鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

何故同じような舌禍を懲りもせず引き起こし続けたのか(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 自分の精神年齢の成長が小学校3年生で止まっていた事に気付く(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が過去の記憶をノートに書いていく中で、自分の精神年齢が小学校3年生で止まっていた事に気付いた、という話でした。当時の自分は28歳です。全ての社会生活と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。そして、小学校、中学校、高校の記憶をノートに書いていく中で、自分の精神が全く成長していなかった事に気付いたのでした。そう、自分の精神年齢は小学校3年生で止まってしまっていたのです。


それはどういう事かと言いますと、自分は学校生活において様々な大失敗をし続けたのですが、そこから反省や学びを得る事が全く出来ていなかったのです。自分は学校生活において様々な事件を起こしていたのですが、それらを「人生の糧」にする事が全く出来ていなかったのです。ですから、次から次に懲りもせず同じような「舌禍」を引き起こしてしまい、そのたびに自分の心身は大きく傷付いていきました。以下、自分が学校生活に引き起こした数々の事件を列挙してみます。


・小学校6年生 「A先生怒鳴られ事件」
・中学1年生「自己紹介事件」
・高校入学時「歓迎会逃亡事件」
・高校1年生秋「暴言事件」
・高校2年生4月「寄せ書き事件」
・高校2年生4月「自己紹介事件」


(それぞれの事件の概要は、こちら)


そして、これら5つの事件は以下の3つの点が共通していたのです。


①自分の「空気の読めない言動」によって引き起こされていた。

②事件後、事件について安心して相談出来る暖かな居場所が皆無だった。

③「家庭内における承認欲求の飢餓状態」が大きな原因


自分はノートに学生時代の記憶を書いているうちに①、②、③に気付き、ホントにビックリしたのを覚えています。そう、当時の自分は、原因が全く同じ「舌禍」を何度も何度も馬鹿みたいに繰り返していたのです。自分はノートを書きながら心の底から呆れました。そして、こう思ったのです。「あぁ当時の俺ってホントに全く成長していなかったんだなぁ、、」と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村