鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

大学空手部の3年間を総括し始める(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大学空手部引退後のなんじゃこれ状態(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、大学空手部引退後の自分がどれくらい自分の現実状態を認識出来ていたのか、という話でした。そう、当時の自分は自己認識能力皆無の人間でしたが、以下の3つだけはうすらぼんやりと認識していました。



①自分が大学内で完全孤立している事


②何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい事

離人



そして、当時の自分は、空手部を引退したにも関わらず、②の状態がそのまま続いている事が不思議でならなかったのです。当時の気持ちはこんな感じです。


「えっ?なんで空手部を引退したにも関わらず、相変わらず身体は辛くて仕方ないし、相変わらず泣きそうなくらい悲しいの??なんじゃこれ???」


そうなんですよ。現在の自分(2021年8月)は、当時の自分のこの気持ちをよく覚えています。何故なら、当時の自分がこの気持ちをノートに書いていった記憶があるのです。今回の記事は、この「空手部引退後の自分がノートに自分の気持ちを書いていった話」を書いてみたいと思います。そう、あれは空手部を引退して2〜3週間経った頃でしょうか?自分は机の前に座り、ノートを開き、ノートに自分の今の気持ちを書き始めたのです。この時自分は生まれて初めて「書く」事による自己表現をしようとしていました。このように自分が自発的に自分の気持ちを書きたくなったのは、生まれて初めての出来事だったと記憶しています。何故に自分はノートに自分の気持ちを書きたくなったのでしょう。それは、空手部の春合宿を終えた直後の自分の気持ちにあります。一旦話を春合宿を終えた直後に戻します。春合宿の最終日、自分は車で大学に戻り、そこで空手部のメンバーと解散し、一人で帰宅しようとしていました。この時の自分の心の中にはかなりの開放感と安堵感が発生していました。その理由は以下の3つになります。過去記事からの引用になります。



①死の恐怖に怯え続け、永遠に続くと思われた空手部の3年間がようやく終わった。


②空手部の稽古に殺されずに、生きて空手部を引退する事が出来た。


③この3年間、自分の脳内の中心部分には空手部の恐怖が常に居座り続けていた。その空手部の恐怖がようやく無くなった。



しかし、一方で自分の心の中には巨大な虚脱感も発生していました。それは自分がこの3年間の空手部生活で何一つポジティブな手応えを得ていない印象もあったからです。その莫大な虚脱感は深い深いため息となって外に現れ、同時に以下の問いを自分に投げかけてきたのです。



「この空手部3年間ってホント一体なんだったんだ、、」


そう、この問いは当時の自分の心の奥に深く深く刻まれました。当時の自分はこの空手部の3年間を「総括」する必要性を強く感じていたのです。しかし、この時の自分は春合宿が終わった直後です。自分の心身は滅茶苦茶な疲労困憊状態にありました。そのような深い思考が出来るようなエネルギーは皆無だったのです。そこでこの時の自分は、この問いを深く考える事はせず、まずは空手部からの開放感を味わう事にしたのでした。そして、家に帰った後、布団の中でその開放感と安堵感を満喫したのです。




そんな感じで自分は家に帰ってから3〜4日は布団の中でその開放感と安堵感を堪能し、その後もまぁボーッと過ごしていた記憶です。相変わらず布団の中でそれを味わっていましたし、日常生活の中でも開放感と安堵感に浸っていました。そして、そんな日々が2〜3週間続いた頃、あの問いが再浮上してきたのです。そう、


「空手部の3年間ってホント一体なんだったんだ???」


と。自分は2〜3週間ボーッとし続けた事でようやくこの問いに立ち向かう為のエネルギーが回復していました。自分はこの問いに答えを出すべく、生まれて初めてノートに自分の気持ちを書き始めました。そう、自分がこのように自分の気持ちをノートに書くのは生まれて初めてだったと思います。そして、それはとても拙い文章だった記憶です。あれは文章というより「ポエム」でしたね。そこで、以下の4つを書いていった記憶です。


①3年間に渡る空手部の恐怖


②3年間に渡る空手部の恐怖、それからの解放の喜び


③3年間の空手部生活で何もポジティブな手応えを得られていない


④空手部を引退したにも関わらず、相変わらず身体は辛くて仕方ないし、相変わらず泣きそうなくらい悲しい。そして、とにかく虚しくて仕方がない。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村