鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「生存本能」or「極限の苦痛からの離脱を求める本能」(2007年10月・32歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「何故母親と喋るという選択肢が出現したのか(2007年10月・32歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が犬の吠え声に苦しみまくる中で浮上したとある選択肢についての話でした。その選択肢とは、「犬の吠え声で苦しくて堪らない気持ちを母親に理解させる為に、自分のこれまでの31年間の歴史を全て母親に喋ってみる」です。あれはどエライ選択肢でしたねぇ。「犬の吠え声」出現後の自分は、過去イチ首吊りの実現性が高まっている状況でしたから、その追い詰められまくった状況がこのあり得ない選択肢を生み出した感もあります。また、前回の記事に書きました通り、自分は母親から14ヶ月間に渡って毎月の生活費を渡されていましたから、そこで母親に対する信頼度が僅かずつですが、積み重なっていた、という所もあると思います。とは言っても自分にとって母親は「殺しても殺し足りない」以上に憎い人間です。自分はその母親から月に1度生活費を渡されていたのですが、その一瞬のコンタクトだけでも発狂していました。そんな母親とがっつりコミュニケーションを取り、さらに自分の恥まみれの人生を喋るのですから、これは3重の意味での拷問です。もしこの選択肢を選べば、想像不能な量の精神的苦痛が自分を襲うでしょう。自分はすでにこの家族によって2度殺されたも同然でしたが、さらにもう1度殺されるようなものです。しかし、一方でこの選択肢には筋が通っている部分もありました。過去記事の引用になります。




『しかし、一方ではこの選択肢は筋が通っている部分もあったのです。何故なら自分はこの両親が作った家庭環境によって2度以上殺されたも同然でしたからね。ですから、その半分の責任を負っている母親にこれまでの人生における恨みつらみを全てぶつけるというのはある意味理にかなっている、という面もありました。』



引用終わり



なるほど。まとめますと、犬の吠え声出現後の自分の中には以下の2つの選択肢がありました。



①首を吊って、肉体的・精神的に死ぬ。


②母親に全てを喋ってさらにもう1回精神的に殺されるか。



そして②の選択肢には2つの伏線があったという事になります。



❶それまでの14ヶ月間生活費を受け取り続けた事で、母親への信頼感が僅かずつだが積み重なっている。


❷自分の人生は両親が作った家庭環境のせいで2度殺されたも同然。その半分の責任を負っている母親に対して直接これまでの人生の恨みつらみをぶつけられる。



そう、この2つの伏線は見逃せない要素だった記憶です。特に❷に関しては、「どうせ首吊って自殺するなら、言うだけ言ってやろう」的な気持ちもあったような気もします。ただし、何度も書いていますが、自分にとって母親は本来コミュニケーションを取る事など絶対にあり得ない人間です。母親とコミュニケーションを取ると言う事は、それだけで想像不能な程の精神的苦痛を発生させるだろう事も容易に想像出来たのです。自分はそれまでの32年の人生において、果てしない量の肉体的・精神的苦痛を受けてきましたが、母親と喋るとなるとさらに想像不能な程の精神的苦痛を受けなければならないのです。しかも「自分のこれまでの32年間の歴史を全て喋る」という事は喋り終わるまでにかなりの時間がかかる事も予想出来ます。自分はこの2年ほど前に「自分の過去の記憶を全てノートに書いていく」という作業をしていたのですが、この作業が終わるのに1年半かかりましたからね。今回はどれくらいの時間をかければ、自分の人生を全て喋り切れるのか、全く検討も付かない状況でした。




これはホントに難しいギリギリの選択でした。「極限の苦痛からの離脱を求める本能」と「生存本能」との激し過ぎるせめぎ合いです。自分はノートに自分の気持ちや状況を詳細に書き連ね、自問自答を繰り返し続けました。そう、幻聴は聞こえ始めていたものの、ノートに自分の気持ちや状況を書くくらいの正気は残っていたのです。「首吊り」か「母親に喋る」のか。自分は犬の吠え声が出現してから2週間ほど悩みに悩み抜いた記憶です。そして、最終的に辿り着いた結論は「母親に喋る」だったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村