも同然だったからです。ですから、その半分の責任を負っている母親にこれまでの人生における恨みつらみを全てぶつけるというのはある意味筋が通っている、という面もありました。ただし、そうは言っても相手は「殺しても殺し足りない」以上に憎い人間です。その人間とコンタクトを取り、自分の恥まみれの人生を全て喋るなんて、これはさらにもう1回精神的に殺されるようなものです。これはどえらい選択肢を思い付いてしまいました。まとめますとこういう2択になります。



・首を吊って、肉体的・精神的に死ぬか。


・母親に全てを喋ってさらにもう1回精神的に殺されるか。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村