鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

1つ目の大学が現実に存在する事を確認(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 1年ぶりの外出先に1つ目の大学を選んだ理由(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が1年ぶりに本格的な外出をする気になった、という話でした。当時の自分は28歳の9月頃にバイトを辞め、引きこもり状態に陥りました。そこから、外出をほとんどせず、家族関係を始めとする全ての人間関係から孤立し、部屋に引きこもり続けたのです。自分が部屋で何をしていたかと言うと、自分の過去の記憶をひたすらノートに書いていました。



翌年の7月頃ようやくそれに終わりの気配が漂い始めました。もはやノートに書いていない記憶を探すのが難しくなってきていたのです。また、1年5ヶ月に渡る言語化作業の結果、大満足で大納得な結論を導く事も出来ていました。



そこで、自分は10年前に通っていた大学に赴き、当時の自分の魂を慰めたいと思いました。当時の自分は大学の部活の練習に死の恐怖を感じており、それに3年間耐えた結果鬱を3倍に悪化させていたからです。また、自分は1年間引きこもり続けた結果、過去の記憶が「本当にあった記憶」なのか「妄想」なのか、確証を持てなくなっていました。ですので実際に1つ目の大学に赴き、1つ目の大学が本当に実在している事を確認しようと思ったのです。



自分は以上2つの理由で1年ぶりに本格的に外出し、大学に赴く事にしたのでした。とは言いましても、当時の自分は体調が滅茶苦茶不安定です。そして、睡眠時間も昼夜逆転しまくっていましたから、なかなか大学に行くタイミングが来ませんでした。タイミングを待ち続けて1ヶ月後、自分はとうとう痺れを切らしました。本来なら体調が万全な時に外出したかったのですが、徹夜明けで一睡もしていない状態で、大学に向かったのです。



家から大学まではおよそ2時間の道のりでした。自分は1年ぶりに最寄駅に向かい、1年ぶりに電車に乗りました。久しぶりに乗る電車は新鮮でしたし、緊張もしていました。そこから電車に揺られ、1時間程で1つ目の大学の最寄駅に着きました。自分はドキドキしながら、大学に向かいました。そう、「本当に1つ目の大学が存在するのか」検証しなければなりません。自分の心の中はこんな感じです。「もし、自分がノートに書いてきた事が全て妄想で、1つ目の大学など存在しなかったらどうしようw」



そして、自分は大学の最寄駅に着き、駅の階段を登り、ドキドキしながら視線を上げました。するとそこには1つ目の大学がありました。10年前と変わらない姿でそこに建っていました。自分は心の中で「やっぱあるよね〜www」と少しの安堵感と面白さを感じた記憶です。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村