鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

小学校6年生の頃の自分の姿をはっきりと思い出す(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「小学校3年生で承認欲求が飢餓状態に陥る(過去編・2005年3月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が「A先生怒鳴られ事件」をノートに書いて行った際の話を書いていきました。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。「A先生怒鳴られ事件」をノートに書いている頃は、引きこもってから半年は経っていたと思います。2005年3月頃の話になります。



そして、「A先生怒鳴られ事件」は自分が小学校6年生の時に起こった事件です。自分はこの事件に関して小学校3年生〜小学校6年生の間の記憶をノートに書いていき、以下の6つの事象を言語化していきました。


①小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化

②同時期の喘息の急激な悪化

③同時期のスイミングスクールでの離人

④同時期の半不登校児化

⑤小学校5年生の時に中学受験の塾に通い始めた

⑥小学校6年生の夏に起こった「A先生怒鳴られ事件」



この①〜⑥の事象は全てがネガティヴな記憶ですから、ノートに書いて言語化する際かなりの精神的苦痛がありました。特に⑥の事件はキツかったですね。当時の精神的ショックが「真空パック状態」で記憶の海の底から引き揚げられましたから、当時のショックをそのまま再体験する事となったのです。



次に自分は、①〜⑥の事象を「感情の因果関係」で繋いでいき、一つのエピソードとして組み上げていきました。この作業はかなり面白かった記憶です。まず組み上げていくエピソード自体が自分自身の超重要エピソードですから、これ以上なく興味深かかったですし、あ〜でもない、こ〜でもないと色々な角度から推理しつつ、筋が通ったエピソードを組み上げていく工程も、パズルのようでとても知的興奮に溢れたものでした。



このように自分は「A先生怒鳴られ事件」を様々な角度から検討していき、自分なりに筋の通った一つのエピソードとして組み上げていきました。出来上がったエピソードの出来栄えは、大満足なものでした。(出来上がったエピソードは前回の記事に書いたものです。)まさに自分オリジナルの良いエピソードが組み上がったのです。これは嬉しかった記憶です。



自分が記憶のサルベージを始めるまでは、小学校時代の自分の記憶は全く見えなくなっていました。過去を振り返ると、視界0mの超濃霧に遮られて小学校時代の自分の姿が全く見えなくなっていたのです。しかし、当時の記憶をノートにコツコツとノートに書いていき、一つのエピソードを組み上げてみると、小学校時代の自分の姿がはっきり見えてきました。その時には小学校時代の記憶にかかっていた視界0mの超濃霧は晴れていたようなイメージです。



もちろん言語化した結果、自分の子供時代にはひたすらネガティヴな記憶しかなかった事が判明し、その事にはかなりの悲しさもありました。また、「A先生怒鳴られ事件」の精神的ショックを再体験する事もホントにキツかった。しかし、精神的ショックに耐え、ネガティヴな事象を言語化していき、さらにそれらの感情の因果関係を繋いでいくと、一つの素晴らしいエピソードが出来上がって行きました。これは世界に一つだけの自分のオリジナルエピソードです。自分は小学校時代の自分の姿をはっきり見る事が出来るようになり、ホントに嬉しかった記憶です。ネガティヴな記憶の再体験に耐えた甲斐は充分にあったと思います。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村