鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

一人でゲーセン、一人で万引き(過去編・1988年・12歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 挫折経験を誰にも喋れない事で生じる孤独感(過去編・1988年・12歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も引き続き、「A先生怒られ事件」について考えてみました。この事件が起きたのは、小学校6年生の夏です。この事件を改めて書いてみますと、自分は小学校5年生の4月から中学受験の塾に通い始め、そこから一生懸命勉強しました。1年半かけて成績はどんどん上がっていき、自分はとあるテストで200人中3〜4位という超絶に良い点数を取れたのです。自分は天にも登る程嬉しくなり、授業が始まってからもはしゃぎ続けてしまいました。その態度は担当のA先生を怒らせてしまい「やる気のない奴は出て行け!!」と自分は怒鳴られる事に。自分のメンタルは天国から地獄に真っ逆さまに落ちていきました。



自分はその後A先生の授業が恐ろしくて仕方なく、授業をサボり始めました。自分はあの事件を親を含めた誰にも喋る事が出来ませんでしたから、事件の精神的ショックやA先生への恐怖は全く消化されないままです。自分は幼い頃より両親に対して日々の出来事や自分の気持ちを全く自己表現してきていませんでした。そして、そんな自分を両親も放置し続けてきました。もちろん心を許せる友達も皆無でしたし、近くに親類縁者も皆無でした。よって自分の中には「事件を誰にも喋れない」という面での「孤独感」も発生する事となりました。これにより自分の心の中には「虚無感」も発生し、事件以降は親の金を盗んでゲーセンに行ったり、万引きしたり、無断外泊したり、問題行動が頻発です。そして、一応自分は中学受験をしましたが、事件以降全く勉強していませんでしたから、
3校全て落ちた、という顛末になります。事件の詳細は こちらの記事になります。




先程も書きましたが、この事件により、自分の心の中には「精神的ショック」と「孤独感」が発生しました。そして、それらが重なった事で、かなりの虚無感が発生した印象です。数式にするとこんな感じ。


「A先生怒られ事件」による精神的ショック+この事件を一人で抱える孤独感=かなりの虚無感


そして、事件後の自分はこの「かなりの虚無感」によって、何もかもがどうでも良くなってしまったのです。何もかもが虚しく、何もかもが物悲しかった。その結果、以下の問題行動が頻発した、と。



・親の金を盗んでゲーセン


・本屋で万引き


・親に何も伝えず無断外泊


しかも悲しかったのが、上記の2つの問題行動をしていた時も自分は一人だったのです。友達と一緒にゲーセンで遊んだり、万引きをしたり、という話では無いのです。問題行動をしている時もず〜っと一人。ですから、より虚しかったり、物悲しかったのかもしれません。まぁ無断外泊に関しては、ゲーム好きのクラスメートの家に泊まらせて貰ったので、一人では無かったのですが、別にこのゲーム友達とも仲良かった感じではなかったですからね。



もし、当時の自分に体力やコミュニケーション能力があったのなら、不良仲間を作ってそっちの世界に行ってた可能性もあると思います。なんかそっちの方がまだ健全だったような気がしますねぇ。一人で抱え込むよりも、仲間がいる方が全然健全な感じ。まぁでも自分はスポーツが全く出来ませんでしたし、アホみたいに気弱だったんで、喧嘩なんて到底無理な話ですけどね。ですから、例えコミュニケーション能力があったとしても、不良としてはダメダメだったかもしれません。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村